賃貸不動産経営管理士合格応援ブログ

賃貸不動産経営管理士試験・宅地建物取引士資格試験・FP技能検定合格を目指す全ての方を応援します

「登記されていないことの証明書」交付(東京法務局)【宅建合格後の登録申請手続き】

【スポンサーリンク】

筆者は平成28年度宅地建物取引士資格試験に合格しました。受験地は東京都だったので、登録申請も東京都で行いました。

登録申請にあたって必要書類がいくつかあるのですが、その中に耳慣れないというか初めて目にしたものがありました。

それが登記されていないことの証明書です。筆者は東京法務局で交付してきました。

f:id:browncapuchin:20180409214616p:plain

宅建士資格登録申請に必要な提出書類(チェックリスト)

宅建士資格登録申請に必要な提出書類等は次のチェックリストの通りです(実務経験者・未成年者は除く)。

宅地建物取引士・登録の申請の提出書類等
チェック  提出書類等
登録申請書
顔写真
誓約書
身分証明書(戸籍抄本・運転免許証不可)
住民票(申請者本人分・マイナンバーなし)
登記されていないことの証明書
合格証書
登録実務講習修了証
印鑑(認印可,シャチハタ等は不可)
登録手数料 37,000円(現金のみ)

 

この中で、役所から入手しなければならないのは身分証明書住民票登記されていないことの証明書です。

身分証明書住民票は、お住まいの自治体で交付してもらいます。登録のときに提出するのは発行日から3ヶ月以内のもの。郵送交付等は自治体HP等でご確認ください。

登記されていないことの証明書

一方、登記されていないことの証明書の交付は自治体ではなく法務局が担います。

これが登記されていないことの証明申請書です(記載例)。

登記されていないことの証明書

http://houmukyoku.moj.go.jp/tokyo/content/000128532.pdfより)

 

申請書のほぼ中段に◎証明を受ける方 この部分を複写して証明書を作成するため、字画をはっきりと、住所または本籍は番号、地番まで記入してください(画像では「ください」が切れてます)と書かれている通り、登記されていないことの証明書には「自分が記入したまま」のことが記載されています。なるべく丁寧な字で書くようにしましょう。

  • 本籍は事前に要確認です。
  • 申請書は法務局(東京都なら東京法務局4階後見登録課)にも備え付けてありますが、上の記載例に付したURLからダウンロードできます。後見登録課での申請は先着順なので、事前に記入しておいたほうがスムーズに手続きできます。
  • 宅建の登録申請は「成年被後見人,被保佐人とする記録がない。」にチェックを入れます。
  • 法務省での交付の際、印紙代300円、本人確認書類(身分証明書)、認印が必要です。
  • 収入印紙は後見登録課の中で購入して申請書に貼り付けます。
  • 収入印紙を貼った申請書と本人確認書類を持って、自分の順番がきたら受付に提出します。
  • 筆者が申請ときはすいていたので、10分くらいで受け取りできました。混んでいたらかなり待たされるかもしれません。
  • 郵送交付申請については宅建合格者に送付される「宅地建物取引士資格登録等の手続について」を確認してください。

 

手続き自体は至極かんたんです。法務局への申請ということで億劫になる方もいるかもしれませんが、宅建合格後に登録しようと考えているなら手早く手続きをすませてしまいましょう。

プライバシーポリシー/©2018 賃貸不動産経営管理士試験合格応援ブログ https://www.chintaikanrishi.com