賃貸不動産経営管理士合格応援ブログ

賃貸不動産経営管理士試験・宅地建物取引士資格試験・FP技能検定合格を目指す全ての方を応援します

【スポンサーリンク】

2019年度宅建試験日・試験概要は2019年6月7日に官報で公告されます【宅建 2019】

【スポンサーリンク】
   Amazonでのテキスト購入にお役立てください

30日間送料無料に→Amazonプライム30日間無料体験
1000円分浮かせたい方はこちら→Amazonギフト券現金5000円以上チャージすると1000ポイント貰えるキャンペーン(初回限定・対象者のみ)

【追記 2019.2.25】宅建テキストは種類がとても多いです。ブログ管理人が購入しただけでも16冊発売されています。それらのうち、現時点で8冊について個別に詳細レビューしたものをまとめました。

宅建テキスト・問題集・過去問題集選びの参考になれば幸いです。

※宅建を受けるなら1日も早くテキストを選んで早々に勉強を始めたほうが絶対に良いです。 

2019年度宅建試験は2018年6月7日に官報で公告されます。このエントリーでは宅建試験(宅地建物取引士資格試験)の概要を紹介します。

宅建アイキャッチ画像©賃貸不動産経営管理士合格応援ブログ

宅地建物取引士資格試験とは

宅地建物取引士資格試験は約20万人が受験するマンモス資格試験。もちろん国家資格です。

宅地・建物の取引(売買・交換・貸借)業務において、「宅地又は建物の取引の専門家として、購入者等の利益の保護及び円滑な宅地又は建物の流通に資するよう、公正かつ誠実にこの法律に定める事務を行う(宅建業法第15条)」のが宅地建物取引士。

宅地建物取引士試験には民法からの出題があるため、法律系資格の登竜門にもなっています。

2019年度宅地建物取引士資格試験・試験日程・概要

宅地建物取引士試験(以下、宅建試験)は1年に1回、10月第3日曜日に行われます。

これまでの宅建試験の官報発表日を確認したところ、6月第1金曜日になっていました。2019年度宅建試験については2019年6月7日官報および一般社団法人不動産適正取引推進機構から発表されると思われます(6月1日より毎日チェックし、発表あり次第追記します)→2019年6月7日に官報公告および不動産適正取引推進機構に掲載されると発表されました。

2019年宅建試験の日程・試験概要は次の通りです。

宅地建物取引士資格試験・試験日程・概要
試験日 2019年10月20日13:00〜15:00
試験会場 全国47都道府県
出題数・出題形式 ・50問(マークシート方式)
・4肢択一(個数・組み合わせ問題あり)
試験時間 120分(途中退出不可)
登録講習による免除 あり(5問免除)
受験資格 なし(ただし登録要件あり)
登録要件 宅地建物取引業法第18条参照
試験実施団体 一般社団法人不動産適正取引推進機構
試験案内の配布期間 ・2019年7月1日〜7月31日(予定)
受験申込受付期間 ・インターネット:2019年7月1日9:30〜7月16日21:59(予定)
・郵送:2019年7月1日〜7月31日(予定)
受験手数料 7,000円(受験手数料は消費税及び地方消費税非課税)
受験申込 インターネット(Windowsのみ※)および郵送
合格発表 2019年12月4日(予定)

※受験申込はインターネットからできますが、受け付けているOSはWindowsのみです。ブログ管理人はBoot Campを使ってMacにWindows OSをインストールしていたのでMacから受験申込を済ませました。ただし、この方法だと別途Windows OSを準備する必要があります。Macに詳しくない場合は申込書類を入手するか、Windows PCから申し込むほうが良いかもしれません。 

注意が必要なのは、インターネット受験申込受付期間が約半月と短いことです。2019年6月7日に2019年度宅建宅地建物取引士資格試験の日程・概要が公表され次第、詳細な日程について追記します。

【スポンサーリンク】

 

2019年宅建試験に合格するために

2019年宅建試験は大切です。なぜなら現行民法から出題される最後の年になりそうだからです。2020年試験からは大幅な改正が施される改正民法から出題される初年度になるため、手探りの対応にならざるを得ません。

2019年宅建合格の可能性を高めたいのであれば、資格スクール・通信講座・DVD教材などへの対価を惜しまないのが得策だと思います(※合格率は市販テキストによる受験生の約2〜4倍高まるとのこと)。

ブログ管理人は宅建試験1年目は書店で適当に選んでしまったテキストでの独学で29点(2点足りず不合格)、2年目は宅建みやざき塾のDVD教材を購入して38点(合格)でした。良い講師・スクールの質の高い教材を使ったおかげで緻密な問題分析に基づいた無駄の少ない学習ができました。

気になる方は資料請求(無料)だけでもしておいたほうが良いかもしれません。

宅建みやざき塾の資料請求はありません。案内等は宮嵜(みやざき)先生のブログに掲載されています。

宮嵜先生は過去6年間の宅建合格ライン・合格点予想で最高的中度を誇っています) 


しかしながら、時間的・経済的事情から独学で宅建を受験する方も多いと思います。

当ブログでは2019年度宅建本試験合格に少しでも貢献すべく、独学・初学者の方向けの情報を増していきます。ちなみに宅建の合格率は受験者全体でこそ15〜17%ですが、5問免除者とそうでない一般受験者の合格率は異なることをご存じでしょうか?

合格率の違いのみならず、もしかしたら5問免除のことも知らない方がいらっしゃるかもしれません。宅建独学・初学者の方は情報収集で不利になりがちなのです。

受験すると決めたなら、時間の余裕があるうちに情報を収集し、1日でも早く勉強を始めるべきです。遅くとも4月から、できれば3月から勉強をスタートするにこしたことはありません。

なぜなら、上記の資格スクールうちLECでは6月から毎月模試を実施、とくに7月は無料模試を行いるからです。模試を受けるなら、期日までにテキスト・問題集・過去問集を数周こなしておくのは当然です。

8月・9月から勉強を始めて宅建に受かる方もいるようですが、そんな話を真に受けてはいけません。

なお、宅建の合格点・合格ラインは年によって違います。このため、資格スクール・宅建講師が毎年合格点・合格ライン予想を公表しています。当ブログでは宅建本試験終了後に解答速報と合格ライン予想を時系列で追っていきます。自己採点にお役立てください。

また、他の資格試験では合格率が50%ほどと非常に受かりやすい賃貸不動産経営管理士とのダブルライセンス取得を視野に入れておいても良いでしょう。もちろん、宅建の勉強が順調にできていることが前提です。

【スポンサーリンク】

 

おすすめ宅建テキスト・問題集・過去問題集

宅建テキストは「これで受かった!」というネット記事を鵜呑みにして安易に選ばないほうが賢明です。

試験で問われないことまで書かれているテキストは避けたほうが良い、というのがブログ管理人の考えです。

◆宅建テキストは10数種類(あるいはそれ以上)発売されています。

どの宅建テキストにも長所短所あるのですが、1冊だけ宅建初学者の方向けにおすすめするのはLEC『2019年版 きほんの宅建士 合格テキスト』です。

※Amazonにて3月15日まで書籍ポイントアップキャンペーン中です。

『きほんの宅建士 合格テキスト』で基本をおさえたら問題集・過去問集を繰り返しましょう。副教材には宅建みやざき塾のYoutube講義もたいへん役立ちます。

勉強方法ですが、『きほんの宅建士 合格テキスト』を1周してから問題集に取り組む方法と、テキストの各単元を読んだら該当箇所の問題集・過去問に取り組む方法があります。短期間でより効果が上がるのは後者だと思います。

◆問題集はテキストとリンクしている同じシリーズのものを選んだ方が効率的です。

『きほんの宅建士合格問題集』にはKindle版もありますが、Kindle版へのリンクボタンは仕様により直接ページには飛びません。間違って隣のテキストを購入なさらないようご注意ください。

 


◆しかしながら、問題集に収録されている過去問だけでは絶対量が足りません(市販のどの問題集でもそうです)。問題集以外に本試験過去問を最低10年分はきっちりおさえましょう。

特定分野、例えば"時効"について、"重要事項説明"について集中的に過去問に取り組むときは分野別にまとめられている『2019年度版スッキリとける宅建士 過去問コンプリート12』がとても便利です。各問の難易度のみならず各選択肢の重要度までもが記載されています。

 

過去問1年分50問ずつ学習するには『2019年度版みんなが欲しかった!宅建士の12年過去問題集』が良いでしょう。こちらにも各問のみならず選択肢それぞれにまで難易度(復習の目安)が記載されてます。

プライバシーポリシー/©2018-2019 賃貸不動産経営管理士試験合格応援ブログ https://www.chintaikanrishi.com