賃貸不動産経営管理士合格応援ブログ

資格試験受験生を応援!

当記事には広告が含まれています。

宅建合格点2024・試験当日の解答速報(令和6年度)

2023年12月8日 令和6(2024)年度宅建試験解答速報・合格点・合格ライン予想を試験当日2024年10月20日15:00からリアルタイムで更新していきます。

2024年版:宅建試験3つの合格率について(全受験者・5問免除者・一般受験者の違い)

2023年11月25日更新 この記事では宅建の合格率について、平成20年度試験から令和5年度試験結果の推移をもとに①受験者全体の合格率、②5問免除者の合格率、③一般受験者の合格率、④5問免除者と一般受験者の合格率の差について紹介します。

宅建合格後の登録:登記されていないことの証明書の交付について

2023年11月22日 宅建合格後の登録で必要なのが「登記されていないことの証明書」。これは法務局で交付されます。管理人は東京法務局にて交付を手続きをすませました。なお郵送での交付も可能です。

宅建試験日は年何回?令和6年度宅建試験日と申込日程について

令和6年度宅建試験日・試験回数・申込日程および管理人自身の受験経験による教材選びについて紹介します。

2024宅建登録実務講習:1月初回日程・実施機関一覧

2023年11月10日更新 2022年1月初回に受講できる宅建登録実務講習の日程・申込締切についてお知らせします。

【宅建合格のために】合格者正解率(正答率)50%以上の過去問を確実に解こう!

2023年11月7日 この記事では宅建試験合格の要である「宅建試験過去問の合格者正解率(正答率)」についてお伝えします。2023年度宅建試験合格目指してがんばりましょう!

【宅建攻略】平成27年度過去問で絶対落としてはいけない33問+7問

この記事では平成27年度(2015)宅建試験過去問について優先して勉強すべき重点問題についてお伝えします。宅建には絶対落としてはいけない問題があります。過去問を解くとき、このことを知っているのといないのとでは学習効果がまったく違ってきます。

【宅建攻略】平成30年度宅建試験で絶対落としてはいけない44問+1問

平成30年度(2018)宅建試験について優先して勉強すべき重点問題についてお伝えします。宅建には絶対落としてはいけない問題があります。このことを知っているのといないのとでは学習効果がまったく違ってきます。

【宅建2024】賃貸取引に係るITを活用した重要事項説明(IT重説)

「賃貸取引に係るITを活用した重要事項説明(IT重説)」は2018年度法改正のひとつですが、2023年度のみならず2024年度試験にも出題される可能性は否定できません。今一度チェックしておくことをおすすめします。

【宅建攻略】宅建平成29年度過去問で絶対落としてはいけない40問

平成29年度(2017)宅建試験過去問について優先して勉強すべき重点問題についてお伝えします。宅建には絶対落としてはいけない問題があります。過去問を解くとき、このことを知っているのといないのとでは学習効果がまったく違ってきます。

宅建本試験会場における耳栓使用について

2023年11月3日更新 宅建試験当日の耳栓の使用の可否について不動産適正取引推進機構に直接問い合わせました。情報をお伝えします。

【宅建攻略】宅建平成28年度過去問で絶対落としてはいけない38問

平成28年度(2016)宅建試験過去問について優先して勉強すべき重点問題についてお伝えします。宅建には絶対落としてはいけない問題があります。過去問を解くとき、このことを知っているのといないのとでは学習効果がまったく違ってきます。

【宅建試験重要法改正】低廉な空き家等の売買・交換の媒介報酬(宅建業法改正より)

「低廉な空き家等の売買・交換の媒介報酬(宅建業法改正より)」は2018年度法改正のひとつですが、2022年度試験にも出題される可能性は否定できません。今一度チェックしておくことをおすすめします。

【宅建試験重要法改正】建物状況調査(インスペクション)

建物状況調査(インスペクション)は2018年度法改正のひとつですが、今後の宅建試験にも出題される可能性は否定できません。今一度チェックしておくことをおすすめします。

宅建過去問13年分無料PDFダウンロードおよび法改正改訂済み過去問

2023年9月6日更新 宅建の過去問は不動産適正取引推進機構によって公開されています。ただし、最新の法改正は一切反映されていないため、そのまま解いてはいけない問題が多々あります。公開されている宅建過去問を解く際に当記事が参考になれば幸いです。

【宅建2024】宅建初心者・初学者が陥りやすい3つの落とし穴とは?

2023年5月25日更新 この記事では宅建初心者・初学者を対象に、管理人の失敗経験をふまえた初めて宅建を受けるときに陥りやすい3つの落とし穴について解説します。独学の方は特にご注意ください。

令和4年度宅建試験結果概要が公表されました:試験受付【速報値】→受験状況【速報】への追記です

令和4年度宅建試験結果が公表されました。申込者総数は28万3,856名、受験者総数は22万6,048名、合格者数は3万8,525名でした。

【宅建2018法改正】生産緑地地区(生産緑地法の一部改正)

「生産緑地地区(生産緑地法の一部改正)」は2018年度法改正のひとつですが、2020年度試験にも出題される可能性は否定できません。今一度チェックしておくことをおすすめします。

【2018年度宅建士試験法改正】田園住居地域制度の創設(新たな用途地域の追加)

「田園住居地域制度の創設」は2018年度法改正のひとつですが、今後の宅建試験に出題される可能性は否定できません。今一度チェックしておくことをおすすめします。

令和2年度宅建試験受付【速報値】が公表されました

令和2年度宅建試験受験状況【速報値】が公表されました。受験者数は16万8,943名、受験率は82.7%でした。

プライバシーポリシー/運営者情報/当サイトの運営方針(権威性・信頼性・専門性すなわちE-A-T)について/©2018-2022 賃貸不動産経営管理士試験合格応援ブログ https://www.chintaikanrishi.com