賃貸不動産経営管理士合格応援ブログ

賃貸不動産経営管理士試験・宅地建物取引士資格試験・FP技能検定合格を目指す全ての方を応援します

【スポンサーリンク】

賃貸不動産経営管理士試験過去問 平成30年度問39(計画修繕)

【スポンサーリンク】
  Amazon・楽天でのテキスト購入にお役立てください

年会費無料楽天カードで楽天ブックスから購入すると送料無料→楽天カード
Amazonでの購入が30日間送料無料→Amazonプライム30日間無料体験
1000円分浮かせたい方はこちら→Amazonギフト券現金5000円以上チャージすると1000ポイント貰えるキャンペーン(初回限定・対象者のみ)

賃貸不動産経営管理士試験過去問:平成30年度問39(計画修繕)について、該当する公式テキストのページを記載するとともに要点を簡潔に解説します。

賃貸不動産経営管理士試験には『賃貸不動産管理の知識と実務 改訂3版:賃貸不動産経営管理士公式テキスト』そのままの文章が頻出しています。このため、賃貸不動産経営管理士試験対策の一つは公式テキストを中心に勉強すること、と言えます。

とはいえ、1,000ページもの分厚いテキストのどこに出題文がのっているのかを探すのは一手間かかってしまいます。このエントリーを賃貸不動産経営管理士試験合格に向けて参考にしてください。

f:id:browncapuchin:20180409214616p:plain

賃貸不動産経営管理士試験過去問解答解説 平成30年度問39

平成30年度

【問39】 計画修繕に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

1 中長期的には、修繕計画による的確な修繕の実施により、賃貸経営の収支上プラスに働くこともあり、計画修繕が望まれる。

2 計画修繕の実施に当たっては、計画された修繕部位を点検、調査した上で状況を把握することが重要である。

3 修繕工事は、日常生活の中で行われる工事であるため、騒音や振動により居住者等に迷惑をかける問題があり、配慮しなければならない。

4 計画修繕を実施していくためには、長期修繕計画を策定する必要があるが、修繕管理の費用を賃貸不動産経営の中に見込む必要はない。

賃貸不動産経営管理士公式テキスト掲載ページ

平成30年度賃貸不動産経営管理士試験問39に該当する部分は主に公式テキスト第7編建物・設備の知識(第2章)に書かれています。

◆選択肢1について公式テキストp.786には、「中・長期的に考えれば、修繕計画による的確な修繕の実施により、借主の建物に対する好感度が上がり、結果的に入居率が上がり、賃貸経営の収支上プラスに働く。よって、管理業者としては貸主に修繕計画の大切さをよく理解してもらい、それにより着実に計画修繕の実施を心がけていく姿勢が望まれるとあります。

 

したがって選択肢1は適切です。

◆選択肢2について公式テキストp.786には、「修繕計画に基づいた計画修繕の実施にあたっては、まず、計画された修繕部位を現場で点検・調査したうえで、他に不具合が生じている箇所がないかどうかもあわせてみるなど全体状況を把握することがポイントであるとあります

したがって、選択肢2は適切です。

◆選択肢3について公式テキストpp.786-787には、「修繕工事には、日常生活のなかで行われる工事のため、騒音や振動、ゴミやホコリの発生で借主などに迷惑を及ぼすという問題もある。工事の円滑な進捗には借主などの協力が不可欠で、その点からも事前に十分な広報と説明を行い、理解を求める姿勢が大切であるとあります。

したがって、選択肢3は適切です。

◆選択肢4について公式テキストp.787には、「計画修繕を着実に実施していくためには、資金的な裏づけを得ることが必要であり、長期修繕計画を策定して維持管理コストを試算し、維持管理費用を賃貸建物経営のなかに見込まなければならないとあります。

したがって、選択肢4は不適切です。

以上、不適切な選択肢は4、正解番号は4です。

計画修繕については、少なくとも平成27年度・平成28年度・
平成29年度賃貸不動産経営管理士試験には出題されていません。

ノーマークだった受験生が多かったかもしれませんが、肢4はどう読んでも不適切なので、正解肢を選択できたと考えられます。

次の問題は賃貸不動産経営管理士試験平成30年度問40です。

賃貸不動産経営管理士試験過去問 平成30年度問40(賃貸住宅のコンセプト)

【スポンサーリンク】

 

◆平成29年度・平成28年度過去問はこちらです。

◆賃貸不動産経営管理士試験の合格率は4問免除講習受講生のほうが高いです。データはこちらです。

◆賃貸不動産経営管理士試験の難易度は宅建に比べるとまだまだ低いです。

◆次回の賃貸不動産経営管理士試験は2019年11月です。賃貸不動産経営管理士登録要件の一つである宅地建物取引士(2019年10月試験)の受験も考えてみてはいかがでしょうか?

2019年度宅建については今年同様に解答速報及び合格ライン・合格点ボーダー予想情報をいち早くお届けします。

賃貸不動産経営管理士試験のおすすめテキスト・問題集・直前予想問題集

おすすめテキスト・問題集です。

おすすめの理由はこちらの記事をご参照ください。いずれも新年度版が発売されると予想されますので、購入の際はじゅうぶんご検討ください。

 

『賃貸不動産経営管理士試験対策問題集』2018年5月14日発売。

 

『賃貸不動産経営管理士試験対策テキスト』2018年6月4日発売です。出題ランクSおよびAの項目は絶対押さえておきましょう。

 

『賃貸不動産経営管理士 試験対策直前予想問題集』2018年8月29日発売。
レビューはこちらです。重要数字攻略ドリルは特におすすめです。

 

『賃貸不動産経営管理士 過去&予想問題集』2018年4月19日発売。過去問の解説は『試験対策問題集』より丁寧ですが、『試験対策問題集』と『試験対策直前予想問題集』を購入するなら不要かもしれません。
レビューはこちらです。

 

『賃貸不動産管理の知識と実務 改訂3版:賃貸不動産経営管理士公式テキスト』

平成29年に出版された改訂3版が平成30年度試験にも使われました。購入の際は必ず正誤表を参照しましょう。

https://www.taisei-shuppan.co.jp/content/files/support/3285tsuiho3.pdf 

 

第2版が発売されました。
『通勤時間でうかる! 賃貸不動産経営管理士試験一問一答〈第2版〉』

2018年7月15日発売。レビューを書きました。一問一答全605問のボリュームです。

プライバシーポリシー/©2018-2019 賃貸不動産経営管理士試験合格応援ブログ https://www.chintaikanrishi.com