賃貸不動産経営管理士合格応援ブログ

賃貸不動産経営管理士試験、宅地建物取引士資格試験、FP3級・2級合格を目指す受験生を応援します。

賃貸不動産経営管理士・宅建士・FP3級・FP2級に合格しよう!

【このブログのご案内】
賃貸不動産経営管理士合格応援ブログ管理人です。

賃貸不動産経営管理士合格応援ブログは、賃貸不動産経営管理士試験合格を旗印に、賃貸不動産経営管理士試験対策テキスト・問題集、試験にまつわる情報などをお届けしています。

このページは当ブログにて掲載している記事について紹介しています。賃貸不動産経営管理士試験のみならず、宅地建物取引士資格試験およびFP3級・2級試験合格を目指す方はぜひ目をお通しください。

賃貸不動産経営管理士試験について

◆賃貸不動産経営管理士は2021年4月に国家資格となりました。
>>>賃貸不動産経営管理士の国家資格化と移行講習についてCheck!

注:これから賃貸不動産経営管理士試験を受験する方は移行講習を受ける必要はありません。試験合格後、実務経験がない方は実務講習を受けて登録すれば業務管理者の要件を満たします。国家資格について何も心配せず、受験勉強に集中してください!

◆国家資格化の影響か、賃貸不動産経営管理士試験の合格率は急落しています。

平成30年までの合格率は概ね50%以上だったのに対し、令和元年度に36.8%、令和2年度に29.8%と著しく絞られています。この傾向は今後も続くかもしれません。

◆賃貸不動産経営管理士試験は、かつては宅建受験後1ヶ月の勉強で受かると言われていました(管理人もそう考えていました)。

しかしながら、賃貸不動産経営管理士試験は受験生の7割が落ちる試験です。

試験は年々難化する一方、賃貸不動産経営管理士試験に受かっておく必要がある方はますます増えていきます。賃貸住宅管理業法が施行されたからです。

2021年度賃貸不動産経営管理士試験で合格を勝ち取りたい方は合格実績の高い教材を使って早め早めに勉強を始めることを強くおすすめします。

◆管理人が実際に購入して教材を確認したものでおすすめできる通信講座はアガルートアカデミーの賃貸不動産経営管理士講座です(自腹で6万ほど支払いました・・・)

アガルートアカデミーは、賃貸不動産経営管理士対策通信講座で唯一合格率をHPに記載しています。令和2年度試験の合格率はなんと92.3%でした。
>>>アガルートアカデミー・工藤美香講師による2021年合格目標賃貸不動産経営管理士試験総合カリキュラム、期間限定受験生応援30%OFFキャンペーン中!

ちなみに、賃貸不動産経営管理士試験対策の主流のひとつが昨年度まで公式テキストだった『賃貸不動産管理の知識と実務』を使って勉強することです。

とはいえ、『賃貸不動産管理の知識と実務』は1,000ページを超える分厚いテキスト。1日1時間、20ページずつ読み進めても、テキストを一周するだけで50時間もかかってしまいます。

しかも最新の令和3年度版は索引すらないという超不親切仕様なのでとても勉強しにくいです。

それに対し、アガルートのテキストは約450ページと『賃貸不動産管理の知識と実務』の約半分。しかもテキスト全編に動画講義が付随します。

動画講義は112本、合計17時間45分56秒です(2020年版)。各項目の要点を解説しながら20時間足らずでテキストを一周できます。

『賃貸不動産管理の知識と実務』はもちろん、他の市販テキストより格段に効率良く勉強できます。

アガルートアカデミー・2021年合格目標賃貸不動産経営管理士試験総合カリキュラム

には、

  • 総合講義(テキスト+動画講義)
  • 過去問解析講座(過去問集+動画講義)
  • 直前ヤマ当て模試(50問×2回分の全100問に動画解説付き)
  • Facebookグループ内での質問制度(質問回数無制限かつ工藤講師が直接返信)

が含まれます。価格は30%オフで税込61,446円ですが、総合講義だけの購入もできます(税込30,646円)

管理人は、宅建試験を1度落ちています。なるべくお金をかけずに合格しようと、市販テキストと500円アプリだけで挑んだ結果です。2年目は絶対に合格しようとDVD教材を購入しました。10万円ほどかかりましたが合格できました。そのときに学んだのが、プロの教材はよく練られていて無駄な勉強をしなくて済むこと、そしてお金よりも時間のほうが大切だということです。

賃貸不動産経営管理士試験についても考えは同じです。2021年度賃貸不動産経営管理士試験合格の可能性を高めたいのであれば、対価を惜しまないのが得策です。

特に、賃貸不動産経営管理士試験をどう勉強したらいいか悩んでいる方や、資格試験の受験がそもそも初めての方はアガルートアカデミー・2021年合格目標賃貸不動産経営管理士試験総合カリキュラムもしくは総合講義単科の利用を検討しても良いと思います。

アガルートアカデミー・2021年合格目標賃貸不動産経営管理士試験総合カリキュラムの購入レビューはこちらです。気になる方はぜひ読んでみてください。
>>>【購入レビュー】賃貸不動産経営管理士通信講座アガルート総合カリキュラム2021年版 


◆令和3年度賃貸不動産経営管理士試験は2021年11月21日実施予定です。

  1. 令和3年度(2021)賃貸不動産経営管理士試験日・申し込み日程・試験概要について Check!
  2. 賃貸不動産経営管理士試験の合格率と難易度について Check!
  3. 賃貸不動産経営管理士講習:5問免除で受けられるメリットについて
  4. 【賃貸不動産経営管理士試験】個数問題・組み合わせ問題の攻略法

賃貸不動産経営管理士講習について

賃貸不動産経営管理士講習を受講すると5問免除を受けられます。講習は誰でも受講できます。

令和3年度講習受付は一部の会場ですでに始まっています。
→賃貸不動産経営管理士協議会HP、申込もここからできます:賃貸不動産経営管理士講習(試験の一部免除)-賃貸不動産経営管理士(賃貸不動産における専門家の資格)

賃貸不動産経営管理士講習は、県によっては1回しか講習が行われません。講習受講をお考えの方は早めに申し込むことをおすすめします。

賃貸不動産経営管理士試験の申込

賃貸不動産経営管理士試験は平成30年度試験は全国11都市36会場で、令和元年度試験は全国17都市63会場で、令和2年度試験は24都市67会場で実施されました。

令和3年度試験は茨城が加わり、全国25都市で試験が実施される予定です。今年、どの会場で試験が実施されるのかについてはわかりませんが、令和2年度試験会場については次の記事に記載しておきました。参考になさってください。

  1.  賃貸不動産経営管理士試験令和2年度(2020)各都市の試験会場情報と試験日・申し込み日程 Check!


賃貸不動産経営管理士試験の申込は例年通りなら8月中旬に始まります。令和2年度試験の申込受付は2020年8月17日から始まりました。

昨年度からはインターネットによる申込もできるようになりました。

賃貸不動産経営管理士試験の受験票は例年通りなら2021年11月上旬に発送されます。

賃貸不動産経営管理士試験は年に1回、11月第3日曜日に実施されます。今年は11月21日に実施されます。当ブログでは試験当日、試験終了後速やかに解答速報および合格ライン・合格点ボーダー予想情報を収集し、随時更新しています。
令和3年度(2021)賃貸不動産経営管理士試験合格点・合格ラインボーダー予想および解答速報  Check!

合格発表は令和4年1月12日になると思われます。合格すると合格通知・賃貸不動産経営管理士登録手続き関連書類等が送付されます。申込・合格発表関連の記事は日程がわかり次第アップデートします。

  1. 令和2年度(2020)賃貸不動産経営管理士試験受付・申し込みは8月17日から:資料請求申込と受験案内書について Check!
  2. 賃貸不動産経営管理士試験、合格発表は令和3年1月8日(金):合格者への送付物【令和2年度(2020)】 Check!

賃貸不動産経営管理士試験の難易度

賃貸不動産経営管理士試験の難易度自体はさほど高くはありません。その理由として、①公式テキストがあること(注:今年度からは公式テキストとは呼ばれなくなりました)、②公式テキストからの出題率が非常に高いこと、③出題文が平易であること、があげられます。

実際に検証したところ、平成29年度賃貸不動産経営管理士試験における公式テキストからの出題率は98.1%でした。

また、賃貸不動産経営管理士試験と宅建本試験の問題の分量・構造を比較したところ、やはり賃貸不動産経営管理士試験問題のほうが難易度が低いことがわかりました。

  1. 賃貸不動産経営管理士試験:公式テキストからの出題率(平成29年度) Check!
  2. 賃貸不動産経営管理士試験の難易度【試験問題の比較・分析から】 Check!

賃貸不動産経営管理士の勉強法、テキスト・問題集

賃貸不動産経営管理士に限ったことではありませんが、資格試験を受けると決めたなら、まずは過去問を入手して制限時間を計りながら解きましょう。理由は、自分の知識レベルと、合格に必要なアウトプットレベルを知るためです。アウトプットレベルを知らないままテキストを漫然と読んでも意味あるインプットには結びつきにくいです。時間の無駄です。 

まずは賃貸不動産経営管理士試験の過去問を入手することから試験勉強を始めましょう。

賃貸不動産経営管理士試験は、すでに述べた通り公式テキストからの出題率が非常に高いです。このため、公式テキスト中心に勉強するのが一つの勉強法には違いないのですが、公式テキストは1,000ページもの分量があります。この点、効率的とは言い難いので、本ブログでは賃貸不動産経営管理士試験過去問について公式テキストのどこから出題されたのかを解説してあります(令和元年度過去問・平成27年度過去問については執筆中)ただし法改正には未対応のため、必ず最新の教材で学習してください。

また、公式テキストのみでの学習だと、どこが重点箇所なのかがわかりにくいです。この記事の冒頭で通信講座の利用について触れましたが、もし通信講座を利用せずに独学で勉強するなら賃貸不動産経営管理士試験対策テキスト・問題集・予想問題集を活用したほうが良いでしょう。

今年も出版各社がテキスト・問題集・予想問題集を次々に発行します。どれを選んだら良いか迷ったら、賃貸不動産経営管理士試験対策テキスト・問題集の紹介記事を参考にしてみてください。出版元からテキスト・問題集の正誤表が発表されることがあります。見つけ次第お知らせします。

なお、借地借家法の定期建物賃貸借のみではありますが、当ブログでも一問一答問題を用意しました。

  1. 賃貸不動産経営管理士試験合格に向けた独学勉強方法について Check!
  2. 効率的な資格勉強法とは?【賃貸不動産経営管理士試験】
  3. 平成27年度〜平成30年度賃貸不動産経営管理士試験過去問の入手先 Check!
  4. 【過去問】平成28年度賃貸不動産経営管理士試験問1〜問40 Check!
  5. 【過去問】平成29年度賃貸不動産経営管理士試験問1〜問40 Check!
  6. 賃貸不動産経営管理士試験過去問:平成30年度 カテゴリーの記事一覧
  7. 賃貸不動産経営管理士試験過去問:平成27年度 カテゴリーの記事一覧
  8. 【賃貸不動産経営管理士試験】おすすめテキスト・問題集 Check!
  9. 【緊急】賃貸不動産経営管理士テキスト・問題集の正誤表 - 賃貸不動産経営管理士合格応援ブログ
  10. 賃貸不動産経営管理士試験一問一答 カテゴリーの記事一覧 - 賃貸不動産経営管理士合格応援ブログ

宅建

賃貸不動産経営管理士は令和2年度までは実務経験がない場合は宅地建物取引士に登録し、宅建士証を交付していることが登録要件になっていました。

しかしながら、令和3年度試験以降は登録要件から宅建士であることがなくなった模様です。

とはいえ、賃貸不動産経営管理士試験と試験問題の親和性が最も高いのはやはり宅建試験です(設備分野については除きます)。賃貸不動産経営管理士とダブルライセンスで取りたい資格の筆頭が宅地建物取引士であることには変わりありません。

時間に余裕のある方はダブルライセンス取得にチャレンジしてみてみてはいかがでしょうか?

    1. 賃貸不動産経営管理士とダブルライセンスで取りたい資格:宅建とFP技能士 Check!
    2. 「宅建は年何回?」令和3年度宅建試験日と申込日程についてCheck!

    3. 宅建 2019 カテゴリーの記事一覧
    4. おすすめできる/できない宅建テキスト2021:詳細レビュー Check
    5. 独学・初学者向けのおすすめテキスト『LEC きほんの宅建士合格テキスト』 Check!

FP

試験範囲に不動産分野・相続が入っているファイナンシャル・プランニング技能士(FP)も賃貸不動産経営管理士とダブルライセンスで取りたい資格です。特にFP3級は高い合格率を誇る狙い目の国家資格です。

    1. FP3級の合格率は60%超:短期間・独学で合格できる狙い目国家資格です Check!
    2. 【FP3級一発合格!】独学・短期間でFP3級に合格できる勉強方法 Check!
    3. FP2級試験:合格率は学科20%・実技40%、難易度はFP3級と段違い Check!
    4. FP2級実技試験の配点予想:きんざい個人資産・生保顧客相談業務より
    5. FP(ファイナンシャル・プランナー) カテゴリーの記事一覧

プライバシーポリシー/©2018-2021 賃貸不動産経営管理士試験合格応援ブログ https://www.chintaikanrishi.com