賃貸不動産経営管理士合格応援ブログ

賃貸不動産経営管理士試験、宅地建物取引士資格試験、FP3級・2級合格を目指す受験生を応援します。

【宅建テキスト詳細レビュー】日建学院 2020年度版 どこでも学ぶ宅建士 基本テキスト

2020年度版どこでも学ぶ宅建士基本テキスト表紙画像

2020年度版どこでも学ぶ宅建士基本テキスト表紙画像

宅建テキストは各出版社から毎年数多く発売されています。当ブログではそれらの中からいくつか厳選して個別にレビューし、『おすすめできる・おすすめできない宅建テキスト:詳細レビュー【2020宅建試験に向けて】』にまとめました。

日建学院『2020年度版 どこでも学ぶ 宅建士基本テキスト』以外の宅建テキストも見ておきたい方はそちらもご一読ください。Amazonへのリンクから紙面デザインを確認できるものもあります。テキスト選びの参考になさってください。

2020年宅地建物取引士資格試験合格を目指し、がんばりましょう。

宅建テキストについてのブログ管理人の考え

市販テキストで宅建を勉強する独学・初学者にとって、宅建テキスト選びは何より大切です。

宅建テキストについてのレビューポイントは主に次の二つです。

  1. 合格に不要な情報が掲載されていないかどうか
  2. 読みやすいフォント・色・紙面構成にデザインされているか

① テキスト選びで何よりも大切なことは、合格に不要な情報が掲載されていないことです。

テキストに必要な知識を記載するのは当然です。しかしながら、試験では問われない・出題されない知識、すなわち合格に不要な知識までを記載しているテキストは本末転倒です。

ありていに言えば内容を厳選しているかどうか、ということに尽きます。実はこれが難しい。むしろ詳しく長く多くのことを書く方が楽なのです。

宅建を初めて受ける方が「宅建 テキスト おすすめ」で検索し、上位表示の記事がすすめるテキストを漫然と選んでしまうのもしかたないと思います。

でも、そういった記事のおすすめテキストの中には宅建本試験にはまず出題されない知識を何年も続けて掲載しているものが見受けられます。この見極めは宅建初学者にはまずできません。

でも、ちょっと考えてみてください。本試験に出題される可能性が非常に低い知識までインプットすることが受験生にとって有益と言えるでしょうか?

ブログ管理人はそうは思いません。

時間は有限な資源です。仕事や家事や学業の合間を縫って勉強する受験生には、本試験に不要な知識までインプットする時間はありません。

合格に不要な情報が掲載されていないテキストを選ぶことは何よりも重要なのです。

※もちろん、時間が自由に使える場合はその限りではありません。

② 読みやすいフォント・色・紙面構成になっているテキストを選ぶことは、その次に重要です。なぜなら、テキストの読みやすさは視覚への負荷の度合いに直結するからです。

小さなフォントで書かれていると、それだけで視覚に負荷がかかります。いろんな種類・大きさのフォントが使われていたらなおさらです。

色使いと構成もそうです。

小さな字や図表が紙面にぎっしり詰め込まれているテキストは読みやすいでしょうか?

今やフルカラーのテキストが主流になりつつありますが、フルカラーだからと言って読みやすくデザインされているとは限りません。

読みやすさを意図したはずが、むしろ情報過多になっているフルカラーテキストも見受けられます。

テキストは合格まで長い時間を共にする相棒です。

繰り返し繰り返し何度も何度もひらくテキストは、読みやすいフォント・色・構成にデザインされたものを選ぶべきです。

①合格に不要な情報までもが掲載されていない、すなわち情報が厳選されていて②読みやすいフォント・色・構成にデザインされたテキストはさくさく読み進められます。

なお、宅建テキストの「文章の書き方・説明の仕方」については評価対象外にしています。はっきり言ってどのテキストも大差ありません。文章のちょっとした書き方の差が合格を左右するほど宅建は甘くないです。

この数字を見たらやる気を無くすかもしれませんが、市販書籍を使う受験生の合格率は推計8%前後。市販テキストで独学する宅建受験生が10万人とすれば合格するのはそのうち8000人しかいないことになります。市販テキストによる独学での宅建合格はかなりの狭き門なのです。

それでも独学で宅建を受験するのであれば、無駄が少なく、目が疲れにくく読みやすいテキストを早々に1周し、問題集・過去問集・ネットで視聴できる優良コンテンツ(宅建みやざき塾の無料Youtube講義は本当におすすめです)を組み合わせて反復学習するしかありません。

どんなに丁寧に書かれているテキストであろうと、1回読んだだけで宅建本試験問題に挑んでもろくな点はとれません。だからこそ宅建テキストは何回も何回も読み込む必要があります。

そのためにはさくさく読めること=インプット項目を厳選しているテキストのほうが望ましい、というのがブログ管理人の考えです。

前置きが長くなりました。

では日建学院『2020年度版 どこでも学ぶ 宅建士基本テキスト』のレビューに移りましょう。

日建学院『2020年度版 どこでも学ぶ宅建士 基本テキスト』 基本データ

日建学院『2020年度版 どこでも学ぶ宅建士 基本テキスト』 基本データです。 

テキスト基本データ

書名 日建学院『2020年度版 どこでも学ぶ宅建士 基本テキスト』
価格
¥3,080(税込)
Kindke版の価格
分冊の有無
ページ数
権利関係242ページ、宅建業法174頁、法令上の制限134ページ、
税・鑑定41ページ、免除科目49ページ
編著
日建学院
発行日
2019年12月10日
二色刷り
付録
ネットサービス
著者名
宅建合格点予想実績
35点・36点・37点(的中)


◆最近の宅建テキストは分冊版が目立ちますが、日建学院『2019年度版 どこでも学ぶ宅建士 基本テキスト』は分冊なしのまるごと1冊テキストです。テキスト部分は巻末索引を含めて651ページです。

「どこでも学ぶ」には大振りな1冊です。

◆内容は5編からなり、権利関係、宅建業法、法令上の制限、税・鑑定、免除科目の順となっています。免除科目の統計には最新情報を伝えるURLも記載されています。

◆各編の冒頭には「本試験の傾向分析と対策」があります。

傾向分析と対策は次の3項目から成っています。初学者にはとても参考になります。必ず目を通しましょう。

  1. 10年間の出題実績
  2. 出題の傾向分析・得点目標
  3. 総論・全体構造と学習法

◆出題実績は表になっていて、どの項目のどの問題がいつ、どれくらい出題されたのかが一目でわかるようになっています。

例えば連帯債務は平成29年度の1問だけ出題、8種制限はここ10年のうち9年で3問以上出題、統計では土地白書が10年連続で出題されている、なんてことがすぐ読み取れます。

この出題実績は各項目の重要度に直結しています。重要度はS・A・B・Cの4ランク。とはいえ、宅建ではCランクであっても気を抜いてはいけません。

◆出題の傾向分析・得点目標では、得点目標が参考になります。

初学者の方は得点目標を参考にしましょう。なぜなら、初めて宅建を受験する場合、宅建本試験50問について各分野の得点目標、そして勉強のペース配分をあまり考えないかもしれないからです。

「民法が難しそうだからはじめは重点的に勉強して民法からなるべく点を取ろう。宅建業法は簡単そうだから後回しにしてもなんとかなるかな・・・」なんてことをすると痛い目に遭いかねません。

なお、宅建業法は満点を取るつもりで臨みましょう。 

◆Kindle版はありません。

◆編著は日建学院、発行は建築資料研究社。同社は1969年に設立され、1976年に日建学院を開設しています。というのは余計なインプットですね。

◆重要項目は黒太字と赤太字で強調されています。ただし赤シートには対応していません。

【スポンサーリンク】

 

日建学院『2020年度版 どこでも学ぶ宅建士 基本テキスト』 詳細レビュー

それでは日建学院『2020年度版 どこでも学ぶ宅建士 基本テキスト』について2つのレビューポイントをチェックしましょう。

本試験合格に不要なことまで説明されているため、インプットの取捨選択が重要

宅建初学者にできないことの一つが、「これまでの宅建本試験にほとんど出題されない情報を見極めること」です。

信頼できる資格スクール・講師はこのことをきちんと教えてくれます。プロを利用する大きなメリットは無駄の少ない学習にあります。

初学者にもできる2つのポイントについてチェックします。

◆1つ目は「民法○○条」と書かれているかどうかです。

民法○○条とか借地借家法第9条・第33条だのと書かれている宅建テキストもありますが、宅建本試験を解く上でそんなことを覚える必要はまったくありません。

本書では「民法○○条」とは書かれていませんでした。(※ただし宅建業法「34条の2書面」「35条書面」はあっても良かったと思います)

◆2つ目は国土利用計画法です。『らくらく宅建塾』のレビューでも書きましたが、国土利用計画法の監視区域・注視区域・規制区域についてはほぼ出題されていません(監視区域内の事前届出についてのみ出題されています)。したがって、国土法を丁寧に解説しているテキストはおすすめできません。

本書では事前届出制・注視区域・監視区域・規制区域について一通り説明されているのが気になります。欄外の『Hint』に「宅建試験では出題可能性が低いので、まずは、(中略)事後届出制をキッチリ攻略しましょう」とあります。この指示に従いましょう。 

欄外のHintには「細かい暗記は後回しにしましょう」等のアドバイスが書かれています。インプットすべき事項とそうでない事項の取捨選択が大切ですので、しっかり目を通しましょう。

丁寧に書かれているため分量が多く、初学者は消化不良になるかもしれない

◆日建学院『2020年度版 どこでも学ぶ宅建士 基本テキスト』は全体的に丁寧に書かれている宅建テキストです。

例えば日本学生支援機構の奨学金で問題になった保証人について覚えている方がいると思います。

連帯保証についてみると、他の宅建テキストでは「債権者Aに対して主たる債務者Bのほかは連帯保証人C・連帯保証人D(もしくは連帯保証人E)」という例をあげるものがほとんどなのに対し、本書では「債権者Aに対し主たる債務者B・連帯保証人C・連帯保証人D・保証人E」として保証人Eの保証債務は分別の利益があるため1/3になると書かれています(p.101)。

あくまで一例ですが、このような説明の仕方はとても好ましいです。

◆しかしながら、丁寧な説明をしているということは、裏返せば情報量も多いことになります。初学者がさくさく読み進めるには分量が多いと言わざるを得ません。

初学者には宅建本試験でインプットすべきこととそうでないことの区別ができないため、「テキストに書かれていることはできるだけインプットする」傾向にあります。気負った挙げ句、テキスト全体に手が回らず苦手分野を放置しかねません。

本書は、丁寧に記載されている分、インプット(しなければと思わせる)量が多いため、初学者は消化不良になるかもしれないと思われます。

もちろん丁寧なテキストですので、時間に余裕がある受験生が取り組むには向いているでしょう。

一方、仕事や家事で時間があまりとれない受験生にはいささか不向きと思われます。

◆ネガティブなことをもう1つ指摘しておきます。それは民法改正への対応です。

『ゼロからスタート!水野券の宅建士1冊目の教科書2020年版』p.5にはこう書かれています。

宅建士試験では多いときには6、7カ所で改正点に関する知識が問われていることもあります。これは、ほかの国家試験と比べた場合の、大きな特徴、特殊性といえるかもしれません。

2020年度試験は民法改正からかならず出題されると予想されます。

それにもかかわらず、本書で民法改正に触れているのは序章p.3の3行だけ。しかもテキスト中に改正点を示すポイントがありません。これではどこが改正点なのか受験生にはわかりません。

2020年度最大のポイントである民法改正について前書きで触れられているLEC『宅建士合格のトリセツ基本テキスト』とLEC『2020年版 出る順宅建士 合格テキスト』にくらべると受験生に不親切と指摘せざるを得ません。

※LECのテキスト2冊についてはそれぞれのレビューをご参照ください。

【宅建テキスト詳細レビュー 】2020年版宅建士合格のトリセツ基本テキスト(LEC)

【宅建テキスト詳細レビュー】出る順宅建士合格テキスト2020年度版 


では、デザインについてチェックしましょう。

読みやすくデザインされている宅建テキスト

すでに述べた通り、テキストは2色刷で強調には黒太字と赤太字が用いられています。

  • テキスト本文・要点整理のフォントは読みやすいです。
  • 図・表のフォントも読みやすいです。
  • フキダシ(キャラクターが話しかける部分)のフォントも読みやすいです。
  • 用語解説・Hint・プラスα等が欄外にあり、それらには小さいフォントが用いられていますが、いずれも問題ありません。

総じて読みやすいテキストになっています。

ただし、表の中には行間が狭くて文字が詰め込まれているものがあります。文章にピンポイントで蛍光ペンをひきたいときにちょっと難儀するかもしれません。

読みやすいデザインのテキストではありますが、情報量の多いページ(文字が詰め込まれているページ)が目につきます。このため、初学者がさくさく読み進められるデザインになっているとは言い難い、というのが正直なところです。 

インターネットアフターサービスあり

宅建テキストは、一度購入したらそれでOKというわけではありません。

宅建は毎年4月時点の法改正が試験範囲に入ります。出版時期によってはそこをカバーしていないテキストがあるのはある程度やむを得ません。

この点をフォローするのがインターネットアフターサービスです。

日建学院『2020年度版 どこでも学ぶ宅建士 基本テキスト』には、法改正、統計情報、訂正・追録のみならず、「宅建合格への道2020」と銘打った宅建本試験攻略ポイント等のインターネットサービスが用意されています。

本書を購入したら法改正・統計情報・訂正・追録は、定期的にかならずチェックしましょう。

なお、「宅建合格への道2020」の利用については申込が必要なものがありますのでご注意ください。

長所・短所

  • 丁寧に書かれている(その分、情報量は多い)
  • 時間に余裕のある受験生向け
  • インターネットアフターサービスあり
  • 初学者がさくさく読み進められるテキストとは言い難い
  • あまり勉強時間がとれない受験生にはおすすめしない

日建学院『2020年度版 どこでも学ぶ宅建士 基本テキスト』は丁寧に書かれている宅建テキストです。

しかしながら、「初学者がさくさくと繰り返し読みこなしてどんどんインプットする」タイプの宅建テキストというよりは、「時間に余裕のある受験生に向いている宅建テキスト」と判断しました。

自分の勉強スタイルに合った宅建テキストを選択することをおすすめします。

【スポンサーリンク】

 

おすすめ宅建テキスト・問題集・過去問題集

宅建テキストは「これで受かった!」というネット記事を鵜呑みにして安易に選ばないほうが賢明です。

試験で問われないことまで書かれているテキストは避けたほうが良い、というのがブログ管理人の考えです。

ブログ管理人は自腹で宅建テキスト・問題集を買い込み(かなりの出費ですが・・・)レビューを執筆しています。

これまで、宅建テキスト詳細レビュー 】2020年版宅建士合格のトリセツ基本テキスト(LEC)『2020年版 らくらく宅建塾』【宅建独学者向けテキスト】みんなが欲しかった! 宅建士の教科書 2020年度版 詳細レビュー TAC『2019年度版 スッキリわかる宅建士 テキスト+過去問スーパーベスト日建学院 『2019年度版 どこでも学ぶ宅建士 基本テキスト の詳細レビューを書きました。

レビューのまとめはおすすめできる・おすすめできない宅建テキスト:詳細レビュー【2020宅建試験に向けて】 Check!をご参照ください。

※注:レビューのまとめ記事は一部を除き多くが2019年版宅建テキストについてのものですが、2020年版のレビューを順次更新中です。

どの宅建テキストにも長所短所あるのですが、1冊だけ宅建初学者の方向けに選ぶとすれば、LECの『2020年版 宅建士合格のトリセツ基本テキスト』がおすすめです。ただし、記載されていない事項もありますので詳細レビュー(【宅建テキスト詳細レビュー 】2020年版宅建士合格のトリセツ基本テキスト(LEC) )を必ずお読みください。

なお、姉妹本の問題集に収録されている過去問だけでは絶対量が足りません(市販のどの問題集でもそうです)。問題集以外に本試験過去問を最低10年分はきっちりおさえましょう。

『きほんの宅建士 合格テキスト』の2020年度版が発売されました。


『宅建士合格のトリセツ基本テキスト』で基本をおさえたら問題集・過去問集を繰り返しましょう。

勉強方法ですが、『宅建士合格のトリセツ基本テキスト』を1周してから問題集に取り組む方法と、テキストの各単元を読んだら該当箇所の問題集・過去問に取り組む方法があります。短期間でより効果が上がるのは後者だと思います。

『きほんの宅建士合格問題集』にもKindle版があります。

 

問題集に収録されている過去問だけでは絶対量が足りません(市販のどの問題集でもそうです)。問題集以外に本試験過去問を最低10年分はきっちりおさえましょう。

 

過去問集でおすすめなのは、各問のみならず選択肢それぞれにまで難易度(復習の目安)が付されている『2020年度版みんなが欲しかった!宅建士の12年過去問題集』です。

 

過去問集をもうひとつ。例えば"時効"だけ、"重要事項説明"だけなど、特定分野の過去問を集中的に学習したいなら『2020年度版 スッキリとける宅建士 論点別12年過去問題集』がとても便利。苦手分野の克服に役立ちます。こちらも各問の難易度と各選択肢の重要度が記載されています。

プライバシーポリシー/©2018-2020 賃貸不動産経営管理士試験合格応援ブログ https://www.chintaikanrishi.com