賃貸不動産経営管理士合格応援ブログ

賃貸不動産経営管理士試験・宅地建物取引士資格試験・FP技能検定合格を目指す全ての方を応援します

賃貸不動産経営管理士試験の難易度は宅建より低い【試験問題の比較・分析から】

【スポンサーリンク】

賃貸不動産経営管理士試験の合格率は約50%(平成29年度)です。一方、宅地建物取引士資格試験(宅建)の合格率は15〜17%。この違いから難易度は賃貸不動産経営管理士試験のほうが低いとされています。しかしながら、宅建の合格率は政策的にほぼ固定されています。両者の合格率を比べて難易度を語っても意味はありません。

この記事では、合格率の単純な比較ではなく、賃貸不動産経営管理士試験と宅建の試験問題を比較・検討しました。賃貸不動産経営管理士試験と宅建ともに受験した身からは難易度が低いのは賃貸不動産経営管理士試験なのですが、今回の分析におよってその印象を数値で裏付けることができました。

賃貸不動産経営管理士試験の難易度とは?

「賃貸不動産経営管理士 難易度」の検索ワードでGoogle検索すると、平成30年度の数ヶ月間、拙ブログのこのエントリー(賃貸不動産経営管理士試験の合格率は?講習修了者と非受講者の違いは? - 賃貸不動産経営管理士合格応援ブログ)が検索1位でした。

この検索結果に、筆者は違和感をもっていました。なぜなら、このエントリーでは難易度について一言しか触れていないからです。

その一言というのは、「これまでの賃貸不動産経営管理士試験の難易度はかなり低い」だけでした。

なぜ賃貸不動産経営管理士試験の難易度が低いのでしょう?

そう判断した理由は、①賃貸不動産経営管理士試験問題の98.1%が公式テキストから出題されていること、②しかも公式テキストの文言そのままもしくは少し変えただけのものが非常に多いこと、でした。


一方、2018年11月23日時点における「賃貸不動産経営管理士 難易度」でのGoogle検索結果では、賃貸不動産経営管理士試験と他の不動産系資格試験の合格率を比較したものが上位になっています。しかしながら、合格率の比較は無意味です。

試験範囲が異なる資格試験の合格率を比べることで難易度を語っても意味はない

ご存じのとおり、不動産系資格で最大の受験者数を誇る宅地建物取引士資格試験(宅建)の合格率は毎年15〜17%の間におさまっています。

「毎年一定範囲になっている」ということは、宅建の合格率が政策的判断で固定されていることをうかがわせます。

それにひきかえ、賃貸不動産経営管理士試験は平成29年度で約50%です。

たしかに合格率の上では賃貸不動産経営管理士試験のほうが低難度に見えます(両方受験した実感からも賃貸不動産経営管理士試験のほうが低難度なのは間違いありませんが、ここで話を終わらせるわけにはいかないのでもう少しおつきあい下さい)

賃貸不動産経営管理士試験はようやく合格者が5万人を超えたところです。法制化に向けて合格者数実績はまだまだ欲しいはずなので、合格率を宅建並に下げるのは先のことと予測できます。

このように、宅建及び賃貸不動産経営管理士試験の合格率には実施側の思惑が反映されていると思われます。

したがって、賃貸不動産経営管理士試験と宅建の合格率を比較したところで、それが試験の難易度を反映してはいないため、難易度を語る上での意味は無いのです


じゃあ、賃貸不動産経営管理士試験の難易度を測るにはどうしたらよいのでしょう?

試験問題の分量・構造を比較する

試験範囲・試験問題が似通っている二つの資格試験があったとします。

どちらも制限時間が同じ場合、一つの試験の問題数が40問、一方が50問だとすれば、問題数が多いほうが難易度は高いと考えられます。

制限時間・問題数が同じ場合問題の字数が多い方が難易度は高いと考えられます。

なぜなら、問題数・問題の字数の多い試験のほうが受験生によりコストがかかる、すなわちより高度な問題処理能力が要求されるからです。

もちろん、。より高度な知識を問われる試験のほうが難易度は高いことは言うまでもありませんよね。

例えばファイナンシャル・プランニング技能検定(FP)のように2級と3級で試験範囲・試験時間・問題数が同じ場合、合格率の差は試験の難易度の差をそのまま反映しています。(注:FP2級学科試験の合格率は約20%、FP3級は約60%であり、これは出題形式の違いも大きく影響していますがここでは割愛します)

賃貸不動産経営管理士試験と宅建の問題を比較することで難易度の違いを推し量る

以上の点から、現時点で賃貸不動産経営管理士試験の難易度を推し量るには、民法(の一部ですが)宅建業法・法令制限等の試験範囲が重なっている賃貸不動産経営管理士試験と宅建の試験問題を比較すること以外の方法は考えにくいです。

このエントリーでは賃貸不動産経営管理士試験と宅建の試験問題について、試験問題の字数の分量および問題の構造を比べてみました。このような分析はおそらく初めてではないかと思います。

賃貸不動産経営管理士試験と宅建の問題の違い

◆分析に用いたのは、ネットで公表されている賃貸不動産経営管理士試験および宅建の過去問、どちらも平成29年度のものです。

平成29年度試験を用いたのは以下の理由によります。

  1. 平成28年度以前の賃貸不動産経営管理士試験問題では、設問を読むだけで正誤判定できる問題が含まれていたが、平成29年度問題ではそれがなくなったこと
  2. 平成28年度以前の賃貸不動産経営管理士試験問題には個数問題・組み合わせ問題が出題されていなかったが、平成29年度問題で初出題され、宅建の出題形式と共通したこと

◆用いた試験問題の出典です。

どちらも【問1】以降をすべてコピーし、MS Wordにペーストしました。

では比較結果をみていきましょう。

賃貸不動産経営管理士試験問題の文字数は宅建の8割

はじめに試験問題の分量を数値化しました。文字数の測定です。

文字数の測定はWordの文字数カウント数値をそのまま用いました(双方の試験問題どちらにも「【問○○】」「頁番号」が含まれています)

◆総文字数

総文字数は以下の通りです。

  • 平成29年度賃貸不動産経営管理士試験問題:1万2,479字
  • 平成29年度宅建問題:2万531字

問題の難易度や試験時間が同じと仮定した場合、文字数が多い試験のほうが処理能力をより要求されます。 

ただし、賃貸不動産経営管理士試験と宅建では制限時間が違います(賃貸不動産経営管理士試験は90分、宅建は120分)。

そこで、1分当たりの文字数をみてみましょう。

◆分当たり文字数

  • 平成29年度賃貸不動産経営管理士試験問題:138.65字
  • 平成29年度宅建問題:171.09字

賃貸不動産経営管理士試験の1分当たりの文字数は宅建の81.0%でした。

単純な文字処理能力だけに話を限れば、賃貸不動産経営管理士試験は宅建の約8割の労力で済む、ということになります。

賃貸不動産経営管理士試験の1問当たり文字数は宅建の7割5分

次に、1問あたりの文字数について比べます。

賃貸不動産経営管理士試験は40問、宅建は50問出題されます。

1問あたりの文字数は以下の通りです。

  •  平成29年度賃貸不動産経営管理士試験問題:311.97字
  • 平成29年度宅建問題:410.62字

賃貸不動産経営管理士試験の1問当たりの文字数は宅建の75.9%でした。

こちらも単純な文字処理能力だけに話を限れば、賃貸不動産経営管理士試験を1問解くのにかかる労力は、宅建の約7割5分で済む、ということになります。

 

ちなみに、賃貸不動産経営管理士試験は90分で40問出題なので、1問あたり2.25分で解く必要があります。

一方、宅建は120分で50問出題、1問あたり2.4分で解かねばなりません。

宅建1問あたりに使える時間の違いは、宅建のほうが賃貸不動産経営管理士試験の1.06倍と、実は宅建のほうがわずかに余裕がある計算になります。

しかしながら、実際に試験を受けた感触としては宅建のほうがぜんぜん時間が足りませんでした。賃貸不動産経営管理士試験は時間の余裕がありました。

なぜ賃貸不動産経営管理士試験のほうが時間に余裕があるのでしょう?

その理由の一つは1分当たりの文字数および1問あたりの文字数の両方とも賃貸不動産経営管理士試験の問題のほうが宅建より8割ないし7割5分少なくなっていることなのです。

賃貸不動産経営管理士試験問題のほうが解答しやすい問題が多い

宅建のほうが試験時間が足りないと感じる理由はもう一つあります。それは試験問題の構造です。

賃貸不動産経営管理士試験と宅建はどちらも基本的に4肢択一の出題形式です。

しかも平成29年度賃貸不動産経営管理士試験から個数問題・組み合わせ問題が導入されているので、出題形式自体はどちらにも違いはありません。

しかしながら、問題文の構成を分析するとその差が浮き彫りになりました。

先ず目に付いたのが、賃貸不動産経営管理士試験は「最も不適切なものはどれか」を問う問題の出題頻度が高いことです。

平成29年度試験における、「最も適切なものはどれか(適切肢選択)」「最も不適切なものはどれか(不適切肢選択)」「個数問題」「組合わせ問題」の出題数は次の通りでした。

平成29年度賃貸不動産経営管理士試験・宅建の出題数比較

  賃貸不動産
経営管理士試験
宅建
適切肢選択
15
27
不適切肢選択
15
16
個数問題
3
6
組合わせ問題
7
1
合計
40
50


筆者の経験上、誤りの文章を選択する問題のほうが解答しやすいと思います(そう述べている資格スクールは例えばこちら

平成29年度宅建では「最も適切なものはどれか(適切肢選択)」と「最も不適切なものはどれか(不適切肢選択)」の出題割合が、個数問題・組み合わせ問題以外の43問中16問と37%にとどまっていました。

一方、賃貸不動産経営管理士試験ではどちらも15問と同じ出題割合でした。

つまり、賃貸不動産経営管理士試験のほうがより解答しやすかったと言えます。

 

また、個数問題と組み合わせ問題では組み合わせ問題のほうが解答しやすいです。

これも、賃貸不動産経営管理士試験で組み合わせ問題が7問に対し、宅建は1問でした。

これらの出題形式は年によってばらつきがあるので傾向は年々変わりますが、宅建で例年必ず出題され、とても苦しめられたのが
AはBで「あるが」、CはDである

のような、出題文の前半と後半で異なる知識の正誤を問う問題です。

この形式の出題は賃貸不動産経営管理士試験では少ない印象があります。

そこで、賃貸不動産経営管理士試験と宅建両方の全選択肢を読み直し、この類の選択肢を洗い出しました。

すると、賃貸不動産経営管理士試験では40問中4問6肢の出題だったのに対し、宅建では50問中9問12肢もありました。賃貸不動産経営管理士試験ではこの手の出題が宅建の約半分にとどまっていたのです。

つまり、宅建にくらべて賃貸不動産経営管理士試験のほうがより解答しやすい出題形式になっているのです。

以上から、結論は賃貸不動産経営管理士試験では宅建より難易度が低い問題が出題されている、ということに他ならないとなりました。筆者の印象が裏付けられました。

結論

試験問題の文字分量・出題形式について分析・検討した結果、賃貸不動産経営管理士試験は宅建より難易度が低い。

 

合格率だけの比較から語られる難易度の違いを鵜呑みにしないよう、くれぐれもご注意ください。

なお、賃貸不動産経営管理士は今のうちに合格しておいたほうが絶対良いです。

早めに合格を勝ち取りましょう!。

【スポンサーリンク】

 

賃貸不動産経営管理士試験のおすすめテキスト

おすすめテキスト・問題集です。

おすすめの理由はこちらの記事をご参照ください。

 

『賃貸不動産経営管理士試験対策問題集』5月14日発売。

 

『賃貸不動産経営管理士試験対策テキスト』6月4日発売です。出題ランクSおよびAの項目は絶対押さえておきましょう。

 

★『賃貸不動産経営管理士 試験対策直前予想問題集』8月29日発売。
レビューはこちらです。

 

『賃貸不動産経営管理士 過去&予想問題集』4月19日発売。過去問の解説は『試験対策問題集』より丁寧ですが、『試験対策問題集』と『試験対策直前予想問題集』を購入するなら不要かもしれません。
レビューはこちらです。

 

『賃貸不動産管理の知識と実務 改訂3版:賃貸不動産経営管理士公式テキスト』

公式テキストは平成29年に出版された改訂3版が今年度・平成30年度試験にも使われます。購入の際は必ず正誤表を参照しましょう。

https://www.taisei-shuppan.co.jp/content/files/support/3285tsuiho3.pdf 

 

第2版が発売されました。
『通勤時間でうかる! 賃貸不動産経営管理士試験一問一答〈第2版〉』

→レビューを書きました。一問一答全605問のボリュームです。

プライバシーポリシー/©2018 賃貸不動産経営管理士試験合格応援ブログ https://www.chintaikanrishi.com