賃貸不動産経営管理士合格応援ブログ

賃貸不動産経営管理士試験、宅地建物取引士資格試験、FP3級・2級合格を目指す受験生を応援します。

アガルートアカデミー

賃貸不動産経営管理士試験、合格発表は令和4年1月7日(金):合格者への送付物【令和3年度(2021)】

厳選通信講座案内

◆フォーサイト行政書士講座、本日5月23日21:00まで早割キャンペーン値引き中です!→フォーサイト行政書士通信講座
◆昨年度賃貸不動産経営管理士試験は合格点が50点中40点と過去最高をマーク。準備不足の受験生には非常に厳しかったです。そんな中、アガルートアカデミー受講生の合格率は70.25%!今年度2022年賃貸不動産経営管理士講座はサポート体制をさらに充実させています。→賃貸不動産経営管理士試験|【2022年合格目標】総合講義/総合カリキュラム
◆昨年度フォーサイト受講生の宅建合格率は82%。しかも2022年度フォーサイト宅建講座はバリューセット3の価格を2万円値下げ。受講しやすくなっています。
フォーサイト 宅地建物取引士 スピード合格講座 2022年試験対策

【2022年1月7日更新】

令和3年度賃貸不動産経営管理士試験の合格発表は本日令和4年1月7日(金)です。

この記事では合格者に送付される合格通知および諸書類の情報について紹介します。

f:id:browncapuchin:20180409214616p:plain

※以下画像の引用・転載は一切禁止します。 

令和3年度賃貸不動産経営管理士試験の合格発表は令和4年1月7日(金)です。

◆令和3年度賃貸不動産経営管理士試験の合格発表は本日令和4年1月7日(金)午前10:00です。

【2022年1月7日10:15追記】合格なさった皆様、おめでとうございます!合格点が想定外の点数だったため、正直言って放心しております・・・


◆合格者には合格通知および諸書類が送られてきます(不合格のときは何もありません・・・)。

平成29年度はレターパックが到着しました。※令和元年度試験の合格者にもレターパックが送付されています。

この画像は平成29年度試験に合格した際、管理人に送付されたものです。平成29年度の合格発表は1月12日でした。レターパックの消印の日付が1月12日になっています。合格発表当日に郵便局で引受作業が行われたことがわかります。

賃貸不動産経営管理士試験合否通知送付レターパック

賃貸不動産経営管理士試験合格者への送付物

◆平成29年度賃貸不動産経営管理士試験合格のときは、レターパックに以下の書類が同封されていました。

  • 賃貸不動産経営管理士試験合格通知
  • 賃貸不動産経営管理士への登録手続きについて
  • 「制度改正で大きく変わる経営管理士」リーフレット
  • 賃貸不動産経営管理士「登録手続き案内」
  • 賃貸不動産経営管理士「登録申請書」
  • 登録料払込用紙
  • 返信用封筒

ただし、賃貸不動産経営管理士は2021年に国家資格となりました。業務管理者移行講習もすでに始まっています。
>>>賃貸不動産経営管理士の国家資格化と移行講習について 


注:令和3年度試験合格者は移行講習を受講する必要はありません!!

令和3年度試験合格者で管理業務に関し2年以上の実務経験を満たしていない場合は「賃貸住宅管理業務に関する実務講習(実務講習)」の修了によって資格登録要件を満たすことができます(賃貸住宅管理業務に関する実務講習(実務講習)-賃貸不動産経営管理士(賃貸不動産における専門家の資格)より一部抜粋)。

このため、送付される書類には実務講習についてのお知らせが加わるなどの変更があると思われます。情報をお寄せいただけるとたいへんありがたいです。 

賃貸不動産経営管理士合格通知

◆平成29年度試験での賃貸不動産経営管理士合格通知はこれでした( A4の紙が1枚・・・)。

賃貸不動産経営管理士試験合格通知


◆さすがに今はこの合格通知ではなく、「合格証書」となっています。下の画像は令和2年度試験合格者様からご提供いただきました(無断転載は一切禁止です)。画像を利用させていただきます!ありがとうございました!!

令和2年度賃貸不動産経営管理士試験合格証書

令和2年度賃貸不動産経営管理士試験合格証書

賃貸不動産経営管理士が国家資格となってから初の試験となる令和3年度試験の合格証書はまた変わるかもしれませんし、このままかもしれません。こちらについても情報をお寄せいただけるとたいへんありがたいです。 

賃貸不動産経営管理士登録手続き関連書類

賃貸不動産経営管理士登録手続き関連書類です。

賃貸不動産経営管理士登録書類


◆「賃貸不動産経営管理士」登録申請書には氏名・受験番号・生年月日がすでに記載されています(次の画像も令和2年度合格者様からご提供いただきました)。

令和2年度「賃貸不動産経営管理士」登録申請書

令和2年度「賃貸不動産経営管理士」登録申請書


見開きの右ページには「宅地建物取引士の証明」欄があります。これは、令和2年度試験までの賃貸不動産経営管理士登録には、①宅地建物取引士の証明(宅建士証の写し)もしくは②協議会が認める賃貸不動産関連業務従事証明(商号と代表者署名・押印)が必要だったからです。

しかしながら、現在は賃貸不動産経営管理士の登録要件から宅建士証の交付はなくなっています。

このため、「賃貸不動産経営管理士」登録申請書には変更が施されたものが送付されるはずです。こちらについても情報をお寄せいただけるとありがたいです。よろしくお願いいたします。

◆この記事を令和2年に更新したとき、こう書いていました。

「令和元年度賃貸不動産経営管理士試験の合格率はなんと36.8%。いきなり合格率を絞ってきました。

令和2年度からはこれまでの40問90分から50問120分の試験に変更され、さらなる難化が予想されます。」

令和2年度賃貸不動産経営管理士試験の合格率は29.8%と過去最低に・・・。予想が的中してしまいました。

◆令和3年度試験以降は、国家資格化によって資格の権威化をはかるためにさらに合格率を絞るかもしれません。早め早めに試験勉強を始めることを強くおすすめします。

【2022年1月7日10:20追記】令和3年度賃貸不動産経営管理士試験の結果が公表されました。合格率は31.5%でした。合格率を絞ってくるかもしれないとの予測は外れました。

しかしながら、合否判定基準が50問中40問と、どの資格スクールおよび先生方による予想を大きく上回る結果となってしまいました。

来年度以降の試験の難易度がどうなるかはわかりませんが、市販テキストでの学習では心許ないかもしれません。不安な方は、合格実績の高い教材を選ぶと良いと思います。

アガルート・アカデミー賃貸不動産経営管理士講座の令和2年度試験合格率は92.3%でした。
>>>アガルート・賃貸不動産経営管理士試験|【2022年合格目標】総合講義/総合カリキュラム

ステップアップを目指しましょう!

◆賃貸不動産経営管理士試験に合格した方はさらなるステップアップを目指してみてはいかがでしょうか?

まだ宅建に合格していない方は何よりも宅建を取りましょう!令和4年度宅建試験は2022年10月16日です「宅建は年何回?」令和4年度(2022)宅建試験日と申込日程について - 賃貸不動産経営管理士合格応援ブログ)。

宅建に合格した方の中には司法書士試験、行政書士試験を受験する方が少なくありません(司法試験・予備試験にチャレンジする方もいらっしゃいます※)。

宅建の次に受験生が最も多いのは行政書士試験です。

行政書士試験に合格するまでの勉強時間は約800〜1,000時間と言われています。早め早めに勉強し始めると良いでしょう。

来年度行政書士試験についてはこちらの記事をご参照ください>>>令和4年度行政書士試験日(2022)・申し込み日程・試験概要・配点について

◆令和2年度行政書士試験の合格率が67.2%ときわめて高かったのはアガルートです。2022年度アガルート行政書士講座は期間限定30%オフと受講しやすくなっています。

アガルートアカデミー

※ちなみに弁護士法第3条は「弁護士は、当事者その他関係人の依頼又は官公署の委嘱によつて、訴訟事件、非訟事件及び審査請求、再調査の請求、再審査請求等行政庁に対する不服申立事件に関する行為その他一般の法律事務を行うことを職務とする。」と定められいて、第3条2項は「弁護士は、当然、弁理士及び税理士の事務を行うことができる。」となっています。

したがって、弁護士資格を取得すると弁理士、税理士の登録もできるの上、さらには行政書士行政書士法第2条)、社会保険労務士社会保険労務士法第3条)、海事補佐人海難審判法第19条)の登録もできます。

法科大学院を修了せずに司法試験の受験資格を得るには予備試験に合格しなければなりません。まずは予備試験突破を目指してみては、と言いたいところですが時間とお金がかかります。熟考を重ねてからご決断ください。→アガルート・【2023年合格目標】予備試験1年合格カリキュラムが期間限定30%オフ

アガルートアカデミー

 

賃貸不動産経営管理士試験に本気で合格したい方へ

◆賃貸不動産経営管理士は、国家資格化に伴って仕事上必要になる方や就職・転職のために必要とする方が今後大幅に増えると思われます。

しかしながら、賃貸不動産経営管理士試験は「受験生の7割が不合格となる試験」になってしまいました。

本気で賃貸不動産経営管理士試験に合格したいのであれば、もはや「簡単に合格できる資格試験ではなくなった」ことをぜひ自覚してください。

◆『賃貸不動産管理の知識と実務』(公式テキスト)をメイン教材とした場合、賃貸不動産経営管理士試験合格に必要な勉強時間は、当ブログでは200時間と想定しています。

しかしながら、これまで資格試験を受験をしたことがない方や、宅建になかなか合格できない方は200時間以上必要かもしれません。早め早めに勉強し始めることをおすすめします。

特に、次の3項目に当てはまる方は少しでも合格可能性を上げるため、合格実績の高い=合格率の高い資格スクール・通信講座の活用を積極的に検討するべきです。

なぜなら、良い教材を使って効率的に学習でき、しかも学習の進捗状況を管理しやすい上、わからないところを質問できるからです。

  • これまで資格試験を受験したことがない方やなかなか資格試験に合格できない方
  • 何から勉強したらいいのか考えあぐねている方
  • 本気で今年の合格を目指す方

◆おすすめできるのは次の3つを明記している講座です。

  1. 講座の合格率
  2. 講座に質問機能(質問回数無制限が望ましい)が含まれている
  3. オリジナルの冊子版テキストがある

2021年3月に発表されたある研究[1](記事末の「参考資料」に記載)によると、手帳にメモするほうがスマホ等の電子機器にメモするよりも記憶の再生で良い成績が得られたとのことです。スマホ・タブレット・PCのみでの学習よりも冊子版テキスト・問題集を利用するほうが良い可能性が高くとのことです。

したがって、自社で編集している冊子版テキスト・問題集があることは学習する上で強みになる、というより必須です。

 

管理人が知る限りでは、これら3点が明記されているのはアガルートアカデミーの賃貸不動産経営管理士講座だけです。

特に際立っているのはアガルートの合格実績です。令和2年度賃貸不動産経営管理士試験の講座受講生合格率はなんと92.3%。令和2年度試験の合格率29.8%の3倍強という実績です。

◆管理人は宅建受験のとき8万円ほどかけて教材を購入して勉強しましたが、プロの手による良く練られた教材を使うと、本当に効率良く学習できることを身を持って思い知りました。

少しでも合格可能性を上げたい方は検討してみて損はありません。
>>>アガルート・賃貸不動産経営管理士試験|【2022年合格目標】総合講義/総合カリキュラム

合格時には「合格祝い金2万円」もしくは「支払金額全額返金」の特典もあります。

※2021年版ではありますが、アガルートの賃貸不動産経営管理士講座総合カリキュラムのテキスト・問題集の内容と動画講義数・動画講義時間数を知りたい方は購入レビューをお読みください(2022年版も自腹切って購入レビューする予定です)。
賃貸不動産経営管理士通信講座:アガルート購入レビュー2021年版

<参考資料>
[1]Frontiers | Paper Notebooks vs. Mobile Devices: Brain Activation Differences During Memory Retrieval | Behavioral Neuroscience

プライバシーポリシー/運営者情報/©2018-2021 賃貸不動産経営管理士試験合格応援ブログ https://www.chintaikanrishi.com