賃貸不動産経営管理士合格応援ブログ

賃貸不動産経営管理士試験合格を目指す全ての方を応援します

賃貸不動産経営管理士試験過去問解説 平成29年度 問10(借主の募集)

【スポンサーリンク】

賃貸不動産経営管理士試験過去問:平成29年度問10について、該当する公式テキストのページを記載するとともに要点を簡潔に解説します。

賃貸不動産経営管理士試験の過去問には『賃貸不動産管理の知識と実務 改訂3版:賃貸不動産経営管理士公式テキスト』そのままの文章が頻出しています。このため、賃貸不動産経営管理士試験の対策は公式テキストを中心に勉強する、というのが一つの方法です。

とはいえ、1,000ページもの分厚いテキストのどこに出題文がのっているのかを探すのも一手間かかってしまいます。このエントリーを賃貸不動産経営管理士試験合格に向けて参考にしてください。

f:id:browncapuchin:20180409214616p:plain

賃貸不動産経営管理士試験過去問解答解説 平成29年度問10

平成29年度

【問10】 借主の募集に関する次の記述のうち、正しいものの組合せはどれか。

ア 貸主が自ら行う場合には、借主が入居するまでの募集業務にも、借主入居 後の業務にも宅地建物取引業法は適用されない。

イ 管理業者が貸主から借主の募集業務を受託する場合には、宅地建物取引業 法が適用される。

ウ 借主の募集業務を受託した管理業者が募集広告を作成する場合には、宅地 建物取引業法で定める誇大広告等の禁止の規定に違反してはならない。

1 ア、イ
2 ア、ウ
3 イ、ウ
4 ア、イ、ウ

賃貸不動産経営管理士公式テキスト掲載ページ

平成29年問10に該当する部分は公式テキスト第4編借主の募集に書かれています。

 

◆選択肢アについて公式テキストp.332には、「法的規制の観点からみると、貸主が自ら行うならば、借主が入居するまでの募集業務にも、借主入居後の業務にも、宅地建物取引業法は適用されないとあります。

「自ら貸主」に宅建業法が適用されないのは基本中の基本です。

◆選択肢イについて公式テキストp.322(選択肢アに続く文)には、「管理業者が貸主から借主の募集業務を受託する場合は、宅地建物取引業法の規制対象となるとあります。

◆選択肢ウについて公式テキストp.340-341には、「管理会社が宅地建物取引業者の場合で募集広告を作成する場合、その広告が宅地建物取引業法で定める誇大広告等の禁止の規程(宅地建物取引業法第32条)に違反しないようにする必要がある」とあります。

以上、選択肢ア、イ、ウすべて正しいです。

正解番号は4です。正答率は80%。重要度★★★。
正答率はKenビジネススクール2017賃貸不動産経営管理士解答速報、重要度は『賃貸不動産経営管理士過去&予想問題集』より

個数問題・組み合わせ問題で特にやっかいになるのは、すべて正しい場合とすべて正しくない場合です。攻略するには日頃から一問一答を心がけることに尽きます。

平成29年度の過去問解説

問1 問2 問3 問4 問5
問6 問7 問8 問9 問10
問11 問12 問13 問14

 

おすすめテキスト

おすすめテキスト・問題集です。

おすすめの理由はこちらの記事をご参照ください。

 

『賃貸不動産経営管理士試験対策問題集』5月14日発売。

賃貸不動産経営管理士 試験対策問題集

賃貸不動産経営管理士 試験対策問題集

  • 作者: 賃貸不動産経営管理士資格研究会
  • 出版社/メーカー: 建築資料研究社
  • 発売日: 2018/05/14
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る
 

 

『賃貸不動産経営管理士試験対策テキスト』6月4日発売です。予約可。

賃貸不動産経営管理士 試験対策テキスト

賃貸不動産経営管理士 試験対策テキスト

  • 作者: 賃貸不動産経営管理士資格研究会
  • 出版社/メーカー: 建築資料研究社
  • 発売日: 2018/06/04
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る
 

 

これもおすすめ。過去問の解説が『試験対策問題集』より丁寧。
ぜひこのレビューを参考になさってください。

 

『賃貸不動産管理の知識と実務 改訂3版:賃貸不動産経営管理士公式テキスト』

公式テキストは平成29年に出版された改訂3版が今年度・平成30年度試験にも使われます。購入の際は必ず正誤表を参照しましょう。

https://www.taisei-shuppan.co.jp/content/files/support/3285tsuiho3.pdf 

 

プライバシーポリシー/©2018 賃貸不動産経営管理士試験合格応援ブログ http://www.chintaikanrishi.com