賃貸不動産経営管理士合格応援ブログ

賃貸不動産経営管理士試験、宅地建物取引士資格試験、FP3級・2級合格を目指す受験生を応援します。

購入レビュー:2021年版賃貸不動産経営管理士 合格のトリセツ テキスト&一問一答

『2021年版賃貸不動産経営管理士 合格のトリセツ テキスト&一問一答』の購入レビューです。賃貸不動産経営管理士試験に独学で挑む初学者受験生のテキスト・過去問題集選びの参考になれば幸いです。

2021年度賃貸不動産経営管理士試験合格を目指し、がんばりましょう。

2021年版賃貸不動産経営管理士合格のトリセツ テキスト&一問一答表紙画像

2021年版賃貸不動産経営管理士合格のトリセツ テキスト&一問一答表紙画像

『2021年版賃貸不動産経営管理士 合格のトリセツ テキスト&一問一答』 基本データと購入レビュー

『賃貸不動産経営管理士基本テキスト(2021年度版)』基本データです。 

テキスト基本データ

書名 2021年版賃貸不動産経営管理士
合格のトリセツ テキスト&一問一答
価格
¥2,420(税込)
Kindke版の価格
分冊の有無
ページ数
341
発行所
株式会社建築資料研究社
発行日
2021年7月15日
二色刷り
付録
ネットサービス
執筆
友次正浩


◆LEC講師である友次正浩先生による賃貸不動産経営管理士試験用テキストです。昨年度版も購入してはいましたが、個別レビューはしませんでした。理由は、おすすめできないからです。

正直言って2021年版もおすすめできません。

管理人は宅建テキスト・問題集のレビューも記事も書いており、そこでは友次先生のテキストを一番のおすすめにしています。最も完走しやすいテキストだからです。

「完走しやすい」というのは要点が簡潔にまとめられていてテキスト全体のページ数が少ないことを指します。さらに言えばフルカラーでフォントの種類・大きさ・色が読みやすく編集されています。初学者が最初に手に取る市販宅建テキストとして最適です。

本書『2021年版賃貸不動産経営管理士 合格のトリセツ テキスト&一問一答』も要点が簡潔にまとめられています。しかしながら、簡潔すぎます。このテキストでは細かい問題のみならず、絶対に落とせない問題さえも下手したら解けないかもしれません。

◆具体例をあげます。

今年は賃貸住宅管理業法から初めて出題されるため、予想模試の活用が必須です。そこで、TACの『2021年度版 本試験を当てる TAC直前予想模試 賃貸不動産経営管理士』で解けるかどうかを検証しました。

◆『2021年度版 本試験を当てる TAC直前予想模試 賃貸不動産経営管理士』の第2回予想問題p.5に記載されている問4は以下となっています。

【問4】賃貸住宅の定義に関する次の記述のうち、賃貸住宅の管理業務等の適正化に関する法律によれば、誤っているものはどれか。
1 賃貸物件であっても、事業の用に供されるオフィスは賃貸住宅に該当しない。
2 竣工後に賃貸借契約の締結が予定されている家屋であるが、まだ建築中の場合は、賃貸住宅に該当しない
3 住宅宿泊事業(住宅宿泊事業法第2条第3項に規定する住宅宿泊事業をいう。)の用に供されている家屋は、賃貸住宅に該当しない。
4 旅館業法第3条第1項の規定による許可に係る施設である住宅は、賃貸住宅に該当しない。

『2021年版賃貸不動産経営管理士 合格のトリセツ テキスト&一問一答』で扱っている賃貸住宅の定義についての記載はp.116の13行ほどのみです。ここから正答を導けるのは、肢1、肢3です。肢4は「旅館業法第3条第1項の規定による許可に係る施設である住宅」の意味がわかる受験生しか正答できないかもしれません。

そして、肢2については『2021年版賃貸不動産経営管理士 合格のトリセツ テキスト&一問一答』には記載が一切ありません。

本書でしか学習していない受験生が、本試験で肢2を出題されたらそれこそ勘に頼るしかないと思われます。

なお、問4の正解は『2021年度版 本試験を当てる TAC直前予想模試 賃貸不動産経営管理士』をご購入の上、解説をお読みください。

◆このように、内容によっては本書では解けない問題が本試験で出題される可能性があります。

もちろん、どのテキストでもあるうることではありますが、なにしろ『2021年版賃貸不動産経営管理士 合格のトリセツ テキスト&一問一答』のテキスト部分は225ページしかありません。

これは『2021年度版みんなが欲しかった!賃貸不動産経営管理士の教科書』の72.3%、『2021年度版賃貸不動産経営管理士基本テキスト』の47.3%にすぎません。文字通り「薄い」テキストなのです。

◆良い見方をすれば『2021年版賃貸不動産経営管理士 合格のトリセツ テキスト&一問一答』はコンパクトにまとまっていると言えます。

でも、他社のテキストに比べると内容が薄いと指摘せざるを得ません。

◆賃貸不動産経営管理士試験は、平成29年度に予告なく個数問題・組み合わせ問題を出題したり、合格率を大幅に引き下げたり(令和元年度、令和2年度)するなどの難易度アップを行っています。合格率も一定していません。過去問も少ない上、賃貸住宅管理業法の成立・施行によって平成27年度以降の過去問のうち40問強が不成立となっています。

『2021年版賃貸不動産経営管理士 合格のトリセツ テキスト&一問一答』を用いた学習で合格する可能性もあるとは思います。

しかしながら、賃貸不動産経営管理士試験は予告なく難易度を上げてきた歴史があります。

宅建のように詳細な蓄積と膨大な分析・研究がなされている資格試験の場合、合否を分けるのはいわゆるAB問題という大多数の受験生が正解できる問題です。受験生はAB問題を落とさないよう頻出事項を繰り返し徹底することが合格への近道です。

一方、賃貸不動産経営管理士試験はそうはいきません。宅建とは事情が異なるため、要点を絞りすぎたテキストでは本試験に対応できないかもしれないと管理人は危惧しています。

◆以上の理由により、賃貸不動産経営管理士試験の対策テキストとして、本書『2021年版賃貸不動産経営管理士 合格のトリセツ テキスト&一問一答』はおすすめできません。

◆なお、本書には一問一答が合計270問収録されていますが、一問一答問題集が必要な方は『賃貸不動産経営管理士要点と○×問2021年度版』が400問を収録していますので、そちらで学習するほうが良いでしょう。

2021年版おすすめテキスト・問題集についてはこちらの記事をご参照ください。

賃貸不動産経営管理士試験に本気で合格したい方へ

◆賃貸不動産経営管理士は、国家資格化に伴って仕事上必要になる方や就職・転職のために必要とする方が今後大幅に増えると思われます。

しかしながら、賃貸不動産経営管理士試験は「受験生の7割が不合格となる試験」になってしまいました。

本気で賃貸不動産経営管理士試験に合格したいのであれば、もはや「簡単に合格できる資格試験ではなくなった」ことをぜひ自覚してください。

◆賃貸不動産経営管理士試験合格に必要な勉強時間は100〜150時間とされています。当ブログでは125時間としていますが、それはあくまで最低限必要な時間です。

特に、これまで資格試験を受験をしたことがない方や、宅建になかなか合格できない方は200時間以上必要かもしれません。早め早めに勉強し始めることをおすすめします。

特に、次の3項目に当てはまる方は少しでも合格可能性を上げるため、合格実績の高い=合格率の高い資格スクール・通信講座の活用を積極的に検討するべきです。

なぜなら、良い教材を使って効率的に学習でき、しかも学習の進捗状況を管理しやすい上、わからないところを質問できるからです。

  • これまで資格試験を受験したことがない方やなかなか資格試験に合格できない方
  • 何から勉強したらいいのか考えあぐねている方
  • 本気で今年の合格を目指す方

◆おすすめできるのは次の2つを明記している講座です。

  1. 講座の合格率
  2. 講座に質問機能(質問回数無制限が望ましい)が含まれている

管理人が知る限りでは、これら2点が明記されているのはアガルートアカデミーの賃貸不動産経営管理士講座だけです。

特に際立っているのはアガルートの合格実績です。令和2年度賃貸不動産経営管理士試験の講座受講生合格率はなんと92.3%。令和2年度試験の合格率29.8%の3倍強という実績です。

◆管理人は宅建受験のとき8万円ほどかけて教材を購入して勉強しましたが、プロの手による良く練られた教材を使うと、本当に効率良く学習できることを身を持って思い知りました。

少しでも合格可能性を上げたい方は検討してみて損はありません。

◆今年度賃貸不動産経営管理士試験は、4月に発売された『令和3(2021)年度版賃貸不動産管理の知識と実務』(公式講習用テキスト)から出題されると予測されます。

アガルートアカデミーの賃貸不動産経営管理士試験総合カリキュラムは講習用テキストにもしっかり準拠しています。講座担当は工藤美香講師です。
>>>アガルートアカデミー・工藤美香講師による2021年合格目標賃貸不動産経営管理士試験総合カリキュラム、期間限定受験生応援30%OFFキャンペーン中!

アガルートアカデミー・2021年合格目標賃貸不動産経営管理士試験総合カリキュラム には以下の講座が含まれており、受験生応援期間限定30%オフ中(税込¥61,446)です。合格時には「合格祝い金2万円」もしくは「支払金額全額返金」の特典もあります。

  1. 総合講義:オリジナルのフルカラーテキスト付き動画講義
  2. 過去問解析講座
  3. 解説講義付き直前ヤマ当て模試
  4. Facebookグループ内での質問制度(無制限)

すでに申し込んで学習している方もいらっしゃいます。早くから学習を始めた受験生ととそうでない受験生との差は大きいでしょう。


◆テキストには、図ひとつとっても工藤講師の細かい指示が入っています。

ちなみに、昨年度試験の問49は解答速報の正解肢が各社で2と3に別れました。資格スクール・講師の中には当初2にしていたのを3に変更したり、3を2に変更したりしていた所もありましたが、試験日当日から解答を2とし、その後一切変更しなかったのは工藤講師だけでした。

◆実際に管理人も総合カリキュラムを購入してみました(自腹です・・・)。

テキストは上下巻で499ページです。けっこうボリュームがありますが、テキストの全項目について動画講義があります。

動画講義は全部で20時間弱です。つまり、賃貸不動産経営管理士試験の全範囲を20時間弱で一通り学習できるのです。

市販テキストでの独学の場合、テキストを開いて読み進めること自体けっこうハードルが高いです。その点、アガルートの教材を使えば動画講義のスタートボタンを押してしまえば学習をスタートできます。

学習のハードルを下げるという点でもアガルートの利用にはメリットがあります。

上巻から順にテキストを開きながら動画講義を全部見て賃貸不動産経営管理士試験の範囲をつかんだら、まずは賃貸不動産経営管理士試験での最重要ポイントのひとつである賃貸借契約をひととおり学習してしまいましょう。

賃貸借契約は、初めて学習する方にとってかなり時間がかかりますので、ここさえきっちりおさえておけば後の学習がぐっと楽になります。10月10日までに一通り終えられるようがんばりましょう!

同時にFacebookグループでの質問にも早めに慣れておくことをおすすめします(Facebookグループではグループ内の他の方による質問と、その質問への工藤講師からの返信も閲覧できます)

アガルートアカデミー・2021年合格目標賃貸不動産経営管理士試験総合カリキュラム

プライバシーポリシー/©2018-2021 賃貸不動産経営管理士試験合格応援ブログ https://www.chintaikanrishi.com