賃貸不動産経営管理士合格応援ブログ

賃貸不動産経営管理士試験、宅地建物取引士資格試験、FP3級・2級合格を目指す受験生を応援します。

【宅建テキスト詳細レビュー】出る順宅建士合格テキスト2019年度版

宅建テキストは、ブログ管理人が購入しただけでも各出版社から16冊発売されています。そのうち、現時点で7冊それぞれについて個別にレビューし、『【宅建テキスト・問題集・過去問題集】独学・初学者向けおすすめレビュー』にまとめました。LEC『2019年版 出る順宅建士 合格テキスト』以外の宅建テキストも見ておきたい方はそちらもご一読ください。Amazonへのリンクから紙面デザインを確認できるものもあります。テキスト選びの参考になさってください。

2019年宅地建物取引士資格試験合格を目指し、がんばりましょう。

2019年版 出る順宅建士 合格テキスト 表紙画像

2019年版 出る順宅建士 合格テキスト 表紙画像

宅建テキストについてのブログ管理人の考え

市販テキストで宅建を勉強する独学・初学者にとって、宅建テキスト選びは何より大切です。

宅建テキストについてのレビューポイントは主に次の二つです。

  1. 合格に不要な情報が掲載されていないかどうか
  2. 読みやすいフォント・色・紙面構成にデザインされているか

① テキスト選びで何よりも大切なことは、合格に不要な情報が掲載されていないことです。

テキストに必要な知識を記載するのは当然です。しかしながら、試験では問われない・出題されない知識、すなわち合格に不要な知識までを記載しているテキストは本末転倒です。

ありていに言えば内容を厳選しているかどうか、ということに尽きます。実はこれが難しい。なぜなら、過去の出題傾向を的確に分析しなければできないことだからです。

むしろ詳しく長く多くのことを書く方が楽なのです。これまで出題された事項について網羅すれば良いのですから。

宅建を初めて受ける方が「宅建 テキスト」や「宅建 テキスト おすすめ」で検索し、上位表示の記事がすすめるテキストを漫然と選んでしまうのもしかたないと思います。

でも、そういった記事のおすすめテキストの中には宅建本試験にはまず出題されない知識を何年も続けて掲載しているものが見受けられます。この見極めは宅建初学者にはまずできません。

でも、ちょっと考えてみてください。本試験に出題される可能性が非常に低い知識までインプットすることが受験生にとって有益と言えるでしょうか?

ブログ管理人はそうは思いません。

時間は有限な資源です。仕事や家事や学業の合間を縫って勉強する受験生には、本試験に不要な知識までインプットする時間はありません。

合格に不要な情報が掲載されていないテキストを選ぶことは何よりも重要なのです。

※もちろん、時間が自由に使える場合はその限りではありません。

② 読みやすいフォント・色・紙面構成になっているテキストを選ぶことは、その次に重要です。なぜなら、テキストの読みやすさは視覚への負荷の度合いに直結するからです。

小さなフォントで書かれていると、それだけで視覚に負荷がかかります。いろんな種類・大きさのフォントが使われていたらなおさらです。

構成と色使いもそうです。

小さな字や図表が紙面にぎっしり詰め込まれているテキストは読みやすいでしょうか?

今やフルカラーのテキストが主流になりつつありますが、フルカラーだからと言って読みやすくデザインされているとは限りません。

読みやすさを意図したはずが、むしろ情報過多になっているフルカラーテキストも見受けられます。

◆テキストは合格まで長い時間を共にする相棒です。

繰り返し繰り返し何度も何度もひらくテキストは、読みやすいフォント・色・構成にデザインされたものを選ぶべきです。

そして、①と2が揃ったテキストはさくさく読み進められます。

なお、宅建テキストの「文章の書き方・説明の仕方」については評価対象外にしています。はっきり言ってどのテキストも大差ありません。文章のちょっとした書き方の差が合格を左右するほど宅建は甘くないです。

この数字を見たらやる気を無くすかもしれませんが、市販書籍を使う受験生の合格率は推計8%前後。市販テキストで勉強した宅建受験生が10万人とすれば、合格者は8000人しかいないことになります。市販テキストによる独学での宅建合格はかなりの狭き門なのです。

それでも独学で宅建を受験するのであれば、特に初学者は無駄が少なくて目が疲れにくいテキストを早々に1周し、問題集・過去問集・ネットで視聴できる優良コンテンツ(宅建みやざき塾の無料Youtube講義は本当におすすめです)などを組み合わせて何度も何度も反復学習するしかありません。

どんなに丁寧に書かれているテキストであろうと、1回読んだだけで宅建本試験問題に挑んでもろくな点はとれません。だからこそ宅建テキストは何回も何回も読み込む必要があります。

そのためにはさくさく読める="インプット項目を厳選し、読みやすくデザインされているテキスト"が望ましい、というのがブログ管理人の考えです。

長い前置きをお読みくださり、ありがとうございました。

ではLEC『2019年版 出る順宅建士 合格テキスト』のレビューに移りましょう。

LEC『2019年版 出る順宅建士 合格テキスト』 基本データ

LEC『2019年版 出る順宅建士 合格テキスト』基本データです。 このテキストは3冊構成になっています。「3分冊」ではなく「3冊」です。

テキスト基本データ

書名 2019年版 出る順宅建士 合格テキスト
価格
①権利関係¥2,484 ②宅建業法¥2,052
③法令上の制限・税・その他¥3,024(税込)
Kindke版の価格
有 ①権利関係¥2,300 ②宅建業法¥1,900
③法令上の制限・税・その他¥2,800
分冊の有無
ページ数
①権利関係428ページ ②宅建業法306頁
③法令上の制限・税・その他469頁
発行所
東京リーガルマインド
発行日
2018年12月20日(第32版)
二色刷り
付録
ネットサービス
著者名
著者の宅建合格点予想実績


◆最近の宅建テキストは分冊版が目立ちますが、LEC『2019年版 出る順宅建士 合格テキスト』は分冊なし、その上3冊シリーズとなっている宅建テキストです。

このテキストは次の3冊から成っています。

  1. 権利関係(428頁)
  2. 宅建業法(306頁)
  3. 法令上の制限・税・その他(469頁)

ページ数はいずれもテキスト部分のみ(巻頭の「はしがき」や「本書の使い方」は含まず)、総ページ数は1203ページになります。ブログ管理人が知る限りでは市販の宅建テキストでは最大の分量を誇ります。

◆重量は権利関係530g、宅建業法395g、法令上の制限520g、合計1,445gは13インチMacbook Proを超えます。常時持ち運ぶには重すぎますが、宅建テキストでは数少ないKindle版が用意されています。Kindle判のほうが低価格です。

 

 


◆各編の冒頭には、テキストの使い方とガイダンスがあります。ただ、本書は宅建合格発表が終わった12月20日発行にもかかわらず、ガイダンスでは平成30年度試験の合格点が空欄になっていて「宅建士試験に合格するためには、7割程度の点数をとれるかどうかが目安となる」とあるのが気になります。

ご存じの通り、平成30年度の合格点は37点。したがって、宅建本試験で38点(7割6分)はとらないと安心できなくなっています。心して受験勉強に取り組んでください。

◆各章には重要度ランク(A・B・C)と過去10年間の出題傾向が、各項目には過去10年間の出題問題数(例えば取得時効は過去10年間で5回出題など)が付されています。なにしろ分量が多いテキストですので、出題傾向を目安にメリハリを付けて学習するほうが良いかもしれません。

◆発行はLECです。

◆重要項目は黒太字と赤太字で強調されています。赤太字は赤シートをかぶせると読めなくなりますが、他の文字(枠のタイトル)なども読めなくなります。赤シートを使っての学習用にはデザインされてません。

◆なお、タイトルにある「出る順」とは"はじめて受験勉強を開始する読者の方がスムーズに受験対策に入れるように、試験に「出る順」に解説"とのことです。でも、それなら権利関係の次の巻を宅建業法ではなく法令上の制限・税にしてもよさそうなのですが・・・

◆なお、本書はLEC各講座の教材のみならず、5問免除登録講習教材にもなっています。

【スポンサーリンク】

 

LEC『2019年版 出る順宅建士 合格テキスト』 詳細レビュー

それでは日建学院『2019年度版 どこでも学ぶ宅建士 基本テキスト』について2つのレビューポイントをチェックしましょう。

本試験合格に不要な民法条文まで書かれているため、初学者にはおすすめしない

宅建初学者にできないことの一つが、「これまでの宅建本試験にほとんど出題されない情報を見極めること」です。

信頼できる資格スクール・講師はこのことをきちんと教えてくれます。プロを利用する大きなメリットは無駄の少ない学習にあります。

初学者にもできる2つのポイントについてチェックします。

◆1つ目は「民法○○条」と書かれているかどうかです。

民法○○条とか借地借家法第9条・第33条だのと書かれている宅建テキストもありますが、宅建本試験を解く上でそんなことを覚える必要はまったくありません。

しかしながら・・・

本書では「民法○○条」と書かれているのみならず、条文までもが記載されています。

ブログ管理人は市販されているうち13の宅建テキストを購入しましたが、条文まで記載しているのは本書だけでした。初学者で時間のない方には負担にしかなりません。おすすめできません。

ただし、条文まで学習したいという方にはこれ以上ないほどうってつけの宅建テキストと言えます。

◆2つ目は国土利用計画法です。『らくらく宅建塾』のレビューでも書きましたが、宅建本試験では国土利用計画法の監視区域・注視区域・規制区域についてはほぼ出題されていません(監視区域内の事前届出についてのみ出題されています)。遊休土地に関する措置についても過去10年間で一度も出題されていません(※多くの宅建テキストにはそもそも遊休土地に関する措置についての記載自体ありません)

本書では国土法に24ページも割いています。そこまでの知識は不要です。

国土法に限らず、宅建本試験にまず出題されないことまでしっかり勉強したい方は選択してもかまわないでしょう。ですが、宅建初学者にはおすすめできません。

分量が多すぎるため、初学者には不向き

LEC『2019年版 出る順宅建士 合格テキスト』は、市販宅建テキストの中では破格の分量を誇っています。

宅建本試験レベルを超えた知識まで習得しておきたい方にはおすすめできるテキストです。

一方、初学者にはまったく不向きなテキストと言わざるを得ません。時間に制約にある中で要点を学ぶタイプの構成にはなっていないからです。 


ではデザインについてチェックしましょう。

読みやすくデザインされている宅建テキスト

すでに述べた通り、テキストは2色刷で強調には黒太字と赤太字が用いられています。

  • 各項目冒頭の「ケーススタディ」およびテキスト本文のフォントは読みやすいです。
  • 図・表のフォントも読みやすいです。
  • アドバイス・プラスα等が欄外にあり、それらには小さいフォントが用いられていますが、いずれも問題ありません。

テキストそのものは総じて読みやすくデザインされています。

読みやすいデザインのテキストではありますが、なにしろ情報量が多すぎます。購入する場合は勉強時間をどう確保するか、そしてインプット項目をどう取捨選択するかが重要になるでしょう。時間に制約がある方および初学者には重荷です。

インターネットアフターサービスあり

宅建テキストは、一度購入したらそれでOKというわけではありません。

宅建は毎年4月時点の法改正が試験範囲に入ります。出版時期によってはそこをカバーしていないテキストがあるのはある程度やむを得ません。

この点をフォローするのがインターネットアフターサービスです。

LEC『2019年版 出る順宅建士 合格テキスト』には、法改正、統計情報等のインターネットサービスが用意されています。

※目次の次のページにインターネット情報提供サービスについて書かれています。なお本書第3巻には統計について記載されていて、そこでもインターネット情報提供サービスを参照とのことが書かれています。

LEC『2019年版 出る順宅建士 合格テキスト』を購入したら定期的にかならずチェックしましょう。

長所・短所

  • 市販宅建テキストで最高の情報量を誇る
  • 時間に余裕のある受験生向け
  • インターネットアフターサービスあり
  • 初学者がさくさく読み進められるテキストではない

市販宅建テキストで最も情報量が多いのは本書LEC『2019年版 出る順宅建士 合格テキスト』です。試験範囲を超えてまでもがっちり勉強したい方にとってこれ以上のテキストはないでしょう。

一方、「初学者がさくさくと繰り返し読みこなしてどんどんインプットする」タイプの宅建テキストではありません。

初学者の方にはさくさく読めるものをメインテキストとして選ぶことをおすすめします。メインテキストを何周もし終え、より深く学習したくなったら本書を利用するのが良いかもしれません。

 

 

 

本書には連動している問題集『ウォーク問過去問題集』があります。こちらも3冊シリーズになります(購入してありますので、いずれレビューします)。Kindle版の価格は紙版よりちょっと安くなっています。

 

 

【スポンサーリンク】

 

おすすめ宅建テキスト・問題集・過去問題集

宅建テキストは「これで受かった!」というネット記事を鵜呑みにして安易に選ばないほうが賢明です。

試験で問われないことまで書かれているテキストは避けたほうが良い、というのがブログ管理人の考えです。

どの宅建テキストにも長所短所ありますが、宅建独学・初学者向けに1冊だけ選ぶとすれば、LECの『2019年版 きほんの宅建士 合格テキスト』がおすすめです。ただし、記載されていない事項もありますので詳細レビュー(LECの『2019年版 きほんの宅建士 合格テキスト』)を必ずお読みください。

『きほんの宅建士 合格テキスト』で基本をおさえたら宅建みやざき塾のYoutube講義や問題集・過去問で補完しましょう。なお、問題集に収録されている過去問だけでは絶対量が足りません(市販のどの問題集でもそうです)。問題集以外に本試験過去問を最低10年分はきっちりおさえましょう。

 

『きほんの宅建士合格問題集』にもKindle版があります。

 

過去問集でおすすめなのは、各問のみならず選択肢それぞれにまで難易度(復習の目安)が付されている『2019年度版みんなが欲しかった!宅建士の12年過去問題集』です。

 

過去問集をもうひとつ。例えば"時効"だけ、"重要事項説明"だけなど、特定分野の過去問を集中的に学習したいなら『2019年度版スッキリとける宅建士 過去問コンプリート12』がとても便利。苦手分野の克服に役立ちます。こちらも各問の難易度と各選択肢の重要度が記載されています。

プライバシーポリシー/©2018-2019 賃貸不動産経営管理士試験合格応援ブログ https://www.chintaikanrishi.com