賃貸不動産経営管理士合格応援ブログ

賃貸不動産経営管理士試験合格を目指す全ての方を応援します

賃貸不動産経営管理士試験過去問 平成28年度問29(建ぺい率)

【スポンサーリンク】

[PR:SUUMO公式サイト]
気に入ったオウチのパンフレットを無料で差し上げます
販売前の資料請求が成功の秘訣★新築マンションはSUUMO

タワーマンションを探す!

賃貸不動産経営管理士試験過去問:平成28年度問29(建ぺい率)について、公式テキスト第3版で該当するページを記載するとともに要点を簡潔に解説します。

なお、公式テキスト第3版は平成28年度賃貸不動産経営管理士試験の翌年に出版されたため、必ずしも平成28年度試験に対応しているわけではありません。この点をご了承くださりますよう、お願いいたします。 

f:id:browncapuchin:20180409214616p:plain

賃貸不動産経営管理士試験過去問解答解説 平成28年度問29

平成28年度

【問29】建ぺい率に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

1 建ぺい率とは、建築面積の敷地面積に対する割合である。

2 住居系の用途地域での建ぺい率は、30%から80%の範囲で指定される。

3 商業系の用途地域での建ぺい率は、60%から80%の範囲で指定される。

4 工業系の用途地域での建ぺい率は、70%から90%の範囲で指定される。

賃貸不動産経営管理士公式テキスト掲載ページ

平成28年問29に該当する部分は主に公式テキスト第7編建物・設備の知識(第1章II建築基準法)に書かれています。

◆選択肢1について公式テキストp.750には、「建築物の建築面積の敷地面積に対する割合とあります。

したがって、選択肢1は適切です。

なお、容積率は「建築物の各階の床面積の合計(建築物の延面積)の敷地面積に対する割合(pp.750-751)」です。

◆選択肢2について公式テキストp.750には、「住居系の用途地域では30〜80%とあります。

したがって、選択肢2は適切です。

◆選択肢3について公式テキストp.750には「商業系の用途地域では60〜80%」とあります。

したがって、選択肢3は適切です。

◆選択肢4について公式テキストp.750には、「工業系の用途地域では30〜90%とあります。

したがって、選択肢4は不適切です。

以上、不適切な選択肢は4、正解番号は4です。重要度★★。
重要度は『賃貸不動産経営管理士過去&予想問題集』より

 

なお、この問29はすべて公式テキストp.750の2つの文章から出題されています。平成30年度試験でもこのような形で出題されるかどうかはわかりませんが、公式テキストの該当箇所に一度目を通しておいたほうが良いかと思います。

賃貸不動産経営管理士試験のおすすめテキスト

おすすめテキスト・問題集です。

おすすめの理由はこちらの記事をご参照ください。

 

『賃貸不動産経営管理士試験対策問題集』5月14日発売。

 

『賃貸不動産経営管理士試験対策テキスト』6月4日発売です。出題ランクSおよびAの項目は絶対押さえておきましょう。

 

『賃貸不動産経営管理士 試験対策直前予想問題集』8月29日発売。
レビューはこちらです。

 

『賃貸不動産経営管理士 過去&予想問題集』4月19日発売。過去問の解説は『試験対策問題集』より丁寧ですが、『試験対策問題集』と『試験対策直前予想問題集』を購入するなら不要かもしれません。
レビューはこちらです。

 

『賃貸不動産管理の知識と実務 改訂3版:賃貸不動産経営管理士公式テキスト』

公式テキストは平成29年に出版された改訂3版が今年度・平成30年度試験にも使われます。購入の際は必ず正誤表を参照しましょう。

https://www.taisei-shuppan.co.jp/content/files/support/3285tsuiho3.pdf 

 

第2版が発売されました。
『通勤時間でうかる! 賃貸不動産経営管理士試験一問一答〈第2版〉』

→レビューを書きました。一問一答全605問のボリュームです。

プライバシーポリシー/©2018 賃貸不動産経営管理士試験合格応援ブログ https://www.chintaikanrishi.com