賃貸不動産経営管理士合格応援ブログ

賃貸不動産経営管理士試験・宅地建物取引士資格試験・FP技能検定合格を目指す全ての方を応援します

【スポンサーリンク】

【宅建テキスト詳細レビュー】2019年版 らくらく宅建塾

【スポンサーリンク】
   Amazonでのテキスト購入にお役立てください

30日間送料無料に→Amazonプライム30日間無料体験
1000円分浮かせたい方はこちら→Amazonギフト券現金5000円以上チャージすると1000ポイント貰えるキャンペーン(初回限定・対象者のみ)

宅建テキストは、ブログ管理人が購入しただけでも各出版社から16冊発売されています。そのうち、現時点で7冊それぞれについて個別にレビューし、『【宅建テキスト・問題集・過去問題集】独学・初学者向けおすすめレビュー』にまとめました。宅建学院『2019年版 らくらく宅建塾』以外の宅建テキストも見ておきたい方はそちらもご一読ください。Amazonへのリンクから紙面デザインを確認できるものもあります。テキスト選びの参考になさってください。

2019年宅地建物取引士資格試験合格を目指し、がんばりましょう。

『らくらく宅建塾』の表紙

『らくらく宅建塾』の表紙

宅建テキスト選びの考え方

市販テキストで宅建を勉強する方にとって、テキスト選びは何より大切です。

宅建テキスト選びのお手伝いのため、現役宅建士のブログ管理人が実際にテキストを購入して詳細にレビューしました。宅建テキスト選びの参考になれば幸いです。

レビューポイントは主に次の二つです。

  1. 読みやすいフォント・色・紙面構成になっているか
  2. 合格に不要な情報が掲載されていないかどうか

フォント・色・紙面構成はテキストの読みやすさ=視覚への負荷の度合いに直結します。

合格まで長い時間を共にするテキストは、目が疲れないもの、頭に入りやすいものを選ぶべきです。

もう一つは、本試験では問われない・出題されない、すなわち合格に不要な知識まで掲載していないかどうかです。

 

宅建に合格し、現役宅建士となってからあらためて各出版社の宅建テキストを見直すと、宅建本試験にはまず出題されない知識までも掲載しているテキストの存在に気付きました。

そういう知識も含めて勉強したい方にとってはそのテキストで何も問題ありません。

しかしながら、本試験に出題される可能性が低い、というかほぼない事項までインプットするのは受験生にとって有意義と言えるでしょうか?管理人はそうは思いません。

時間は有限な資源です。仕事や学業や家事の合間を縫って勉強する受験生には、本試験に不要な知識までインプットする時間はないのです。

以上、①読みやすいフォント・色・構成になっているか、②合格に不要な情報が掲載されていないかどうか、をレビューのポイントとしました。

今回は宅建学院『2019年版 らくらく宅建塾』です。『らくらく宅建塾』は書店で平積みされているのを良く見かける老舗の宅建参考書です。ちなみに購入したのは4年ぶりです。

『2019年版 らくらく宅建塾』 基本データ

宅建学院発行の『2019年版 らくらく宅建塾』基本データです。 

テキスト基本データ

書名 2019年版 らくらく宅建塾
価格
¥3,240(税込)
Kindke版の価格
分冊の有無
ページ数
532頁(権利関係272頁、宅建業法122頁、法令上の制限・税・その他131頁
発行所
宅建学院
発行日
2018年12月17日(改訂第3版)
2色刷り(重要ポイントに赤字を使用)
付録
赤シート
ネット情報サービス
著者名
著者の宅建合格点予想実績

 

◆全部で532頁のボリュームです。昔ながらの分冊なし、まるごと1冊テキストです。索引は巻末に付いてます。

◆Kindle版はありません。

◆発行は宅建学院。以前は週刊住宅新報社から発行されてましたが・・・という話は受験生には不要なインプットなので割愛します。

重要項目が赤字で書かれており、参考書によくある赤シートに対応しています。赤シートも付録についています。

◆表紙の巻頭裏に語呂合わせ、巻末裏には2019年の山かけ表が付されています。

語呂合わせは管理人もお世話になりました。「しのごの言わずに建替えろ!」(区分所有法に出てきます)なんか懐かしいですね。

【スポンサーリンク】

 

『2019年版 らくらく宅建塾』 詳細レビュー

それでは宅建学院『2019年版 らくらく宅建塾』の詳細レビューです。

テキストそのものは読みやすくデザインされている

◆テキストそのものは読みやすくデザインされています。フォントの大きさも問題ありません。『2019年版 らくらく宅建塾』ではハズキルーペも不要です(語呂合わせの表記に小さいフォントが使われている程度ですが、ルーペ無しでも読めました)

◆重要ポイントが赤字になっていて、付録の赤シートを重ねると文字が見えなくなります。赤字を中心に覚えていくと良いでしょう。

◆フルカラー印刷ではないため、最近主流になりつつあるカラフルな紙面ではありません。とは言っても、図・表が多用されており、理解するには問題ありません。「昔ながらの参考書」タイプのテキストが好みの受験生とは相性が良いかもしれません。

◆『らくらく宅建塾』の特徴のひとつが語呂合わせを多用していること。宅建は語呂合わせで助かる場面がけっこうあります。好みの受験生には向いているでしょう。

◆例題には平成30年度本試験に出題されたものも使用されています。 無論、テキストなので例題数は少ないです。問題集でカバーしましょう。

『らくらく宅建塾』は権利関係の学習を重視したテキストと言えます。『2019年版 らくらく宅建塾』の権利関係は272頁。これは宅建業法122頁の2倍以上です。

ちなみに他のテキスト、例えばLEC『2019年版 きほんの宅建士 合格テキスト』は権利関係196頁、宅建業法128頁、TAC『2019年版 みんなが欲しかった!宅建士の教科書』は権利関係199頁、宅建業法156頁でした。

このことからも『2019年版 らくらく宅建塾』が権利関係に紙面を割いていることがわかります。

宅建本試験に不要な内容が多々見受けられる

本書の「2019年版 ごあいさつ」には、「余計な知識は混乱のモト。合格に必要な知識だけ身につけるべし。それにはどうしたらいいか?答は、本書を繰り返し読むことに尽きる。本書には、合格するために必要なことが、全て書かれている。無駄な記述は一つもない。ここが、他のテキストとの違いだ。1000頁の本を1回読むより、500頁の本を2回読んだ方が、よほど効果がある」、と書かれています(本書より引用)

しかしながら、『らくらく宅建塾』の内容には、試験合格に不要な箇所が見受けられます。

◆まず目に付くのが「民法○○条」等の表記です。『らくらく宅建塾』には「○○法○○条」という表記が頻出します。

たしかに本試験には「○○法○○条」という表記が毎年出題されています。

しかしながら、本試験問題を解く上で覚えておいた方が良い○○法○○条は農地法と宅建業法34条の2・35条・37条くらいです(借地借家法第38条もそうかもしれません)。

平成30年度本試験に登場した○○法○○条は次の通り。

  • 問12の借地借家法第38条(定期建物賃貸借)・第39条・第40条
  • 問15の国土利用計画法第23条(事後届出)
  • 問22の農地法第2条・第3条・第5条、問26の宅地建物取引業法第32条(誇大広告等の禁止)・建築基準法第6条
  • 問27の宅建業法34条の2・第37条
  • 問28の都市計画法第29条
  • 問35の宅建業法第35条
  • 問38の宅建業法第41条

 一見すると○○法○○条も覚えないといけない、と思われるかもしれません。

でも、実際の問題を見たらわかりますが、○○法○○条を覚えずとも解けるように作問されています。

 

受験生には宅建本試験でまず出題されない知識を頭に入れる暇などありません。時間は有限です。

不要な知識をインプットしないことはとても重要なのです。

この点、『2019年版 らくらく宅建塾』には不満が残ります。

◆ほかにも気になる点があります。

例えば国土利用計画法の監視区域・注視区域・規制区域です。『2019年版 らくらく宅建塾』では2ページも割いてます。

宅建初学者の方は知るよしもないことですし合格に不要な知識なのでインプットしないでほしいのですが、監視区域は平成11年12月以降は東京都の小笠原村だけ、注視区域は平成10年9月の改正法施行以来、規制区域は国土利用計画法施行(昭和49年)以来指定された区域はありません(土地・建設産業:土地取引規制 - 国土交通省)。

後述しますが、宅建本試験には毎年のように法改正問題が出題されます。宅建士が問われるのは今現在、社会が直面している問題に対する知識だからです。

この考え方からすれば、ほとんど直面していない(だから使われていない)国土利用計画法の監視区域・注視区域・規制区域についてほぼ出題されないのは当然でしょう。テキストで2ページも使って解説する必要性はないのです(監視区域内の事前届出については出題されているのでまったく勉強する必要がないわけではありません)

気になる点はまだありますが割愛します。

繰り返しますが、宅建本試験に出題されないことまで詳しく勉強する必要はありません。この点、『2019年版 らくらく宅建塾』は問題分析が今ひとつと指摘せざるを得ません。

 

ただ、見方を変えればこれらの点は丁寧に記載しているとも捉えられます。

受験生の中には、「これは民法○○条の○○だから△△なのだ」という覚え方を好む方がいるかもしれませんし(改正民法によって大きく様変わりしますので、今覚える必要性は低いのですけれど・・・)、国土法の注視区域・監視区域・規制区域についても知っておきたいという方だっているかもしれません。

そのような方には向いている宅建テキストではあります。 

なお、平成30年度法改正にからむポイントについては例えば「400万円以下の低廉な空き屋等の売買・交換の媒介報酬」についてはきちんと要点が記載されていました。

インターネットアフターサービス無し→ハガキにて対応

宅建テキストは、一度購入したらそれでOKというわけではありません。

宅建は毎年4月時点の法改正が試験範囲に入ります。出版時期によってはそこをカバーしていないテキストがあるのはある程度やむを得ません。

宅建テキストの中には、この点をインターネットでフォローしているものがあるのですが、『2019年版 らくらく宅建塾』にはネットでのサービスは見当たりません。

ネットサービスがないのは今の時代としては残念ですが、添付されているハガキ(愛読者係行)を出せば「法改正等による追録(正誤表)」が2019年7月中旬〜7月下旬に発送されます。2019年10月末日まで発送対応とのことですが、もし本書を購入したら早めにハガキを投函しましょう。  

長所・短所

  • 昔ながらのテキストが好みの受験生向け
  • 語呂合わせが好きな受験生向け
  • 権利関係重視の受験生向け
  • 宅建本試験に不要な知識まで記載されているのは気がかり
  • インターネットアフターサービスなし

以上、ちょっと辛口でしたが宅建学院『2019年版 らくらく宅建塾』詳細レビューでした。

 

なお、権利関係を含め広範な知識を勉強したい方にはLEC『出る順宅建士合格テキスト』のほうが合っているかもしれません(レビューはこちらです)。

『出る順宅建士合格テキスト』には権利関係の条文名のみならず条文そのものまでをも記載しています。国土法については24ページも使うなど、市販の宅建テキストではもっとも網羅性が高いと言えます。

 

 

【スポンサーリンク】

 

おすすめ宅建テキスト・問題集・過去問題集

宅建テキストは「これで受かった!」というネット記事を鵜呑みにして安易に選ばないほうが賢明です。

試験で問われないことまで書かれているテキストは避けたほうが良い、というのがブログ管理人の考えです。

どの宅建テキストにも長所短所ありますが、1冊だけ宅建独学・初学者向けに選ぶとすれば、LECの『2019年版 きほんの宅建士 合格テキスト』がおすすめです。ただし、記載されていない事項もありますので詳細レビュー(LECの『2019年版 きほんの宅建士 合格テキスト』)を必ずお読みください。

『きほんの宅建士 合格テキスト』で基本をおさえたら宅建みやざき塾のYoutube講義や問題集・過去問で補完しましょう。なお、問題集に収録されている過去問だけでは絶対量が足りません(市販のどの問題集でもそうです)。問題集以外に本試験過去問を最低10年分はきっちりおさえましょう。

 

『きほんの宅建士合格問題集』にはKindle版もありますが、Kindle版へのリンクボタンは仕様により直接商品ページには飛びません。間違ってテキストを購入なさらないようご注意ください。

 

過去問集でおすすめなのは、各問のみならず選択肢それぞれにまで難易度(復習の目安)が付されている『2019年度版みんなが欲しかった!宅建士の12年過去問題集』です。

 

過去問集をもうひとつ。例えば"時効"だけ、"重要事項説明"だけなど、特定分野の過去問を集中的に学習したいなら『2019年度版スッキリとける宅建士 過去問コンプリート12』がとても便利。苦手分野の克服に役立ちます。こちらも各問の難易度と各選択肢の重要度が記載されています。

プライバシーポリシー/©2018-2019 賃貸不動産経営管理士試験合格応援ブログ https://www.chintaikanrishi.com