賃貸不動産経営管理士合格応援ブログ

賃貸不動産経営管理士試験・宅地建物取引士資格試験・FP技能検定合格を目指す全ての方を応援します

【スポンサーリンク】

【宅建テキスト詳細レビュー】2019年版 史上最強の宅建士テキスト

【スポンサーリンク】
   Amazonでのテキスト購入にお役立てください

30日間送料無料に→Amazonプライム30日間無料体験
1000円分浮かせたい方はこちら→Amazonギフト券現金5000円以上チャージすると1000ポイント貰えるキャンペーン(初回限定・対象者のみ)

市販テキストで宅建を勉強する独学・初学者にとって、宅建テキスト選びは何より大切です。

宅建テキストは、ブログ管理人が購入しただけでも各出版社から16冊発売されています。そのうち、現時点で7冊それぞれについて個別にレビューし、『【宅建テキスト・問題集・過去問題集】独学・初学者向けおすすめレビュー』にまとめました。

『2019年版 史上最強の宅建士テキスト』 以外の宅建テキストも見ておきたい方はそちらもご一読ください。Amazonへのリンクから紙面デザインを確認できるものもあります。テキスト選びの参考になさってください。

2019年宅地建物取引士資格試験合格を目指し、がんばりましょう。

2019年版 史上最強の宅建士テキスト表紙画像

2019年版 史上最強の宅建士テキスト表紙画像

宅建テキストについてのブログ管理人の考え

宅建テキストについてのブログ管理人の考え方を述べさせていただきます。レビューポイントは主に次の二つです。

  1. 合格に不要な情報が掲載されていないかどうか
  2. 読みやすいフォント・色・紙面構成にデザインされているか

① テキスト選びで何よりも大切なことは、合格に不要な情報が掲載されていないことです。

テキストに必要な知識を記載するのは当然です。しかしながら、試験では問われない・出題されない知識、すなわち合格に不要な知識までを記載しているテキストは本末転倒です。

ありていに言えば内容を厳選しているかどうか、ということに尽きます。実はこれが難しい。なぜなら、過去の出題傾向を的確に分析しなければできないことだからです。

むしろ詳しく長く多くのことを書く方が楽なのです。これまで出題された事項について網羅すれば良いのですから。

宅建を初めて受ける方が「宅建 テキスト」や「宅建 テキスト おすすめ」で検索し、上位表示の記事がすすめるテキストを漫然と選んでしまうのもしかたないと思います。

でも、そういった記事のおすすめテキストの中には宅建本試験にはまず出題されない知識を何年も続けて掲載しているものが見受けられます。この見極めは宅建初学者にはまずできません。

でも、ちょっと考えてみてください。本試験に出題される可能性が非常に低い知識までインプットすることが受験生にとって有益と言えるでしょうか?

ブログ管理人はそうは思いません。

時間は有限な資源です。仕事や家事や学業の合間を縫って勉強する受験生には、本試験に不要な知識までインプットする時間はありません。

合格に不要な情報が掲載されていないテキストを選ぶことは何よりも重要なのです。

※もちろん、時間が自由に使える場合はその限りではありません。

② 読みやすいフォント・色・紙面構成になっているテキストを選ぶことは、その次に重要です。なぜなら、テキストの読みやすさは視覚への負荷の度合いに直結するからです。

小さなフォントで書かれていると、それだけで視覚に負荷がかかります。いろんな種類・大きさのフォントが使われていたらなおさらです。

構成と色使いもそうです。

小さな字や図表が紙面にぎっしり詰め込まれているテキストは読みやすいでしょうか?

今やフルカラーのテキストが主流になりつつありますが、フルカラーだからと言って読みやすくデザインされているとは限りません。

読みやすさを意図したはずが、むしろ情報過多になっているフルカラーテキストも見受けられます。

◆テキストは合格まで長い時間を共にする相棒です。

繰り返し繰り返し何度も何度もひらくテキストは、読みやすいフォント・色・構成にデザインされたものを選ぶべきです。

そして、①と2が揃ったテキストはさくさく読み進められます。

なお、宅建テキストの「文章の書き方・説明の仕方」については評価対象外にしています。はっきり言ってどのテキストも大差ありません。文章のちょっとした書き方の差が合格を左右するほど宅建は甘くないです。

この数字を見たらやる気を無くすかもしれませんが、市販書籍を使う受験生の合格率は推計8%前後。市販テキストで勉強した宅建受験生が10万人とすれば、合格者は8000人しかいないことになります。市販テキストによる独学での宅建合格はかなりの狭き門なのです。

それでも独学で宅建を受験するのであれば、特に初学者は無駄が少なくて目が疲れにくいテキストを早々に1周し、問題集・過去問集・ネットで視聴できる優良コンテンツ(宅建みやざき塾の無料Youtube講義は本当におすすめです)などを組み合わせて何度も何度も反復学習するしかありません。

どんなに丁寧に書かれているテキストであろうと、1回読んだだけで宅建本試験問題に挑んでもろくな点はとれません。だからこそ宅建テキストは何回も何回も読み込む必要があります。

そのためにはさくさく読める="インプット項目を厳選し、読みやすくデザインされているテキスト"が望ましい、というのがブログ管理人の考えです。

長い前置きをお読みくださり、ありがとうございました。

では『2019年版 史上最強の宅建士テキスト』 のレビューに移りましょう。

2019年版 史上最強の宅建士テキスト』 基本データ

『2019年版 史上最強の宅建士テキスト』 基本データです。

テキスト基本データ

書名 2019年版 史上最強の宅建士テキスト
価格
¥3,132(税込)
Kindke版の価格
分冊の有無
無(巻末過去問のみ分離)
ページ数
①宅建業法147頁②権利関係206ページ
③法令上の制限162頁
④税・その他88頁+実力判定過去問55頁
発行所
ナツメ社
発行日
2019年1月4日
フルカラー
付録
赤シート
ネットサービス
著者名
オフィス海、監修:家坂圭一
著者の宅建合格点予想実績

※本書を監修している家坂圭一先生の過去問解説(過去問一覧(年度別) | 過去問徹底!宅建試験合格情報)には、受験生時代にたいへんお世話になりました。

◆『2019年版 史上最強の宅建士テキスト』 は本文テキスト612ページ(巻末索引含む)。分冊なしのまるごと1冊宅建テキストです。常時携行するには重いです。なお、「実力判定過去問SELECT50が巻末に付属していて、過去問部分のみ分離できます。

◆巻末過去問は50問。出題配分は本試験と同じですが、第1問〜第20問が宅建業法になっています。これはテキストのページ順にあわせたためと思われますが、本試験とは出題順が違うので注意しましょう。

◆Kindle版はありません。

◆重要箇所には「出る!」とマークされてます。

◆フルカラー印刷です。重要項目は黒太字と赤太字で印刷されています。赤字・赤下線等は赤シートに対応しています。赤シートも付属しています。

◆本文テキスト・表・「覚えておこう」と題した暗記事項をまとめた表などがそれぞれ違うフォントになっています。テキストも本文と強調箇所(黒太字)のフォントが違います。小さなフォントも多く、総じて読みにくく感じられました。

◆本書冒頭viページ目に、「平成20年以降の合格点は50問中31点〜36点」と書かれています。ものすごく気になります。ご存じの通り、平成30年度の宅建本試験の合格点は37点。本書の発売は2019年1月4日なので「37点」と書く時間は十分あったと思うのですが・・・

【スポンサーリンク】

 

『2019年版 史上最強の宅建士テキスト』 レビューポイントチェック

それでは『2019年版 史上最強の宅建士テキスト』について2つのレビューポイントをチェックしましょう。

宅建本試験に不要な情報はカットされているテキストと言える

宅建初学者にできないことの一つが、「これまでの宅建本試験にほとんど出題されない情報を見極めること」です。

信頼できる資格スクール・講師はこのことをきちんと教えてくれます。プロを利用する大きなメリットは無駄の少ない学習にあります。

初学者にもできる3つのポイントについてチェックします。

◆1つ目は「民法○○条」と書かれているかどうかです。

民法○○条とか借地借家法第9条・第33条だのと書かれている宅建テキストもありますが、宅建本試験を解く上でそんなことを覚える必要はまったくありません。

本書ではこの点はクリアされています。不要な条文名はありませんでした(宅建業法34条2書面、35条、37条、農地法3条・4条・5条はあります)。

◆2つ目は国土利用計画法です。

宅建本試験では国土利用計画法の監視区域・注視区域・規制区域についてはこの10年間でほぼ出題されていません(監視区域内の事前届出についてのみ出題されています)。

この点、本書で国土法の事前届出の説明に3ページを割いてはいるものの、「出る!」とマークされた重要箇所は1つだけなのであまり気にしなくても良いかもしれません。

ただし、説明後の過去問8題のうち6題が平成13〜18年と古いものを記載していることは気になります。

◆3つ目は宅建業法の罰則です。

罰則自体についてはその一部を1ページにわたって記載しています。ですが、「出る!」に適切なアドバイスが書かれています。アドバイスを知りたい方は本書をご購入ください。

受験生には宅建本試験でまず出題されない知識を頭に入れる暇などありません。時間は有限です。

不要な知識をインプットしないことはとても重要なのです。

本書は、「不要な知識がカットされているかどうか」というチェックポイントはクリアしていると判断しました。


ではデザインについてチェックしましょう。

権利関係のイラストはわかりやすいが、テキスト本文は読みにくい

権利関係のイラストは立場によって違う人物を採用しているため、イメージしやすく描かれています。ちょっとしたことではありますが、こうした工夫がされているテキストのほうが理解の助けになりやすいのです。

一方、すでに述べた通り、以下の点から総じて読みにくいテキストと言わざるを得ません。

  • 本文テキスト・表・「覚えておこう」と題した暗記事項をまとめた表、他にもありますが、紙面に大きさ・色・種類が異なるフォントが混在していること
  • 特にテキスト本文と強調箇所(黒太字)のフォントが違う上、赤の下線まで引かれていること
  • 小さなフォントが多めなこと 

フルカラーの利点を活かそうとしたのは理解できるのですが、目がとても疲れます。

ただし、あくまでブログ管理人個人の意見です。気にならない方にとっては問題無いかもしれません。

残念ながらAmazonのページでは本書の誌面を確認できません。書店で手に取ってお確かめください。 

インターネットアフターサービスは未知数

本書の「売り文句」は「本試験カバー率」の高さ。過去問で出題された問題のカバー率の数値を明記しています。

しかしながら、受験生にとって真に必要なのはまだ見ぬ問題への対応力、特に法改正問題をどう「カバー」するかではないでしょうか?だからこそ出版各社は法改正情報についてインターネットのURLページを記載したり、ハガキを添付して郵送での対応をしたりとアフターサービスへの余念が無いのです。

実際、平成30年度試験で明暗を大きく分けたのが法改正問題で得点できたかどうかと言われています。法改正問題への対応は今の宅建ではとても重要なのです。

にもかかわらず、本書の法改正への対応は未知数と言わざるを得ません。

その理由は、本書冒頭の目次(Part4 税・その他)の下に、非常に小さなフォントで「2019年度の法改正情報は、2019年8月に、ナツメ社Webサイトにて掲載する予定です」としか書かれていないからです。該当ページのURLすら記載されていないのです。

 

同社サイトを確認したところ、本書の正誤表(※すでに訂正箇所がありますので要チェックです!)はありますが、本稿執筆時点では法改正についての記載はありませんでした。

同社の検索窓に「宅建」と入力したところ、ヒットしたのは本書だけです。ナツメ社では本書が唯一の宅建テキストのようです。サイト内をあれこれ探したのですが、法改正への対応がうかがえる手がかりは得られませんでした。

このため、現時点では本書の法改正対応については評価のしようがありません。購入なさる方は、8月になったら同社サイトを必ずチェックして法改正情報を入手しましょう。 

長所・短所

  • 権利関係のイラストはわかりやすい
  • 不要な情報がカットされている
  • 分冊版ではないため1冊丸ごとテキストが好みの方に向いている
  • 複数種・大きさ・色のフォントが混在しているため、目が疲れやすい(人によりけりなので要確認)
  • 法改正についてのインターネットアフターサービスが未知数

内容そのものは決して悪くありませんが、デザイン面と法改正への対応が気になる宅建テキストです。

プライバシーポリシー/©2018-2019 賃貸不動産経営管理士試験合格応援ブログ https://www.chintaikanrishi.com