賃貸不動産経営管理士合格応援ブログ

賃貸不動産経営管理士試験、宅地建物取引士資格試験、FP3級・2級合格を目指す受験生を応援します。ダブルライセンス・トリプルライセンスを取りましょう!

2017年度火災保険加入者のうち、これまでで最高の63%が地震保険に加入(損害保険料率算出機構ニュースリリースより)

損害保険料率算出機構の平成30年8月22日付ニュースリリースによると、2017年度火災保険加入者のうち63%が地震保険に加入、これは過去最高とのことです。

f:id:browncapuchin:20180409214616p:plain

火災保険加入者のうち、これまでで最高の63%が地震保険に加入

損害保険料率算出機構(https://www.giroj.or.jp)のニュースリリースによると、2017年度火災保険加入者のうち63%が地震保険に加入、これは過去最高とのことです。 

データは「グラフで見る!地震保険統計速報」に公表されています。

地震保険付帯率は2008年に45.0%でした。それが、東北地方太平洋沖地震(東日本大震災)が起きた2011年度に跳ね上がってその後漸増。

そして2017年度の地震保険付帯率は過去最高の63.0%に。

f:id:browncapuchin:20180822170411p:plain

(出典:https://www.giroj.or.jp/databank/earthquake.html


付帯率のベスト5は以下の県です。

  • 宮城県(86.3%)
  • 高知県(85.2%)
  • 宮崎県(80.3%)
  • 鹿児島県(78.0%)
  • 熊本県(77.5%)

なお、賃貸不動産経営管理士試験に向けての情報として、地震保険は住宅の火災保険に付帯して加入する保険であることと(平成29年度問34肢3)、主契約の火災保険と同額の保険金額ではないこと(平成28年度問40肢1)が過去に出題されています。

こういった最新統計は試験にはまず間違いなく出題されませんが、地震保険についてはチェックを怠らない方が無難でしょうね。

賃貸不動産経営管理士試験のおすすめテキスト

おすすめテキスト・問題集についてはこちらの記事をご参照ください。

<試験勉強に集中したいならコレが一推し。最高水準のノイズキャンセリング性能を誇ります。>

プライバシーポリシー/©2018-2019 賃貸不動産経営管理士試験合格応援ブログ https://www.chintaikanrishi.com