賃貸不動産経営管理士合格応援ブログ

賃貸不動産経営管理士試験、宅地建物取引士資格試験、FP3級・2級合格を目指す受験生を応援します。

アガルートアカデミー

【購入レビュー】2022年版 パーフェクト宅建の基本書

厳選通信講座案内

◆フォーサイト行政書士講座、本日5月23日21:00まで早割キャンペーン値引き中です!→フォーサイト行政書士通信講座
◆昨年度賃貸不動産経営管理士試験は合格点が50点中40点と過去最高をマーク。準備不足の受験生には非常に厳しかったです。そんな中、アガルートアカデミー受講生の合格率は70.25%!今年度2022年賃貸不動産経営管理士講座はサポート体制をさらに充実させています。→賃貸不動産経営管理士試験|【2022年合格目標】総合講義/総合カリキュラム
◆昨年度フォーサイト受講生の宅建合格率は82%。しかも2022年度フォーサイト宅建講座はバリューセット3の価格を2万円値下げ。受講しやすくなっています。
フォーサイト 宅地建物取引士 スピード合格講座 2022年試験対策

管理人が購入した『2022年版 パーフェクト宅建の基本書』の表紙画像です。画像の転載・引用は一切禁止です。

2022年版 パーフェクト宅建の基本書

2022年版 パーフェクト宅建の基本書

宅建テキストは各出版社から毎年数多く発売されています。当ブログではそれらの中からいくつか厳選して個別にレビューし、『宅建テキスト2022【独学者向け厳選おすすめ詳細レビュー】 - 賃貸不動産経営管理士合格応援ブログ』にまとめました。

住宅新報出版社『2022年版 パーフェクト宅建の基本書』以外の宅建テキストも見ておきたい方はそちらもご一読ください。Amazonへのリンクから紙面デザインを確認できるものもあります。テキスト選びの参考になさってください。

2022年宅建試験合格を目指し、がんばりましょう!

【誰にもおすすめできる宅建教材案内】

宅建学習の第1段階は「1週間で宅建試験全範囲をざっと把握すること」から始めると良いと思います。試験範囲を知らないまま、見たこともない文言を読み始めても途方にくれてしまいかねないからです。

◆実質無料で宅建学習を始められる教材としておすすめできるのは、『2022年版 パーフェクト宅建士聞くだけ (全3巻)』(全12時間26分)を聞いて宅建試験全範囲を一周することです。

『パーフェクト宅建士聞くだけ (2022年版・全3巻)』AmazonのAudible(オーディブル)というサービスによるオーディオブックです。ちなみに管理人は¥1,500払って聞いてます・・・

『パーフェクト宅建士聞くだけ (2022年版・全3巻)』の販売価格は¥12,500と高価です(購入しなくても良いと思います!誤って購入した場合は開封しないで返品手続きを!)が、AmazonのAudibleサービスに初めて登録する方は30日間無料で利用できます。

全12時間26分ですので、1日108分聞けば1週間で一周できます。もちろん2回目以降は好みの速度で聞いてもかまいません。倍速を活用できるのもオーディオブックのメリットです。

管理人の知る限り、実質無料かつこれほど手軽に宅建試験全範囲を1周できる製品版教材はこれだけです。


◆『パーフェクト宅建士聞くだけ (2022年版・全3巻)』を1週間で1周したあと、30日以内で隙間時間に繰り返し聴きましょう。耳からのインプットは記憶の定着にとても役立ちます。

『パーフェクト宅建士聞くだけ』のナレーションは日建学院の教材でおなじみの佐藤まり江さんが毎年担当しています。とても聴きやすいです。スマホ・タブレットの音声読み上げ機能とは比べものになりません。

※ただし、図表等まではカバーしていませんし、テキストを隅から隅まで説明しているわけではありませんので、これだけで宅建試験に挑むことはできません。

どの宅建テキストを使っている方でも、「無料で使える方にとっては」とても有用な教材です。

◆宅建試験を「受けてみたい」と考えている方もたくさんいらっしゃると思います。私自身、「あの資格を取ってみようかな」と思ってテキストを買って開いたところ、どうにも相性が悪くて・・・せっかく買ったテキスト・問題集が無駄になったことが何回かありました。

そんなことにならないよう、まずは『パーフェクト宅建士聞くだけ』を聞いて、自分が宅建に挑戦できそうかどうか品定めをしてみてください。

聞いてみて「いけそうかな」と思ったら次のステップのテキスト・問題集での基礎固めにうつりましょう。

注:Audibleが不要な方は無料体験期間30日以内に退会してください。退会しないままだと月額¥1,500かかってしまいます。不要なサービスに課金する必要はありません。

『2022年版 パーフェクト宅建士 基本書』 基本データ

『2022年版 パーフェクト宅建士 基本書』基本データです。 

テキスト基本データ

書名 2022年版 パーフェクト宅建士 基本書
価格
¥3,080(税込)
Kindke版の価格
分冊の有無
ページ数
①権利関係272頁②宅建業法126頁
③法令上の制限172頁④税・その他77頁
発行所
(株)住宅新報出版
発行日
2021年12月 21日
二色刷り
付録
ネットサービス
法改正等修正情報についてのみWebで確認可
著者
住宅新報出版
ISBNコード
978-4-910499-13-0


◆『パーフェクト宅建士 基本書』は初版発行が1991年5月という「老舗」の宅建テキスト。分冊なしの丸ごと1冊の宅建テキストです。

◆リニューアル前2019年版の総ページ数は729ページと、完走しにくい宅建テキストでした。

それが、昨年度版からテキスト部分647ページ+巻末法律用語かんたんナビ+索引12ページ、合計659ページにリニューアルされました(とはいえ、2年連続まったく同じページ配分とは・・・)。

◆昨年度版の本書冒頭の「受験オリエンテーション」には、宅建は「100人のうち15人くらい、試験問題50問中35問前後を正解すれば合格」とありましたが、当ブログの昨年度版購入レビューに「しかしながら、令和2年度10月試験の合格点は38点でしたので、受験生は最低でも38点、できれば40点以上を目指しましょう。」と書いたためか、今年度版には「100人のうち15人くらい、試験問題50問中35〜38問前後を正解すれば合格」とありました。最低でも38点、できれば40点以上を目指しましょう。

『2022年版 パーフェクト宅建士 基本書』 詳細レビュー

それでは『2022年版 パーフェクト宅建士 基本書』について2つのレビューポイントをチェックしましょう。

条文番号も含めて学習したい受験生向けとして唯一おすすめできる宅建テキスト

宅建初学者にできないことの一つが、「これまでの宅建本試験にほとんど出題されない情報を見極めること」です。

信頼できる資格スクール・講師はこのことをきちんと教えてくれます。プロを利用する大きなメリットは無駄の少ない学習にあります。

初学者にもできる2つのポイントについてチェックします。

◆1つ目は「民法○○条」と条文番号が書かれているかどうかです。

民法440条とか借地借家法第9条・第33条だのと書かれている宅建テキストもありますが、宅建本試験を解く上でそんなことを覚える必要はまったくありません。

しかしながら・・・

本書では条文番号が書かれています

本文テキストよりも小さいフォントとはいえ、「(民法○○条)」と書かれてあれば当然目に入ります。目に入ったことは覚えようとします。

繰り返しますが、宅建士試験で覚えておくべき条文は宅建業法34条の2・35条・37条、農地法3条・4条・5条くらいです。宅建本試験を解く上で覚える必要がない情報など最初から記載しないほうが受験生にとって大切です。

ただし、テキスト部分が650ページ以内とコンパクトかつ受験生にとってこれまた負荷にしかならないやたら長い語呂合わせを多用しない宅建テキストの中で、条文番号も含めて学習したい受験生にとって、本書は唯一おすすめできる宅建テキストです。

◆それ以外にブログ管理人がチェックポイントとしている国土利用計画法には16ページを割いています。

国土法は試験では得点源です。というのは押さえておくべきポイントとそうでないポイントがはっきりしているからです。

後者について指摘します。

宅建初学者の方は知るよしもないことですし合格に不要な知識なのでインプットしないでほしいのですが、監視区域は平成11年12月以降は東京都の小笠原村だけ、注視区域は平成10年9月の改正法施行以来、規制区域は国土利用計画法施行(昭和49年)以来指定された区域はありません(土地・建設産業:土地取引規制 - 国土交通省)。

宅建本試験には毎年のように法改正問題が出題されます。宅建士が問われるのは今現在、社会が直面している問題に対する知識だからです。

この考え方からすれば、ほとんど直面していない(だから使われていない)国土利用計画法の監視区域・注視区域・規制区域についてほぼ出題されないのは当然でしょう。テキストで詳しく解説する必要性は少ないのです(監視区域内の事前届出については出題されているのでまったく勉強する必要がないわけではありません)

問題分析の結果を受験生に伝える努力を怠らない宅建テキストならどこかに注釈があります。例えば『宅建士 合格のトリセツ 基本テキスト』第3編p.78には「監視区域は現在、東京都の小笠原村のみ。規制区域に関しては、今まで一度も指定されたことはありません。注視区域も平成10年の法改正で創設されてから今まで指定された区域はありません。よって、試験問題もほとんどが事後届出制で、まれに事前届出制が出題される程度です」とあります。

このような、受験生にとって有益なアドバイスがない点は否めません。とはいえ、本書p.548の「直近12年間の出題実績&攻略法」に「出題の中心は、法の中核でもある「土地取引の事後届出制」である。試験対策としては、事後届出制の手続きの流れをまず理解しよう」とあります。事前届出制・および土地取引の許可制は3ページのみとなっています。事後届出制についてしっかり学習してください。

◆もう1つのチェックポイントである宅建士の罰則については、リニューアル前は3ページにわたって36も詰め込んでいました。とてもじゃありませんが覚えきれませんし、全部覚える必要もなかったため、問題分析の結果を読者に伝える配慮が欠けていると指摘せざるを得ませんでした。

リニューアル後は、「直近12年間の出題実績&攻略法」に「罰則の内容も多岐にわたる。全部を覚えるのはムダが多いので・・・」とあり、主なものについてだけ記載されています。この改善点は2022年版にも引き継がれています。

テキスト全般にわたってフォントが小さい

テキストは2色刷で強調には黒太字と赤太字が用いられています。これはリニューアル前と変わっていません。

ただし、リニューアル前は全体としてフォントが小さいため読みにくかった点はずいぶん改善されています。一部に小さいフォントを用いてはいるものの、宅建テキストとしては標準的と言えるでしょう。

とはいえ、本書でも読みにくいと感じる方はいるかと思います。Amazonで本書のイメージを見ることができますので、購入前にご確認ください。

インターネットアフターサービスあり

宅建テキストは、一度購入したらそれでOKというわけではありません。

宅建は毎年4月時点の法改正が試験範囲に入ります。出版時期によってはそこをカバーしていないテキストがあるのはある程度やむを得ません。

この点をフォローするのがインターネットアフターサービスです。

住宅新報出版HPにてチェックしたところ『2022年版 パーフェクト宅建士 基本書』については今のところ誤植等はありません(2022年4月28日現在)。

なお、読者特典として2021年度12月実施宅建試験の試験問題と解説を無料でダウンロードできます。

長所・短所

  • リニューアルによってテキスト部分が650ページ以内となり、完走しやすくなった
  • 650ページ以内の宅建テキストで条文番号も含めて学習したい受験生向け
  • 分野別過去問題集が本書とリンクしていない

『分野別過去問題集』は本書とリンクしていません。ご注意ください。

プライバシーポリシー/運営者情報/©2018-2021 賃貸不動産経営管理士試験合格応援ブログ https://www.chintaikanrishi.com