賃貸不動産経営管理士合格応援ブログ

賃貸不動産経営管理士試験、宅地建物取引士資格試験、FP3級・2級合格を目指す受験生を応援します。ダブルライセンス・トリプルライセンスを取りましょう!

セブン店舗に民泊チェックイン機設置、鍵受取サービスを開始

セブン‐イレブン・ジャパンとJTBが、民泊チェックインサービス「フロントデスク24」(Convenience Front Desk 24)を平成30年6月15日から始めるとのことです。

平成30年6月15日の住宅宿泊事業法施行日にあわせてサービスを開始。2018年10月までに50店舗、2020年までに1000店舗への展開を見込んでいます。

f:id:browncapuchin:20180420152048p:plain

http://www.sej.co.jp/company/news_release/news/2018/2018041811.htmlより)

セブン店内に民泊チェックイン機設置、鍵受取サービスを開始

平成30年6月15日の住宅宿泊事業法(民泊新法)施行日に合わせ、各社が何か動きを見せるかと思っていたところ、コンビニ最大手のセブン・イレブンが民泊事業に参入とのニュースがありました。

平成30年4月18日のセブン‐イレブン・ジャパンニュースリリースによると、セブン‐イレブン・ジャパンとJTBが、民泊チェックインサービス「フロントデスク24」(Convenience Front Desk 24)を平成30年6月15日から始めるとのことです。

平成30年6月15日の住宅宿泊事業法施行日にあわせてサービスを開始。JTBとセブン‐イレブン・ジャパンが共同開発した「セブンチェックイン機」を設置、民泊利用者がチェックインと鍵の受け渡しを24時間365日できるようになります。

チェックイン・鍵引き渡しはセブンチェックイン機

セブンチェックイン機は写真撮影機能まで搭載されているようです。

宿泊者はチェックイン機に宿泊予約番号を入力。認証が済むと、宿泊名簿を登録、パスポート画像を撮影、顔写真を撮影。

パスポートの写真と撮影した顔写真が一致しないとチェックインが完了しない仕組みのようです。

チェックインが完了すると鍵引き渡し暗唱番号が提示されて「セブンチェックイン機」のキーロッカーが開き、宿泊先の鍵が引き渡されるというもの。

f:id:browncapuchin:20180420154835p:plain

http://www.sej.co.jp/company/news_release/news/2018/2018041811.htmlより)

民泊新法では本人確認の上での宿泊者名簿の備付けは住宅宿泊事業者の業務とされています(住宅宿泊事業者編 | 民泊制度ポータルサイト「minpaku」)。

 

「新法では、管理業者は民泊部件内または施設の近くで、宿泊開始までに名簿の作成、対面またはICTを活用した非対面での本人確認を義務付けており、これらの業務を代行する」(http://www.travelvision.jp/news-jpn/detail.php?id=81479)とあります。この点は家主不在型で問題になりかねません。

セブンチェックイン機の導入はこの問題もカバーするものと思われます。

なお、チェックイン時のトラブルにはJTBが24時間対応多言語コールセンターを設置するとのことです。

 

 

家主不在型住宅宿泊事業者による民泊の一部についての報道をみました。地下駐輪場の自転車や建物の柵などにボックス付き南京錠(キーボックス)がずらりとぶら下げられ、民泊利用者がそこから宿泊先の鍵を取り出すというもの。これでは本人確認もなにもありません。

民泊新法の効果のほどがどうなるのか、そしてセブン-イレブンジャパンとJTBのこの事業「フロントデスク24」がどうなるのかは蓋を開けてみないとわかりません。

民泊については、どうも悪い情報ばかり耳に入ってくると言わざるを得ません。民泊周辺にお住まいの方たちの生活が脅かされないよう、この事業がその嚆矢となることを期待します。

賃貸不動産経営管理士試験おすすめテキスト

おすすめテキスト・問題集についてはこちらの記事をご参照ください。

<試験勉強に集中したいならコレが一推し。最高水準のノイズキャンセリング性能を誇ります。>

プライバシーポリシー/©2018-2019 賃貸不動産経営管理士試験合格応援ブログ https://www.chintaikanrishi.com