賃貸不動産経営管理士合格応援ブログ

賃貸不動産経営管理士試験合格を目指す全ての方を応援します

賃貸不動産経営管理士試験過去問 平成28年度問31(消防用設備等)

【スポンサーリンク】

[PR:SUUMO公式サイト]
気に入ったオウチのパンフレットを無料で差し上げます
販売前の資料請求が成功の秘訣★新築マンションはSUUMO

タワーマンションを探す!

賃貸不動産経営管理士試験過去問:平成28年度問31(消防用設備等)について、公式テキスト第3版で該当するページを記載するとともに要点を簡潔に解説します。

なお、公式テキスト第3版は平成28年度賃貸不動産経営管理士試験の翌年に出版されたため、必ずしも平成28年度試験に対応しているわけではありません。この点をご了承くださりますよう、お願いいたします。 

f:id:browncapuchin:20180409214616p:plain

賃貸不動産経営管理士試験過去問解答解説 平成28年度問31

平成28年度

【問31】消防用設備等に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

1 複合用途建物では、住宅用火災警報器を住宅部分又はその他の部分のいずれかに設置しなければならない。

2 共同住宅における消防用設備は、建物に火災が発生したとき、火災の感知、報知、連絡、通報、消火、避難および誘導が安全かつ迅速にできること、並びに消防隊の活動を支援することを目的として設置される。

3 自動火災報知設備における煙感知器のうち、イオン式スポット型は、機器の中のイオン電流が煙によって遮断されると作動する。

4 避難設備には、避難器具、誘導灯及び誘導標識がある。

賃貸不動産経営管理士公式テキスト掲載ページ

平成28年問31に該当する部分は主に公式テキスト第7編建物・設備の知識(第3章IX消防用設備等(消防・消火・避難設備)と防火管理)に書かれています。

◆選択肢1について公式テキストp.860には、「複合用途建物では住宅部分に設置しなければならないとあります。

したがって、選択肢1は不適切です。

なお、住宅用火災警報器の設置義務については平成29年度問31でも出題されています。

◆選択肢2について公式テキストp.848には、「共用住宅における消防用設備は、建物に火災が発生したとき、火災の感知、報知、連絡、通報、消火、避難および誘導が安全かつ迅速にできること、および消防隊の活動を支援することを目的として設置されているとあります。

したがって、選択肢2は適切です。

◆選択肢3について公式テキストp.858には「イオン式スポット型は、機器の中のイオン電流が煙によって遮断されると作動する」とあります。

したがって、選択肢3は適切です。

◆選択肢4について公式テキストp.859には、「避難設備には、避難器具、誘導灯及び誘導標識があるとあります。

したがって、選択肢4は適切です。

以上、不適切な選択肢は1、正解番号は1です。重要度★★。
重要度は『賃貸不動産経営管理士過去&予想問題集』より

賃貸不動産経営管理士試験のおすすめテキスト

おすすめテキスト・問題集です。

おすすめの理由はこちらの記事をご参照ください。

 

『賃貸不動産経営管理士試験対策問題集』5月14日発売。

 

『賃貸不動産経営管理士試験対策テキスト』6月4日発売です。出題ランクSおよびAの項目は絶対押さえておきましょう。

 

『賃貸不動産経営管理士 試験対策直前予想問題集』8月29日発売。
レビューはこちらです。

 

『賃貸不動産経営管理士 過去&予想問題集』4月19日発売。過去問の解説は『試験対策問題集』より丁寧ですが、『試験対策問題集』と『試験対策直前予想問題集』を購入するなら不要かもしれません。
レビューはこちらです。

 

『賃貸不動産管理の知識と実務 改訂3版:賃貸不動産経営管理士公式テキスト』

公式テキストは平成29年に出版された改訂3版が今年度・平成30年度試験にも使われます。購入の際は必ず正誤表を参照しましょう。

https://www.taisei-shuppan.co.jp/content/files/support/3285tsuiho3.pdf 

 

第2版が発売されました。
『通勤時間でうかる! 賃貸不動産経営管理士試験一問一答〈第2版〉』

→レビューを書きました。一問一答全605問のボリュームです。

プライバシーポリシー/©2018 賃貸不動産経営管理士試験合格応援ブログ https://www.chintaikanrishi.com