賃貸不動産経営管理士合格応援ブログ

賃貸不動産経営管理士試験・宅地建物取引士資格試験・FP技能検定合格を目指す全ての方を応援します

【スポンサーリンク】

賃貸不動産経営管理士試験の試験日・申し込み日程と概要について【令和元年度:2019】

【スポンサーリンク】

令和元年度賃貸不動産経営管理士試験は2019年11月17日(日)13:00〜15:00に実施されます。40問90分での試験は今年度が最後です。なんとしてでも今年度試験で合格を勝ち取りましょう。

f:id:browncapuchin:20180409214616p:plain

賃貸不動産経営管理士資格試験とは

賃貸不動産経営管理士試験はまだ歴史が浅く、宅建に比べればかなり合格しやすい不動産系資格です。

平成28年9月賃貸住宅管理業登録制度改正によって、賃貸不動産経営管理士には

①賃貸住宅管理に関する重要事項説明及び重要事項説明書の記名・押印
②賃貸受託管理受託契約書の記名・押印
③登録事業者事務所における賃貸住宅経営管理士等有資格者設置義務

などが課されました。

f:id:browncapuchin:20180405103344p:plain

賃貸住宅管理業者の登録制度とは-賃貸不動産経営管理士(賃貸不動産における専門家の資格) 

賃貸不動産経営管理士の国家資格化

賃貸不動産経営管理士は近い将来の国家資格化を目指しています。そのため、令和2年度からは現行の40問90分の試験から50問120分に変更されることが発表されています。

40問90分での実施は今年度が最後になります。今のうちにぜひとっておきたい不動産系資格です。賃貸不動産経営管理士試験、50問120分に変更!国家資格化を見据え、2020年度試験から 

2019年度賃貸不動産経営管理士試験の試験日、申し込み日程と概要

令和元年度試験は2019年11月17日(日)13:00〜15:00に実施されます。

賃貸不動産経営管理士試験概要
試験日時 令和元年11月17日(日)13:00〜15:00
試験会場

全国17地域(札幌、盛岡、仙台、大宮、千葉、東京、横浜、金沢、名古屋、京都、大阪、神戸、広島、高松、福岡、熊本、沖縄)で実施

出題数・出題形式 40問(マークシート方式)・4肢択一(個数・組み合わせ問題あり)
試験時間 90分(途中退出不可)
事前講習による免除 あり(4問免除)
受験資格 なし(ただし登録要件あり)
登録要件 宅地建物取引士(要宅建士証交付)、又は協議会が認める賃貸不動産関連業務に2年以上従事している又は従事していた者
試験実施団体 一般社団法人賃貸不動産経営管理士協議会
試験受付・申込書資料請求期間 同上 受付センター・2019年8月16日〜2019年9月24日まで、WEBおよびFAXでの資料請求

受験のお申し込み-賃貸不動産経営管理士(賃貸不動産における専門家の資格)

受験申込書受付期間 2019年年8月16日〜9月26日 当日消印有効
受験料 12,960円(消費税込)
受験申込 郵送のみ
合格発表 2020年1月中旬予定
【スポンサーリンク】

 

賃貸不動産経営管理士資格取得のメリット

賃貸不動産経営管理士資格は、国土交通大臣の登録を受ける賃貸住宅管理業者にとってはほぼ必須となりました。と言うのは、登録に当たって業者は事務所ごとに「賃貸不動産経営管理士または6年以上の実務経験者」を置かなくてはならないからです。

平成27年度試験から受験者数が急増したのはこのためでしょう。仕事で必要な方にとってはメリットしかありません。

一方、宅建士の資格がいらない大家業を営んでいる方からすれば、賃貸不動産経営管理士は必須の資格ではありません。

必須の資格ではないのですが、賃貸不動産経営管理士試験を通じて次のことを広く学べるメリットがあります。

①不動産業における賃貸管理
②賃借人の募集
③賃貸借契約
④賃借人入居中の管理業務
⑤明渡し・原状回復
⑥建物、設備、防火・消火、維持保全の知識

 

さらに言えば、③や⑤の知識は物件を借りる側、すなわち賃借人にとってのメリットも大きいです。なぜなら、部屋・家を借りるときそして契約が終わって退去するとき様々なトラブルに備えられるからです。

賃貸人(貸す側)が知識をもつのは当たり前です。

でも賃借人(借りる側)だって知識をもっておいたほうが絶対良いのです。

平成30年度賃貸不動産経営管理士試験の合格率は50.7%でした。賃貸不動産経営管理士試験はまだまだ合格しやすい不動産系資格です。早めに合格を勝ち取りましょう!

宅建士とのダブルライセンスを目指しましょう

賃貸不動産経営管理士と合性が良く、最もダブルライセンスに向いている資格は宅地建物取引士です。

なぜなら、実務経験なしで賃貸不動産経営管理士に登録する場合、宅地建物取引士資格試験に合格・登録し宅建士証を交付しなければならないからです。

むしろ、宅建は賃貸不動産経営管理士とのダブルライセンスを取得しておくべき資格と言ったほうが良いでしょう。

2019年の宅建士試験は2019年10月20日に実施されます(賃貸不動産経営管理士試験の4週間前)。試験の難易度は賃貸不動産経営管理士のほうが宅建より低いため、前もって勉強していれば賃貸不動産経営管理士試験対策はそれほど時間をとられないかもしれません。宅建で学習する借地借家法(の借家部分)、宅建業法、法令制限の建築基準法、税金、相続などの分野の知識はそのまま賃貸不動産経営管理士試験に生かせます。

もちろん、賃貸不動産経営管理士試験に合格してから翌年度以降に宅建を受ける選択もあります。どっちつかずになりかねない方は、どちらか一つだけの受験に焦点を定めたほうが賢明です。ご一考ください。 

宅建の合格率は15〜17%ですが、登録講習修了者(5問免除されます)と非修了者(一般受験者)ではやはり差があります。

とはいえ、宅建は合格者正解率60%以上の問題を確実に得点できれば合格できるように作問されています。

テキストもたくさん出版されています。独学・初学者がどれを選べば良いか迷うほどなので、当ブログでレビューしています。宅建テキストレビューのまとめは宅建おすすめテキスト・問題集・過去問題集 Check!をご参照ください。

ちなみに、宅建初学・独学者の方向けに最もおすすめするテキストはLEC『2019年版 きほんの宅建士 合格テキスト』です。ただし、記載されていない事項もありますので詳細レビュー(LECの『2019年版 きほんの宅建士 合格テキスト』)を必ずお読みください。

 

賃貸不動産経営管理士試験と同様、宅建も合格点・合格ラインは年によって違います。このため、資格スクール・宅建講師による講座がたくさん開講され、各社・各講師が毎年合格ライン予想を公表しています。当ブログでは宅建本試験終了後に解答速報と合格ライン予想を時系列で追っていきます。自己採点にお役立てください。

なお、FP(ファイナンシャル・プランニング技能士)も賃貸不動産経営管理士と合性が良い資格です。試験範囲6分野の中に不動産と相続があるからです。FP3級は合格率60%ほどと難易度が低く独学・短期間の勉強でも受かりやすい資格試験です。

FPは2級までとっておきたい資格です。FP2級の合格率は20%程度になりますが独学で合格できます。

【スポンサーリンク】

 

賃貸不動産経営管理士試験のおすすめテキスト・問題集・直前予想問題集

おすすめテキスト・問題集です。

おすすめの理由はこちらの記事をご参照ください。

 

 『賃貸不動産経営管理士過去問題集』過去問4年分160問を分野別に収録。試験対策の第一歩です。

 

『賃貸不動産経営管理士 基本テキスト』 『賃貸不動産経営管理士過去問題集』とリンクしています。各分野を出題頻度によってS〜Cにランク分け。S〜Aランク分野は絶対に落とさないよう繰り返し学習しましょう。

 

『賃貸不動産管理の知識と実務 改訂4版:賃貸不動産経営管理士公式テキスト』

改訂4版が発売されました。1,000ページ以上あるため、公式テキスト中心の勉強は非効率的かもしれません。しかしながら、すでに述べた通り、試験問題の大部分(平成29年度は98.1%)は公式テキストから出題されます。公式テキストの文言には慣れておいたほうが良いでしょう。

プライバシーポリシー/©2018-2019 賃貸不動産経営管理士試験合格応援ブログ https://www.chintaikanrishi.com