賃貸不動産経営管理士合格応援ブログ

賃貸不動産経営管理士試験、宅地建物取引士資格試験、FP3級・2級合格を目指す受験生を応援します。

詳細レビュー】賃貸不動産経営管理士直前予想問題集(2020年度版)

『2020年度版賃貸不動産経営管理士直前予想問題集』の詳細レビューをお届けします。

賃貸不動産経営管理士試験用テキスト・過去問題集も数多く出版されるようになりました。独学者・初学者に合ったテキスト・過去問題集選びの参考になれば幸いです。

賃貸不動産経営管理士試験は令和2年度(2020)から50問120分となります。

今年の合格を目指し、がんばりましょう。

2020年度版賃貸不動産経営管理士直前予想問題集表紙画像

2020年度版賃貸不動産経営管理士直前予想問題集表紙画像

『2020年度版賃貸不動産経営管理士直前予想問題集』 基本データ

『2019年版賃貸不動産経営管理士直前予想問題集』基本データです。 

テキスト基本データ

書名 2020年度版賃貸不動産経営管理士直前予想問題集
価格
¥1,500(税抜)
Kindke版の価格
分冊の有無
ページ数
211頁
発行所
株式会社建築資料研究社
発行日
2020年8月1日
二色刷り
付録
巻頭付録として重要数字攻略ドリル
ネットサービス
編著
賃貸不動産経営管理士
資格研究会


◆『2020年度版賃貸不動産経営管理士直前予想問題集』の発行は建築資料研究社となってはいますが、宅建等の資格スクールとして定評ある日建学院です。

◆サイズはB5版です。ただし、p.4に「本番の臨場感を再現するために、問題文は本試験とほぼ同じサイズで収録しましたとある通り、問題文のフォントサイズは本試験とほぼ同じに揃えてあります

◆巻頭付録としてpp.22-39は重要数字攻略ドリルになっています。

◆試験問題が40問から50問に増えたことへの対応によりページ数が増えました。2019年度版は173ページだったのが2020年度版は211ページになりました。でも価格は据え置きです。

◆予想問題は3回分を収録。難易度別になっています。

『2020年度版賃貸不動産経営管理士直前予想問題集』詳細レビュー

では『2020年度版賃貸不動産経営管理士直前予想問題集』の詳細レビューにうつります。

◆すでに述べた通り本書はB5サイズ。

見開きで3〜4題が掲載されており、本試験さながらの大きさのフォントで問題に取り組めます

◆収録問題数は50問×3種類の150問です。

◆収録問題は難易度によって3つレベルが用意されています。

  1. 基礎問題
  2. 標準問題
  3. 難解問題

ちなみに基礎問題は個数問題・組み合わせ問題がともにゼロ。標準問題は個数問題5、組み合わせ問題1。難解問題は個数問題4、組み合わせ問題4となっています。

2019年度版の本書は個数問題・組み合わせ問題の数が3レベルでぜんぜん違っており、これらの問題数も難易度の指標として編集していたと思われます。ところが2020年度は、少なくとも標準問題と難解問題の難易度は個数問題・組み合わせ問題の数ではさほど差が付いてないように見えます。

◆では、標準問題と難解問題の難易度の差はどこでついているのでしょうか?

それは論点の細かさです。

◆具体的な問題を多数あげるのは予想問題集のレビューとしては不適切なので、「難解問題の問10」だけ紹介しておきます。


「難解問題の問10」は、登録制度における家賃債務保証業者の賃料の扱いについての出題です。

家賃債務保証業者の賃料の扱いは、基幹事務にあたる場合とあたらない場合があります。

過去問では平成27年度問7肢3で「家賃保証会社が行う事務は基幹事務に当たることはない」という非常にざっくりした問われて以来、(おそらく)出題がありません。そのため、過去問中心の学習では見落とす可能性が非常に高いです。

家賃債務保証業者の賃料の扱いはきちんと学習すれば的確におさえられる事項です。

しかしながら、テキストによっては「家賃債務保証業者の行う事務も、場合によっては基幹事務(家賃、敷金等の受領に係る事務)に該当します」としか書かれていないものや、まったく触れられていないものさえあります。

家賃債務保証業者の賃料の扱いについて試験で出題されるかどうかはわかりませんが、少なくとも過去問中心もしくは説明が簡素なテキストで学習している受験生にとっては文字通り「難解」な問題と言えるでしょう。

このような「学習の穴」を埋めるため、また弱点を炙り出すためにも『2020年度版賃貸不動産経営管理士直前予想問題集』を活用することをおすすめします。

◆基礎問題、標準問題、難解問題それぞれには正答率目標を設定されています。

  • 基礎問題→正答率8割(40点以上)
  • 標準問題→正答率7割(35点以上)
  • 難解問題→正答率6割(30点以上)

ただし、とくに難解問題の正答率・点数はあくまで目安と思ったほうがよいでしょう。

本試験前のどの段階でどれくらい正解できるかは人それぞれです。

得点に一喜一憂するのではなく、本試験前に自分の弱点を見つけて試験本番の得点アップにつなげるために本書を利用しましょう。

◆本書の巻頭には昨年と同じく「過去3年間の出題分析と分野別攻略法」、そしてこれがけっこう役に立つと思われる「重要数字攻略ドリル」が収録されています。

「重要数字攻略ドリル」は例えば

  • 部屋の畳数表示 畳数で表示する場合、畳1枚当たりの広さは㎡以上の広さがあるという意味で用いる

というように覚えておくべき数字が穴あき()になっており、なおかつ14ページ(プラス解答4ページ)とコンパクトにまとめられています。

本試験当日の12:30までこのドリルで数字関連の暗記の確認をしておいても良いかもしれません。自分が受験したときにこんなの欲しかったとつくづく思います・・・

◆50問×3種類、計150問についての解答・解説は、すべての肢問について『賃貸不動産経営管理士基本テキスト(2020年度版)』の該当箇所が記載されています(該当箇所がない肢は「該当なし」と記載)

解答・解説を読み、さらにテキストの該当箇所でチェックすることによって学習効果が高まるよう編集されています。『賃貸不動産経営管理士基本テキスト(2020年度版)』と一緒に学習することをおすすめします。

◆受験生がもっとも知りたいと思われるのが「今年から増える10問」についてです。

賃貸不動産経営管理士試験の9分野ありますが、本書ではそれぞれについて過去問より1〜3問増える(または据え置き、場合によっては1問減る)と予想しています。

あくまで予想ですので予想通りになるかどうかはわかりませんが、「攻略法(pp.6-21)」にも目を通しておきましょう。

 

◆賃貸不動産経営管理士試験の過去問はまだ5回分しかありません。しかも、個数問題・組み合わせ問題は平成29年から導入されたばかりとあって、過去問で場数を踏むことはまだできない状況です。

その点を補う意味でも本書で150問をこなしておいてなんらデメリットはないと思います。

試験1ヶ月くらい前になったら本書を解いて弱点を炙り出してみましょう。試験前に見つかった弱点は伸びしろです。本番までにきっちり補強し、合格を勝ち取ってください。

なお、本書p.148には誤植があります。こちらでご確認ください(※昨年度版より誤植が大幅に少なくなりました。とはいえ、資格試験対策本で誤植はもってのほか。来年度版は誤植ゼロでお願いいたします。) 。

  • 本番さながらの状態で模試に臨める
  • 難易度別の模試スタイルで、弱点を見つけやすい
  • 『賃貸不動産経営管理士基本テキスト(2020年度版)』と連携している
  • 重要数字攻略ドリルが便利

2021年版おすすめテキスト・問題集についてはこちらの記事をご参照ください。

 

 

プライバシーポリシー/©2018-2021 賃貸不動産経営管理士試験合格応援ブログ https://www.chintaikanrishi.com