賃貸不動産経営管理士合格応援ブログ

賃貸不動産経営管理士試験・宅地建物取引士資格試験・FP技能検定合格を目指す全ての方を応援します

FP3級の合格率は60%超:短期間・独学で合格できる狙い目国家資格です

【スポンサーリンク】
 

 

【2018.10.22追記】本日は2018年9月実施分の合格発表日です。合格率はFP3級学科が61.64%、実技は個人資産相談業務 51.46%、保険顧客資産相談業務 34.32%でした。
【2018年10月4日更新】FP3級(ファイナンシャルプランナー3級、正式には3級ファイナンシャル・プランニング技能士)は合格率が極めて高い、狙い目の国家資格です。もちろん独学で合格できます。

このエントリーは、お金の知識の入門資格に最適なFP3級について、合格率からみた難易度と、独学合格の経験による勉強方法を紹介します。

なお、FP資格を仕事に生かすには最低でも2級は欲しいところです。でも2級を受験するには3級合格・AFP認定研修修了・実務経験のいずれかが必要です。これらのうち、もっとも手軽なのがFP3級合格です。

このエントリーがFP3級合格に役立てば幸いです。

FP3級受験用テキスト・問題集

FP3級は合格率の高い、お金の知識入門として狙い目の国家資格

「FP」という用語もずいぶん定着してきたと思います。

FPとはファイナンシャル・プランニングのことです。

ファイナンシャル・プランニングとは、「人生の夢や目標をかなえるために総合的な資金計画を立て、経済的な側面から実現に導く方法」のことです日本FP協会HPより)

「資金計画」「経済的側面」とあるように、ファイナンシャル・プランニングにはお金の知識が不可欠です。

ファイナンシャル・プランニングで必要なお金の知識は次の6分野です。

  1. ライフプランニングと資金計画
  2. リスク管理
  3. 金融資産運用
  4. タックスプランニング
  5. 不動産
  6. 相続・事業継承

こう聞くと小難しく思えるかもしれませんが、ひらたく言えばこうなるでしょうか。

  • 誰もが避けて通れない年金、健康保険、生命保険・損害保険に税金関係
  • お金を増やす上で気になる投資や不動産
  • やがて直面する相続、経営者にとっては悩ましい事業継承

とどのつまり、生活する上で欠かせないお金にまつわる知識に他なりません。

ファイナンシャル・プランニングの知識について一定レベルに達しているかどうかを問うのがFP試験です。

FP試験は易しい順に3級、2級、1級があります。

FP3級はFP入門レベルです。実際、FP3級は合格率60%超(もしくは80%超)と、極めて高い合格率を誇る、国家資格です。

そう、FP3級は低難易度のため独学でも非常に合格しやすい、とっても狙い目の国家資格なのです。

FP3級試験とは

FP3級試験は一般社団法人金融財政事情研究会(きんざい)と日本FP協会が実施しています。

試験には学科試験と実技試験があります。ひとつだけ注意が必要なのは、試験問題です。

  • 学科試験の問題はきんざい・日本FP協会どちらも共通である
  • 実技試験の問題はきんざいが個人資産相談業務と保険顧客資産相談業務の2つがある
  • 日本FP協会の実技試験は資産設計提案業務の1つだけである


どちらの団体で受験しても、学科・実技ともに合格すれば3級FP技能士を名乗れます。

FP3級受験手数料はきんざい・日本FP協会ともに6000円(学科3,000円、実技3,000円、どちらも非課税)+事務手数料(日本FP協会は学科実技で79円、学科のみ・実技のみは各39円:きんざいは学科実技で80円、学科のみ・実技のみは各40円)です。

FP3級の合格点・合格ライン

きんざい・日本FP協会ともにFP3級学科試験は6割とれれば合格します。

  • 学科試験は60問出題され、6割の36点が合格ライン
  • 実技試験は、きんざいだと50点中6割の30点、日本FP協会は100点中6割の60点が合格ライン


ではFP3級の合格率をみてみましょう。 

FP3級試験の合格率

この記事では日本FP協会より受験者数が多いきんざいのFP3級試験(2013年5月〜2018年1月)計15回分86万2744人分のデータを分析しました。日本FP協会主催分については2018年5月試験データのみ紹介します。

FP3級学科試験の合格率

FP3級学科試験の過去15回合格率平均は62.17%、受験者全体の合格率は62.15%(合格者26万8661人/受験者43万2284人)。合格率は約62%と言えます。

各回の合格率には48.19%(2017年1月)〜77.33%(2014年9月)の幅があります。

直近2018年5月試験の学科合格率は次の通りです。

  • きんざい:57.84%
  • 日本FP協会:78.92%


ちなみにきんざいでのFP3級学科試験合格率が50%を切ったのは2017年1月試験のみ。あとはすべて54%以上の合格率となってます。 

FP3級学科試験合格率
受験月 合格率 合格者数
2018年1月 65.3% 20,055
2017年9月 69.9% 22,830
2017年5月 55.1% 16,390
2017年1月 48.1% 16,800
2016年9月 55.0% 18,148
2016年5月 54.9% 14,411
2016年1月 55.8% 17,013
2015年9月 66.4% 18,898
2015年5月 55.8% 11,767
2015年1月 69.2% 18,642
2014年9月 77.3% 22,252
2014年5月 57.5% 12,940
2014年1月 63.3% 19,151
2013年9月 70.2% 21,675
2013年5月 68.1% 17,659

 

日本FP協会のほうが合格率は高いです(データは割愛)。きんざい・日本FP協会ともに学科試験の問題は一緒なので、学科試験における両者の合格率の差は受験者の属性の違いによるのでしょうね。

では次に実技試験の合格率を見てみます。

FP3級実技:個人資産相談業務の合格率

FP3級実技:個人資産相談業務試験の過去15回合格率平均は67.23%、受験者全体の合格率は67.62%(合格者16万2536人/受験者24万362人).合格率は約67%と言えます。

各回の合格率には56.36%(2014年5月)〜83.18%(2016年9月)の幅があります。 

FP3級実技試験・
個人資産相談業務合格率
受験月 合格率 合格者数
2018年1月 67.1% 11,092
2017年9月 75.8% 12,239
2017年5月 59.6%   7,553
2017年1月 74.8% 13,020
2016年9月 83.1% 14,663
2016年5月 61.9%   8,022
2016年1月 57.3% 10,013
2015年9月 76.9% 12,138
2015年5月 65.4%   7,783
2015年1月 69.7% 12,069
2014年9月 68.5% 11,260
2014年5月 56.3%   6,822
2014年1月 69.7% 13,708
2013年9月 58.5% 11,325
2013年5月 63.2% 10,829

 

直近2018年1月試験の個人資産相談業務の合格率は65.34%でした。

日本FP協会の実技・資産設計提案業務の2018年5月試験の合格率は90.47%、1月試験では89.07%でした。

FP3級は実技試験のほうが学科試験より若干合格率が高いです。むしろ実技のほうが点を取りやすい受験生のほうが多いと思われます。 

 

FP3級実技:保険顧客資産相談業務の合格率

FP3級実技:保険顧客資産相談業務試験の過去15回合格率平均は55.87%、受験者全体の合格率は56.17%(合格者10万6795人/受験者19万98人)。合格率は約56%と言えます。

各回の合格率には40.6%(2017年5月)〜71.21%(2013年5月)の幅があります。 

FP3級実技試験・保険顧客資産相談業務合格率
受験月 合格率 合格者数
2018年1月 42.9% 5,615
2017年9月 67.0% 9,608
2017年5月 40.6% 4,941
2017年1月 48.9% 6,376
2016年9月 66.9% 9,876
2016年5月 42.5% 5,219
2016年1月 58.5% 7,653
2015年9月 50.2% 5,974
2015年5月 61.8% 6,442
2015年1月 58.9% 7,110
2014年9月 64.5% 8,431
2014年5月 47.7% 5,145
2014年1月 62.8% 8,971
2013年9月 53.0% 6,826
2013年5月 71.2% 8,608

 

しかしながら、2018年5月試験の合格率は35.69%。3級にしてはかなり低かったです。

データを見る限り、保険顧客資産相談業務の合格率は総じて個人資産相談業務より低いです。筆者はFP2級を生保顧客資産相談業務で合格したのでFP3級保険顧客資産相談業務の問題が難しいとはぜんぜん感じないのですが・・・

もしかしたら借方・貸方という簿記の基礎知識(ほんとに初歩の初歩です)が必要な問が出題されるため、苦手な方は点をとれないのかもしれません。

会社の都合等でどうしても保険顧客資産相談業務で合格しなければならない等、何か特段の理由がないのであれば、個人資産相談業務もしくは日本FP協会の実技・資産設計提案業務を受験することをおすすめします。

FP3級試験の合格率とは

ここまで見てきたように、FP3級試験は非常に高い合格率を誇ります。

端的に言って、FP3級は受験生の半数以上が合格する試験と言えます。

短期間、それこそ1ヶ月あれば十分合格できる国家資格です。ぜひチャレンジしてみてください。 

勉強法はこちらの記事をご参照ください。

FP3級用電卓・テキスト・問題集

FP試験の必須アイテムは電卓です。

筆者は千万単位機能、12桁表示できて表示窓が大きい、√(平方根)計算機能、ソーラーが影になっても表示に影響しない、試験規則に抵触しないという条件でキャノンのHS-1220TUGを選びました。

とくに千万単位機能は相続分野の問題でよく使う億単位・千万単位・百万単位の入力が3回だけで済むのでとても重宝しています。この電卓(HS-1220TUG)のレビューはこちらに書きました。

 

実技試験の問題集は自分が受ける試験に対応したものを購入しましょう。

 

 

 

 

きんざいのテキストは図やイラストはほとんどありません。良く言えば無駄を省いた構成になっていますが、悪く言えば視覚的に印象に残りにくいかもしれません。『みんなが欲しかった!シリーズ』はきんざいのテキストよりカラフルです。

プライバシーポリシー/©2018 賃貸不動産経営管理士試験合格応援ブログ https://www.chintaikanrishi.com