賃貸不動産経営管理士合格応援ブログ

賃貸不動産経営管理士試験、宅地建物取引士資格試験、FP3級・2級合格を目指す受験生を応援します。

令和2年度(2020)宅建試験日、申し込み日程と概要について【宅建 2020】

宅建士試験郵送申し込み用封筒

宅建士試験郵送申し込み用封筒

令和2年度(2020)宅地建物取引士資格試験は2020年6月5日付官報にて公告されます(例年通りなら号外最終頁に記載されます)。

この記事では現時点で判明している2020年度宅建試験日・申し込み日程・宅建試験の概要についてお知らせします。

 

2020年度宅建試験日・申し込み日程・概要

令和2年度(2020)宅建試験の試験日・申し込み日程・試験概要は次の通りです。

宅地建物取引士資格試験・試験日・申し込み日程・概要
試験日 2020年10月18日13:00〜15:00
試験会場 全国47都道府県
出題数・出題形式 ・50問(マークシート方式)
・4肢択一(個数・組み合わせ問題あり)
試験時間 120分(途中退出不可)
登録講習による免除 あり(5問免除)
受験資格 なし(ただし登録要件あり)
登録要件 宅地建物取引業法第18条参照
試験実施団体 一般社団法人不動産適正取引推進機構
試験案内の配布期間(予定) 2020年7月1日〜7月31日
受験申込(予定) インターネット(Windows OSのIEとEgdeのみ)および郵送
受験申込受付期間(予定) ・インターネット:2020年7月1日9:30〜7月15日21:59
・郵送:2020年7月1日〜7月31日(7月31日までの消印があるもののみ受付)
受験手数料 7,000円(受験手数料は消費税及び地方消費税非課税)
合格発表(予定) 2020年12月2日

例年通りなら、インターネットによる受験申し込みはWindows OSのIEとEgdeのみからとなります。

2020年度宅建試験に合格するために

◆宅建試験は50問出題されます。内訳は次の通りです。

  1. 権利関係:14問
  2. 法令上の制限:8問
  3. 宅建業法:20問
  4. 税・その他:8問

50問のうち20問を占める宅建業法は試験の中でもとりわけ得点源になっています。

管理人が受験した2015年、2016年は宅建業法9割、法令上の制限及び税・その他7割取れれば、権利関係は5割程度で良いとも言われていました。しかしながら、近年は合格点が上昇する難化傾向にあり、権利関係をおろそかにしていると足を掬われるかも知れません。

権利関係の学習は時間がかかります。早めに勉強を始めた方が良いでしょう。

 

◆「2019年度試験を受験するつもりだったけど、申し込み締め切りに間に合わなかった」方や、「スケジュール的に2019年は厳しかったので2020年に受ける」とお考えの受験生もいると思います。

ここから先は2020年度受験生へのメッセージです。

まずは宅建試験50問全部を120分で解き、今の実力を把握しておきましょう。

年度別過去問はあとにとっておきたいので、無料で入手できる未来問で試すと良いと思います。→AIが予測した宅建士試験問題、『未来問』無料プレゼント中 | 資格スクエア

2020年度宅建試験は改正民法から出題される最初の年

2020年度宅建試験は大幅な変更が施される改正民法から出題される最初の年になります。このため、宅建スクールも宅建テキストも手探りの対応になることが予想されます。

特に、独学で初めて宅建に挑む方は心して受験したほうが良いかもしれません。

 

宅建試験を独学で初めて受験する方の中には、毎年の試験問題に法改正が必ず反映されることを知らないまま試験に臨む方がいるかもしれません。

ブログ管理人自身の宅建1年目もそうでしたが、宅建独学・初学者は情報収集で不利になりがちです。

宅建の合格率が15〜17%ということはご存じかと思います。しかしながら、5問免除者の合格率が一般受験者より10ポイントも高い年があることはあまり知られていないでしょう。

宅建合格者は毎年3万人前後です。このうち1万人ほどを5問免除者が占めています。

結果として残り2万人の枠を一般受験者が争うことになりますが、また、資格スクールや通信講座を活用する受験生のほうが市販テキストでの独学受験生より合格しやすいのが現実です。

対価を惜しまないことが合格への近道

市販テキストによる独学受験生の合格率はわずか8%ほどと推定されています。

一方、資格スクール・通信講座等を利用した受験生の合格率はその2〜4倍にもなります。

理由は明確です。彼らは宅建試験に向けて、①市販テキストよりも良い教材を使って、②早いうちから勉強しているからです。

勉強スケジュールの目安のひとつが6月に実施されるLECのゼロ円模試です。6月までに模試を受験できるレベルまで勉強を済ませている受験生と、6月あるいは7月から独学で勉強を始める受験生とで結果に差が出るのは当然でしょう。


◆管理人自身もこのことを痛感しています。

管理人の宅建受験1年目は市販テキストによる独学で2点足りず不合格。なるべくお金をかけずに合格しようと目論んだ結果でした(しかも7月になってから急遽受験することになったという・・・)。

同じ過ちは繰り返すまいと決め、2年目は宅建みやざき塾DVD教材を発売早々に購入しました。教材の追加購入や講習への参加など、なんだかんだで8万円ほどかかりましたが、おかげで合格できました。なお、2年目は市販テキスト・模試は一切購入しませんでした。

受験2年目に実感したのは良い講師・スクールの教材は問題分析がとても緻密なことでした。

良い教材を使えば、独学であれこれ調べながら学習するより何倍も効率良く学習できます。

2020年宅建合格の可能性を高めたいのであれば対価を惜しまないのが得策
です。

何より大切な資源は時間です。お金は取り戻せても過ぎてしまった時間は二度と取り戻せません。

令和2年で受からなかったら令和3年も宅建の勉強をし続けることになります。令和2年で受かっておけば、違う資格に挑戦するなどキャリアアップに時間を使えます。

管理人は市販テキストだけでの勉強よりも合格の可能性を高めるためにお金というコストをかけ、宅建に合格できました。

宅建に合格した後は11月に不動産キャリアパーソン、翌年1月に登録実務講習を終え、その後も賃貸不動産経営管理士、FP2級に合格して今に至っています。

もし、2年目で宅建に合格していなかったらこうはなっていなかったでしょう。対価をかけてでも宅建に合格でき、本当に良かったと思っています。

なお、どの教材を選んでも本人が真剣に勉強しなければ合格できないことは言うまでもありません。


◆宅建講座を開講している資格スクールはたくさんあります。ただし、資格スクールの受講料は決して安くありません(概ね10万円以上)。資格スクールの活用をお考えの受験生はまずは資料請求から始めると良いと思います(以下のスクールはすべて無料請求可)。



宅建通信講座もいろいろあります。


◆2019年オリコン顧客満足度ランキングの通信講座宅建のランキング・比較で1位になったのはフォーサイトです(2018年に続いて2年連続)。
 →フォーサイト・2018年度の合格率は全国平均の4.54倍!短期間で宅建に合格できる話題の勉強法とは?  

テキスト・問題集・DVD教材を入手しました。フォーサイトの宅建テキスト(フルカラー・B5版)・問題集(二色刷り・B5版)はどちらも4分冊形式。

テキストがリニューアルされ、前年度のものより見やすくなりました。余白スペースも多めにとられているので書き込んで勉強するタイプの受験生に向いています。

ただし、テキスト「だけ」だと説明が不足しているところがあります。テキストを丸暗記しようとせず、必ずDVD等動画教材と合わせて学習することをおすすめします。
※動画・テキストともPC・スマホ・タブレットで視聴可なのでどこでも学習できます。

問題集で特に良いのは「捨て問」がきちんと明示されていることです。

宅建試験では個数問題・組み合わせ問題対策として基本的にすべての肢(肢は「アシ」と呼ばれています)について自信をもって正誤判定できるよう普段から学習するべきです。

しかしながら、問題の中にはテキストに記載がなく解答しようがない肢が出題されるケースがあります。このような肢はもし正解できなくても合否に関係しない(ほとんどの受験生が正答できない)ので、捨て問(捨て問題)と呼ばれています。例えば平成27年度問4肢4がそうです。

宅建初学者がしがちなことの一つに「わからない問題をわからないままにしておけない」ことがあります。わからない肢に出くわすと、わかるまで調べないと気が済まないんですね(管理人の受験1年目がそうでした)。調べることは決して悪いことではありませんが、捨て問で時間を浪費するのはもったいないと思います。この点、フォーサイトの問題集ではその心配はありません。

フォーサイトは指示に従って問題をこなすと力が付くよう練られています。総合的に良い教材だと思います。

コースの中には条件を満たした上で不合格になった場合、所定の手続きの後で全額返金される「全額返金保証制度」の対象になっているもの(バリューセット2)もあります。全額返金保証制度についてはHPの説明でご確認ください。

【2020年2月20日追記】フォーサイトでは2020年度試験講座からリアルタイム講義(講師と受講生が講義中にリアルタイムでコミュニケーションを取ることができるライブ授業配信)を始めました。まだ月1〜2回の不定期配信ではありますが、こういう企業努力は好感が持てます。

【2020年4月4日追記】フォーサイトでは新型コロナウイルス感染症への対応に伴い、宅建講座eラーニング教材の一部(入門講座)を4月30日まで無料公開しています。視聴して内容を検討してみると良いかもしれません。→試験延期・中止に伴う学習支援について | 資格試験・通信教育のフォーサイト


◆2019年オリコン顧客満足度ランキングの通信講座宅建のランキング・比較の2位・3位はLECとTACなのですが、どちらも価格が・・・・

なので、4位ではありますがユーキャンを紹介します(テキスト・問題集を管理人が実際に購入した上で紹介しております)。

ユーキャンは宅建通信講座の中で受講者数が最も多いです。
ユーキャンの宅地建物取引士(宅建士)講座

ユーキャンの本試験採点データはその数ゆえに宅建講師が合格ライン予想にも注目しているほど。

それはともかくとして、テキスト単体での「わかりやすさ」「勉強のしやすさ」はフォーサイトよりユーキャンのほうが上です。

ユーキャンのテキストは市販のものも含めて全般的に「文章・説明が読みやすく編集」されているのが特徴ですが、この講座でもその長所が踏襲されています。

問題分析もしっかりしています。受験する上で重要な情報のひとつが「深入りすべきではないところの指示」です。この指示がないままに学習すると、さして重要でもない項目を丸暗記しかねません。

ユーキャンのテキストではこの点もきちんとされていました(市販の『2020年版ユーキャンの宅建士速習レッスン』はこの配慮が欠けているのでおすすめしてません)

ユーキャンのテキスト・問題集はフォーサイトよりひとまわり小さいA5版。一般的な宅建テキストと同じサイズで分冊形式なのでフォーサイトのテキスト・問題集よりも携行しやすいです。いつも紙のテキストを持ち歩いて勉強したい受験生にはフォーサイトよりユーキャンのほうが良いでしょう。

ユーキャンのテキストは二色刷りでシンプルな構成です。しかしながら3分冊合計で800ページを超えるため分量は決して少なくありません。ユーキャンは宅建講座の標準学習期間を6ヶ月としていますので、4月から勉強をスタートしたほうが良いと思います。

残念なのは問題集(実戦テキスト)に捨て問表記がないこと。ただ、この点は市販の12年過去問題集でカバーできますので、後述する宅建テキスト詳細レビュー記事をご参照ください。

◆フォーサイト、ユーキャンのほか、次の二つも資料請求は無料です。

 

◆ブログ管理人は宅建のオンライン講座は使わずに合格しましたが、とある資格試験用にスタディングの講座を購入して勉強しています。

スタディングの宅建講座はこちらです。

オンライン資格講座スタディング_宅建士

スタディングの宅建講座はフォーサイトやユーキャンの宅建講座より価格が抑えられています。その分、紙のテキストはついてきません。

紙のテキストを使わず、スマホ・タブレット・PCで費用を抑えながら学習したいタイプの受験生には向いているでしょう。

 

これらの資格スクール・通信講座について、早めに講座を申し込んで勉強を始めておくと時間の余裕が生まれます。

※宅建テキストについてはこちらをご参照ください。テキスト情報は2020年度版が発売され次第、順次更新します。おすすめできる/できない宅建テキスト:詳細レビュー【2020宅建試験に向けて】 

プライバシーポリシー/©2018-2020 賃貸不動産経営管理士試験合格応援ブログ https://www.chintaikanrishi.com