賃貸不動産経営管理士合格応援ブログ

賃貸不動産経営管理士試験・宅地建物取引士資格試験・FP技能検定合格を目指す全ての方を応援します

賃貸不動産経営管理士試験過去問 平成27年度問38(建築構造)

【スポンサーリンク】

賃貸不動産経営管理士試験過去問:平成27年度問38(建築構造)について、公式テキスト第3版で該当するページを記載するとともに要点を簡潔に解説します。

なお、公式テキスト第3版は平成27年度賃貸不動産経営管理士試験終了後に出版されたため、必ずしも平成27年度試験に対応しているわけではありません。この点をご了承くださりますよう、お願いいたします。 

f:id:browncapuchin:20180409214616p:plain

賃貸不動産経営管理士試験過去問解答解説 平成27年度問38

平成27年度

【問38】 建築構造に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

1 ラーメン構造は、柱と梁を一体化した骨組構造である。

2 壁式構造は、壁体や床板で構成する構造方式である。

3 制震構造は、基礎と建物本体との間にクッションを設け、地震による揺れを低減させる構造である。

4 基礎とは、上部の建物に加わる力を地盤に伝える部分である。

【スポンサーリンク】
 

賃貸不動産経営管理士公式テキスト掲載ページ

 

平成27年問38に該当する部分は主に公式テキスト第7編建物・設備の知識(第2章)に書かれています。

◆選択肢1について公式テキストp.767には、「ラーメン構造 柱と梁を一体化した骨組構造をいうとあります。

したがって、選択肢1は適切です。

◆選択肢2について公式テキストp.766には、「壁式構造 柱・梁を設けず、壁体や床板など平面的な構造体のみで構成する構造方式をいうとあります

したがって、選択肢2は適切です。

◆選択肢3について公式テキストp.794には、「制震工法は、免震工法のように地震力が建物に入りにくくするのではなく、建物に入った地震力を吸収するダンパー等を設置することにより、大地震であっても中地震程度(70〜80%に低減)に振動を抑えることができるとあります。肢3は免震工法について述べています。

したがって、選択肢3は不適切です。

◆選択肢4について公式テキストp.763には、「基礎とは、一般的に建築物の下部にあって、建築物に加わる種々の力(荷重)を地盤に伝える部分をいうとあります。

したがって、選択肢4は適切です。

以上、不適切な選択肢は3、正解番号は3です。重要度★★★。
重要度は『賃貸不動産経営管理士過去&予想問題集』より

◆賃貸不動産経営管理士試験の合格率は4問免除講習受講生のほうが高いです。データはこちらです。

賃貸不動産経営管理士試験のおすすめテキスト

おすすめテキスト・問題集です。

おすすめの理由はこちらの記事をご参照ください。

 

『賃貸不動産経営管理士試験対策問題集』5月14日発売。

 

『賃貸不動産経営管理士試験対策テキスト』6月4日発売です。出題ランクSおよびAの項目は絶対押さえておきましょう。

 

これもおすすめ。過去問の解説が『試験対策問題集』より丁寧。
ぜひこのレビューを参考になさってください。

 

『賃貸不動産管理の知識と実務 改訂3版:賃貸不動産経営管理士公式テキスト』

公式テキストは平成29年に出版された改訂3版が今年度・平成30年度試験にも使われます。購入の際は必ず正誤表を参照しましょう。

https://www.taisei-shuppan.co.jp/content/files/support/3285tsuiho3.pdf 

 

第2版が発売されました。
『通勤時間でうかる! 賃貸不動産経営管理士試験一問一答〈第2版〉』

→レビューを書きました。一問一答全605問のボリュームです。

プライバシーポリシー/©2018 賃貸不動産経営管理士試験合格応援ブログ https://www.chintaikanrishi.com