賃貸不動産経営管理士合格応援ブログ

賃貸不動産経営管理士試験、宅地建物取引士資格試験、FP3級・2級合格を目指す受験生を応援します。

【購入レビュー】2021年版 らくらく宅建塾

2021年版らくらく宅建塾 表紙画像

2021年版らくらく宅建塾 表紙画像

宅建テキストは各出版社から毎年数多く発売されています。当ブログではそれらの中からいくつか厳選して個別にレビューし、『おすすめできる/できない宅建テキスト2021:詳細レビュー(独学・初学者向け)』にまとめました。

『2021年版 らくらく宅建塾』以外の宅建テキストも見ておきたい方はそちらもご一読ください。Amazonへのリンクから紙面デザインを確認できるものもあります。テキスト選びの参考になさってください。

2021年宅地建物取引士資格試験合格を目指し、がんばりましょう。

【新着宅建教材案内】
1月26日発売なのでちょっと情報が遅くなってしまいましたが、『2021年版 パーフェクト宅建士聞くだけ (全3巻)』が実質無料で利用できます。おすすめです。

AmazonにAudible(オーディブル)というサービスがあります。いわゆるオーディオブック(本の文章を音声で聴く)です。

Amazon電子書籍サービスのKindleでもスマホ・タブレットの音声読み上げ機能はありますが、Kindle版宅建テキストは画像と認識されるため、音声読み上げ機能に対応していません。

耳からのインプットは記憶の定着にとても効果があります。でも、テキストCDやDVDは高価なものが多いです。

『2021年版 パーフェクト宅建士聞くだけ (全3巻)』も、販売価格は¥12,500と高価です。

でも、AmazonのAudibleを利用すれば、初めて登録する方は30日間無料で『2021年版 パーフェクト宅建士聞くだけ (全3巻)』を利用できます。しかもダウンロードしたものはAudibleを退会したあとでもそのまま利用できます。

このため、¥12,500の『2021年版 パーフェクト宅建士聞くだけ (全3巻)』の利用が実質無料となります(30日以内の退会手続きをお忘れ無く)。

そして、『2021年版 パーフェクト宅建士聞くだけ (全3巻)』の最大のメリットは12時間20分で宅建試験全範囲を一通り学習できること

1日1時間15分聴けば10日で全範囲を1周できます。

実質無料かつ12時間ほどで宅建試験全範囲を1周できる製品版教材は、管理人の知る限りではこれだけです。

2021年版 パーフェクト宅建士聞くだけ (全3巻)

2021年版 パーフェクト宅建士聞くだけ (全3巻)

 

管理人はAudibleに登録したことがあるので、月額利用料¥1,500を払って『2021年版 パーフェクト宅建士聞くだけ (全3巻)』を聴いてみました。

『2021年版 パーフェクト宅建士聞くだけ (全3巻)』のナレーションは日建学院の教材でおなじみの佐藤まり江さんが担当しており、とても聴きやすいです。スマホ・タブレットの音声読み上げ機能とは比べものになりません。Amazonのページでサンプルを聴けますので試してみてください。

なお、紙版テキストの『2021年版パーフェクト宅建士基本書』と見比べながら聴いたところ、テキストをただ読み上げているのではなく、紙版テキストがなくても要点を理解できるよう丁寧に編集されていました。どの宅建テキストを使っている方でも、無料で使える方にとってはとても有用な教材です。

※誤って「1-Clickで購入する」を選択してCDを購入してしまった場合は返品できます。CDが不要でしたら商品が届いたら開封せずに返品手続きをしてください。CDが必要な方は何度も繰り返し聴いて十分に活用しましょう。

おすすめする宅建テキストとは

おすすめするのは「完走しやすい宅建テキスト」

宅建独学・初学者へおすすめできるのは、次の3点を備えたものです。

  1. テキスト部分が600〜650ページ以内と完走しやすく、
  2. 読みやすく編集されていて、
  3. リンクしている問題集があるもの 

3点について説明します。

①宅建試験は合格者の60%が正解できる問題を得点できれば合格できるよう作問されています。

合格者の60%が正解できる問題のほとんどは基本的事項が問われています。

基本的事項をしっかり学習できるテキストを選び、繰り返し学習することが宅建試験合格への近道です。

そのためには、やたらと学習事項が詰め込まれたテキストより要点が絞られているテキストを使うほうが良いのです。

そして、テキストを買ったら絶対に1ヶ月で完走しましょう!

初めて宅建試験を受ける方にとって宅建の勉強は決して楽ではありませんが、1日20ページほどの学習をノルマにすれば600〜650ページのテキストを1ヶ月で完走できます。

読みやすく編集されたテキストを選びましょう。

600〜650ページのテキストでも、やたらと小さい字やいろんな種類・いろんな色のフォントがページ内にこれでもか詰め込まれたものは知らず知らずのうちに目に負担がかかります。完走の妨げになりかねません。

リンクしている問題集がある宅建テキストを選びましょう。

テキストで学習した項目はその日のうちに解きましょう。

はじめのうちは問題が解けなくて当たり前です。わからない問題はテキストの該当ページを見ながら解いて良いのです。

テキストの該当ページを見ながら解くためには、テキストの該当ページが掲載されている、すなわちテキストとリンクしている問題集が必須です。

テキストと問題集はかならずセットで揃えましょう。

おすすめできない宅建テキスト

◆合格に不要な情報までが詰め込まれていたり、フルカラーでもいろんな色・大きさ・種類のフォントを多用していたり、やたらと語呂合わせを多用する宅建テキストはおすすめできません。

初学者の方に絶対におすすめできないのは、宅建合格レベルをはるかに超えた情報まで記載されているテキストを使うことです。

◆宅建独学・初学者はテキストに書いてあることを全て覚えようとします。合格に不要な知識が多分に含まれていることを知らないままに過剰な情報を覚えようと努力し、時間を無駄に消費します。

その結果、テキストを完走できないまま本試験を迎えてしまうことさえあるのです。

◆初学者にはどこが宅建合格に必要でどこが不要なのかを見極めることができません。宅建合格に結びつかないところまで勉強する必要はないのです。

また、ページ数は多くないものの、やたらと語呂合わせを多用するテキストもおすすめできません。10秒以内で覚えられる短くてインパクトのある語呂合わせは効果的ですが、長い語呂合わせはそうはいきません。しまいには語呂合わせを覚えることに懸命になってしまい、知識の定着がおろそかになるからです。時間のムダです。

◆2021年宅建試験までの貴重な時間を無駄にしないよう、完走しやすいテキスト・問題集を使って6月までに最低3周できるようがんばってください。


では『2021年版 らくらく宅建塾』のレビューにうつりましょう。

『2021年版 らくらく宅建塾』 基本データ

宅建学院発行の『2021年版 らくらく宅建塾』基本データです。 

テキスト基本データ

書名 2021年版 らくらく宅建塾
価格
¥3,300(税込)
Kindke版の価格
分冊の有無
ページ数
523頁(権利関係268頁、宅建業法124頁、
法令上の制限・税・その他131頁
発行所
宅建学院
発行日
2020年12月15日(改訂第3版)
2色刷り(重要ポイントに赤字を使用)
付録
赤シート
ネット情報サービス
著者名
宅建学院
ISBNコード
978-4-909084-46-0

 

◆昨年度版とほぼ同じページ構成で、昨年度版と同じ523頁のボリュームです。昔ながらの分冊なし、まるごと1冊テキストです。索引は巻末に付いてます。

◆Kindle版はありません。

◆発行は宅建学院。以前は週刊住宅新報社から発行されてましたが・・・という話は受験生には不要なインプットなので割愛します。

重要項目が赤字で書かれており、参考書によくある赤シートに対応しています。

◆表紙の巻頭裏に語呂合わせ、巻末裏には2021年の山かけ表が付されています。

語呂合わせは管理人もお世話になりました。「しのごの言わずに建替えろ!」(区分所有法に出てきます)はとても良い語呂合わせです。

しかしながら、本書の語呂合わせの中には覚えるのに四苦八苦するものも数多いです。おすすめできません。

【スポンサーリンク】

 

『2021年版 らくらく宅建塾』 詳細レビュー

それでは宅建学院『2021年版 らくらく宅建塾』の詳細レビューです。

テキストそのものは読みやすくデザインされている

◆テキストそのものは例年と変わらず、読みやすくデザインされています。フォントの大きさも問題ありません。ハズキルーペも不要です(語呂合わせの表記に小さいフォントが使われている程度ですが、ルーペ無しでも読めました)

◆重要ポイントが赤字になっていて、赤シートを重ねると文字が見えなくなります。赤字を中心に覚えていくと良いでしょう。

◆フルカラー印刷ではないため、最近主流になりつつあるカラフルな紙面ではありません。

とは言っても、図・表が多用されており、理解するには問題ありません。「昔ながらの参考書」タイプのテキストが好みの受験生とは相性が良いかもしれません。

◆『らくらく宅建塾』の特徴のひとつが語呂合わせを多用していること

「しのごの言わずに建替えろ!」は区分所有法62条「集会においては、区分所有者及び議決権の各五分の四以上の多数で、建物を取り壊し、かつ、当該建物の敷地若しくはその一部の土地又は当該建物の敷地の全部若しくは一部を含む土地に新たに建物を建築する旨の決議(以下「建替え決議」という。)をすることができる。」についてのものです。

これだけで区分所有建物の建替えには区分所有者及び議決権の各5分の4(しのご)の賛成が必要、ということを覚えられたと思います。

このような、10秒程度でらくらく覚えられ、宅建試験までどころか試験が終わっても記憶に残る語呂合わせは大歓迎です。

◆一方、本書の語呂合わせのなかにはなかなか覚えられない語呂合わせがいくつもあります。

例えば本書の35条、37条、建築確認についての語呂合わせは長過ぎてとても覚えにくいです(管理人はこのテキストで受験して2点足りず不合格になりました・・・)

覚えることに四苦八苦させられ、しかもすぐ忘れてしまうような語呂合わせに時間をかける余裕はありません。

中には自分で語呂合わせを作り出す受験生もいるのではないでしょうか?そんなことはしないようくれぐれもご注意ください。

宅建試験の範囲はとても広いです。覚えることがたくさんあります。もちろん語呂合わせも活用すべきですが、使うべき語呂合わせは10秒程度でらくらく覚えられ、宅建試験までどころか試験が終わっても記憶に残るものに限るべきです。


◆各単元には例題が付されていることがあります。とはいえ、本書はテキストなので収録例題数は少ないです。問題集でカバーしましょう。

宅建本試験に不要な内容が多々見受けられる

本書の「2021年版 ごあいさつ」には、「この本は、苦労して受かりたい方には、おすすめできません。ラクに受かりたい方だけどうぞ。らくらく宅建塾シリーズの歴史の中でも、この2020年版こそ、最高のできばえ!史上空前のわかりやすさを実現しました。」、と書かれています(本書より引用)

しかしながら、『らくらく宅建塾』の内容には、試験合格に不要な箇所が見受けられます。

◆まず目に付くのが「民法○○条」等の条文番号の表記です。『らくらく宅建塾』には条文番号が頻出します。

宅建本試験にも条文番号は頻出します。

しかしながら、本試験問題を解く上で覚えておいた方が良い○○法○○条は農地法3条・4条・5条と宅建業法34条の2・35条・37条くらいです(借地借家法第38条もそうかもしれません)。

ちなみに、令和元年度本試験に登場した条文番号は次の通り。

  • 問5(判決文問題)民法113条
  • 問12 借地借家法39条
  • 問21 農地法3条・4条・5条
  • 問22 国土利用計画法23条(事後届出)
  • 問28 宅建業法35条、住宅の品質確保の促進等に関する法律5条、区分所有等に関する法律2条・3条
  • 問29 宅建業法72条
  • 問30 建築基準法6条
  • 問31 建築士法2条
  • 問34 宅建業法37条
  • 問36 宅建業法37条
  • 問37 宅建業法41条
  • 問38 宅建業法37条
  • 問41 宅建業法35条
  • 問42 宅建業法2条
  • 問43 刑法246条

 一見すると条文番号も覚えないといけない、と思われるかもしれません。

でも、実際の問題を見たらわかりますが、条文番号を覚えずとも解けるように作問されています。

受験生には宅建本試験でまず出題されない知識を頭に入れる暇などありません。

時間は有限です。

不要な知識をインプットしないことはとても重要なのです。

この点、本書には不満が残ります。

◆権利関係についてはまだ不満があります。それは重要法改正点のひとつのである連帯債務における「混同」の記述がないことです。

混同は民法440条「連帯債務者の一人と債権者との間に混同があったときは、その連帯債務者は、弁済をしたものとみなす。」に登場します。今年度試験に出題されるかもしれないポイントにもかかわらず、本書の第11章連帯債務・保証債務(pp.187-205)のどこにも書かれていません(「相続」と言い換えてるものと判断しましたが、定かではありません)

本試験で「混同」と出題文にあった場合、本書で学習した受験生は対応できないかもしれません。ご注意ください。


◆ほかにも気になる点があります。

例えば国土利用計画法の監視区域・注視区域・規制区域です。『2021年版 らくらく宅建塾』では2ページも割いてます(pp.464-465)。

宅建初学者の方は知るよしもないことですし、合格に不要な知識なのでインプットしないでほしいのですが、監視区域は平成11年12月以降は東京都の小笠原村だけ、注視区域は平成10年9月の改正法施行以来、規制区域は国土利用計画法施行(昭和49年)以来指定された区域はありません(土地・建設産業:土地取引規制 - 国土交通省)。

後述しますが、宅建本試験には毎年のように法改正問題が出題されます。宅建士が問われるのは今現在、社会が直面している問題に対する知識だからです。

この考え方からすれば、ほとんど直面していない(だから使われていない)国土利用計画法の監視区域・注視区域・規制区域についてほぼ出題されないのは当然でしょう。テキストで2ページも使って解説する必要性はないのです(監視区域内の事前届出については出題されているのでまったく勉強する必要がないわけではありません)

気になる点はまだありますが割愛します。

繰り返しますが、宅建本試験に出題されないことまで詳しく勉強する必要はありません。この点、『2021年版 らくらく宅建塾』は問題分析が今ひとつと指摘せざるを得ません。

インターネットアフターサービスに対応

宅建テキストは、一度購入したらそれでOKというわけではありません。

宅建は毎年4月時点の法改正が試験範囲に入ります。出版時期によってはそこをカバーしていないテキストがあるのはある程度やむを得ません。

法改正情報への対応については、昨年度までは添付ハガキを郵送する形式だったが、今年度はハガキがなくなり、出版社HPで掲載するようです(巻末索引の次のページに小さく書かれています)。2021年版になってようやく他社宅建テキスト並のネット対応となりました。

正誤表もネットでの公表となります。2021年版についての正誤表はまだ公開されていませんが、本書を利用している受験生は定期的にチェックしたほうが良いです。  

長所・短所

  • 昔ながらのテキストが好みの受験生向け
  • 10秒以内で覚えられる語呂合わせには良いものがある
  • 宅建本試験に不要な知識や覚えにくい語呂合わせまで記載されているのは気がかり

以上、ちょっと辛口でしたが宅建学院『2021年版 らくらく宅建塾』詳細レビューでした。

本書とリンクしている問題集は3冊です。ほかのテキストはたいてい1冊ですので、費用面で受験生に負担がかかります。

プライバシーポリシー/©2018-2021 賃貸不動産経営管理士試験合格応援ブログ https://www.chintaikanrishi.com